BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ワールドサイクルにR250&ゆるふわーくすの新製品が入荷

ワールドサイクルに新製品が入荷。R250の新商品が3点と、ゆるふわーくすの新商品が1点がラインナップに加わった。以下、プレスリリースより。

R250 クイックショットケース ブラック クイックショット付き

価格:1,540円 (税込)
https://www.worldcycle.co.jp/shopdetail/000000052637/

瞬間パンク修理剤がぴったり入るフレームバッグ、初回限定クイックショット付きスペシャルパッケージ。キャンペーン終了後は、クイックショット別売りで1100円(税込)となります。瞬間パンク修理剤として人気の、マルニ「クイックショット」、IRC「ファストリスポーン」がぴったり入る。入れたらフレームやシートポストなど、お好きなところに付属のベルクロで固定。

R250 すそバンド オーロラ 牡丹

価格:1,100円(税込)
https://worldcycle.info/accessory/r25-o-susoband-ab

私に光を当てると、凄いんです。オーロラカラー+牡丹柄。長ズボンの裾がチェーンに巻き込まれたり汚れたりするのを防ぐ、ズボンベルト車などのライトが当たるとあら不思議、オーロラ色に光ります。普段はおとなしいダークグレー。ワイドな幅と、適度な伸縮性で、裾をがっちり守ります。
素材:ネオプレーン 伸縮性があるので、ぎゅっと巻けてずれにくい。

R250 ツールケース スリムスーパーロングタイプ カーボン柄

価格:2,530円(税込)
https://worldcycle.info/accessory/r25-o-toolcaseg5l

仕切り板付きスーパーロングサイズのツールケース。新色レッドファスナーが登場。
当社比+30㎜、ビットリア比だとなんとプラス80mm(約1.5倍)の大容量。ボトルケージに取り付けたツールケースとフレームの隙間があるなら、もっと大きなツールケースが取り付け可能。これまでにない外寸260mmのロングサイズ。上端の直径を5mm細くしました。
従来モデルでは入らなかった長さ250mmまでの携帯ポンプが収納可能。新開発の仕切り板を3個標準装備。中でぐちゃぐちゃにならず、整理整頓。予備チューブ・携帯工具・炭酸ボンベ・携帯ポンプ・ワイヤー錠等をごちゃごちゃにならずに収納できる、メッシュポケットとジッパー付きメッシュカバー付き。ツールカンの様に取り出したい工具等が奥にあっても、全ての物を取りだして出す必要が無く必要な物だけをサッと取り出せます。サングラス、補給食、輪行袋などの小物の収納にも便利です。

 

ゆるふわーくす キャットアイボルト1600、1700用防眩シェード

価格:900円 (税込)
https://www.worldcycle.co.jp/shopdetail/000000054623/

キャットアイのVOLT1600、1700に取り付ける防眩シェードです。ライトの一番明るい部分は生かしつつ、対向車への迷惑となる上方向の光をカットしています。防眩シェードは上下反転しても固定出来ますのでVOLTのハンドル下への固定など、上下反転使用にも対応しています。VOLT1600、1700用はライトの放熱のためシェードの取り付け幅をギリギリまで狭くしています。 タイラップのみでは脱落の可能性がありますので、必ず両面テープを併用して固定して下さい。

 

問:ワールドサイクル
https://www.worldcycle.co.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load