BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

305㎞の自転車レース「ミラノ~サンレモ」でファンアールトがアラフィリップに勝利

8月8日(土)に開催されたイタリアのロードレース「ミラノ~サンレモ」で、優勝候補ワウト・ファンアールト(ベルギー/ユンボ・ヴィズマ)が、昨年の覇者ジュリアン・アラフィリップ(フランス/ドゥクーニンク・クイックステップ)とともに抜け出し、僅差での勝利をものにした。歴代にみる好レース、世界中のロードレースファンを興奮させる展開となった。

本来の291㎞から299㎞へ、
さらに延長され結局305㎞の最長レースに

コロナ禍で本来、春先に開催されるミラノ~サンレモが夏に開催されるのも異常事態だが、ただでさえ291㎞という長距離レースが、バカンスシーズンの海岸沿いのルートを避け内陸を走るために299㎞に変更。さらに、直前に雷雨を回避するため迂回したことから305㎞という前代未聞の長さとなった。
序盤マヌエーレ・ボアーロ (イタリア/アスタナプロチーム)、ファビオ・マズッコ (イタリア/バルディアーニCSFファイザネ)、アレッサンドロ・トネッリ(イタリア/バルディアーニCSFファイザネ)、 エクトル・カレテロ (スペイン/モビスターチーム)など6人が逃げ、7分以上の差をつけた。
そして、この逃げは200km 以上続いたが、ナバ峠で吸収される。

勝負は地中海に出てから、まずチプレッサで

ロイック・ヴリーヘン(ベルギー/サーカス・ワンティゴベール)とジャコポ・モスカ(イタリア/トレック・セガフレード)がチプレッサ(長さ約5.6km、勾配4.1%)で仕掛け、これが吸収されると、ペテル・サガンのチームメイト、ダニエル・オス(イタリア/ボーラ・ハンスグローエ)が仕掛けるなど激しい攻防が繰り広げられる。

ファンアールトとアラフィリップの一騎打ち

最後の上りポッジオ(長さ約3.7㎞、勾配3.7%)でしかけたのはファンアールトだった。これにくらいつけたのはアラフィリップのみ。結果的に二人のライバルは協調するかのようにアタックを続け、サガンなどがいるメイン集団が見えるところまで迫るところで、ゴールスプリントとなった。そして、ファンアールトが昨年の覇者アラフィリップを下して見事に勝利。
つづく、3位集団の頭は落車して手にケガをしながらマイケル・マシューズ(オーストラリア/チームサンウェブ)4位にペテル・サガンとなった。

ファンアールトコメント

「ポッジョでのアタックは私の足に相当の負荷でした。さらに先日のストラーデビアンキも私に大きなダメージを与えていました。ただ、幸い、誰も私に追いつけませんでした。私がトップに立ったとき、どういうわけか私はジュリアンも彼が限界のはずだと信じよう思いました。その後、すべてが私のいいように動きました。平坦ではフィリップにも挽回のチャンスはありましたが、下り坂で私は勝つための良いチャンスとなりました。今日は最初のモニュメントで勝った特別な日です。私のキャリアの終わりるまでに非常に多様な成果が得られることを嬉しく思います。ベルギー人として、ロンド・ファン・フラーンデレンとパリ~ルーベは私のレースリストの最上位にあります。私は上りもTTも得意です。グランドツールの勝利以外はすべて私の得意とするところです」

アラフィリップのコメント

「今日についてはさまざまな感情がありますが、全体として表彰台に上がることができてうれしいです。ワウトはとても強く、彼は勝利に値しました。ポッジョでフルガスでいきましたが、下り坂では自分で差をつけることはできなかったので、ウウトと協調して走った。最後は非常にハードなスプリントで、お互いに戦いました。最強のライダーが勝ったといえるでしょう」

大会ダイジェスト動画はこちら

リザルト

距離305㎞ 平均速度41,958 km/h

1 ワウト・ファンアールト(ベルギー/ユンボ・ヴィズマ)7:16:09
2 ジュリアン・アラフィリップ(フランス/ドゥクーニンク・クイックステップ)st
3 マイケル・マシューズ(オーストラリア/チームサンウェブ)+02
4 ペテル・サガン(スロバキア/ボーラ・ハンスグローエ)+02
5 ジャコモ・ニッツォーロ(イタリア/NTTプロサイクリング)+02
6 ディオン・スミス(ニュージーランド/ミッチェルトン・スコット)+02

大会公式WEBサイト
milanosanremo.it

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load