BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

最先端の技術で最速を目指す最上級のバイク「アルティメットCFR」を発表|CANYON

「CANYON(キャニオン)」から、新製品が登場。最先端・最上級・最速=ネクストレベルの製品群に冠する新たなクラス名称『CFR』が発表され、ラインナップに「アルティメット CFR」が加わった。アルティメットCFRは、2種類の完成車仕様と、1種類のフレームセットが用意され、8月11日よりキャニオン公式ストアで発売される。以下、プレスリリースより。

ネクストレベルの製品群に冠する新たなクラス名称『CFR』

卓越した「ネクストレベル」を目指す研究開発においては、これまでの常識やルールを疑い、それらを完全に再定義する必要のある時がやって来ます。かつて無いほど高速なレーシングバイクを創り出すための研究開発を掘り下げていくと、そもそも自転車というものがいかに構築されているかを改めて考え直す、基礎的で概念的な研究が出発点となりました。CFR=キャニオン・ファクトリー・レーシングは、この一連の追求の成果と言える製品群です。

Ultimate CFR でトレーニングする、キャニオン//スラム レーシングのカシア・ニエウィアドマ

CFRバイクの開発、それはキャニオンの研究開発チームとキャニオンアスリートの間のジャンルを超えたコラボレーションであり、それによりバイクはこれまでより軽く、改良された性能を実現しています。CFRは、何年にもわたるキャニオンの研究開発チームとキャニオンアスリートとの密接なコラボレーションの成果です。その研究対象はバイクに使用される製品の分子構造からアスリートの肉体に至るまで幅広く、キャニオンアスリートと研究開発チームが協働して、ネクストレベルのレーシングバイクを追求してきました。アスリートによるテストとプロトタイプマシンの間のフィードバックループは、数年に及ぶ時間を必要としました。それではなぜキャニオンは、このように膨大なコストを必要とするCFRプロジェクトを始めたのでしょうか?なぜなら、このスポーツに情熱を燃やすエンジニアとして、アスリートとして、常に最高であることを追求したいからです。CFRは、ネクストレベルにステップアップし続ける、キャニオンの姿勢そのものです。この3文字は、キャニオンがあらゆる情熱を注いで追求した最高の製品であることの証なのです。

Ultimate CFR に乗って山岳での活躍が期待されるモビスターチームの次世代エース、エンリク・マス

アルティメットCFRは、業界のベンチマークとなる最軽量を実現したディスクブレーキロードバイク、アルティメットCF Evo Discの成功を引き継いでいます。このモデルは、それぞれのカテゴリーでネクストレベルのパフォーマンスを定義するCFRクラスの第一弾です。オールラウンドに活躍し、グランドツールやビッグレースを勝ち抜いてきた実績を持つクライマー向けバイクであるアルティメットCFRは、他に類を見ない軽量化と快適性を実現し、絶対的な効率性を実現しています。これらのバイクには軽さが不可欠ですが、耐久性も重要です。この驚異的な重量は、業界ではほとんど見られない高品質の超高弾性ピッチ系カーボンファイバーを使用することで実現しています。強度と耐久性に優れ、かつ軽量な構造を作るために、超高弾性繊維は他の様々な弾性繊維や高張力繊維とブレンドされており、それにより完全なオールラウンドパッケージとなっています。このレイアップは高い精度で金型に積層され、繊維の重なりを最小限に抑えて材料を節減し、貴重な数グラムの重量削減をもたらします。

これらの要素によってによって最高峰のクライミングパフォーマンスを実現するだけでなく、スムースな乗り心地、狙い通りのピンポイントなハンドリング、エアロプロファイルを備え、世代を超えて最も成功を収めるキャニオンのレースバイク「アルティメット」の最新型となっているのです。アルティメットCFRは、キャニオン//スラム・レーシングのカシア・ニエウィアドマやモビスターチームのエンリク・マスなど、世界のトップクライマーたちにより、今シーズン世界最高クラスのレースで使用されます。その活躍にどうぞご期待ください。

アルティメットCFRは、2種類の完成車仕様と、1種類のフレームセットが用意され、8月11日よりキャニオン公式ストアで発売されます。

「Ultimate CFR Disc Di2」はシマノデュラエースDi2グループセットと50mmディープセクションDT Swiss ARC 1100 DICUTホイールを装備し、その完成車重量はUCIレギュレーション未満の6.5kgで、すべてのレーサーの羨望の的となるでしょう。クライミングとカンパニョーロ愛好家のための「Ultimate CFR Disc EPS」は、カンパニョーロ・スーパーレコードEPSグループセットとDTスイスPRC 1100 25Yアニバーサリーホイールを搭載し、完成車重量を6.2kgに抑えました。フレームセット販売仕様には、270gのCP0020コクピット(ステム一体型ハンドル)と専用のシュモルケ1Kカーボンシートポストが付属しており、フレーム・フォーク・コクピット・シートポストの合計重量がわずか1.5kgとなる、ドリームビルドのための最高のキャンバスとなっています。

アルティメット CFR Disc仕様(モデル名/メインコンポ/重量/価格)

▲アルティメット CFR Disc Di2 (シマノDura Ace Di2/6.5kg)819,000円

▲アルティメット CFR Disc EPS (カンパニョーロ Super Record EPS/6.2kg)969,000円

▲アルティメット CFR Disc フレームセット (コクピット・シートポスト付属/1.5kg)379,000円

(価格はいずれも税・送料別)

 

キャニオン公式ストア
https://www.canyon.com/ja-jp/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load