BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

西日本ロードDay2は阿部嵩之が勝利!猛暑の影響で短縮レースに|Jプロツアー第9戦

8月30日(日)、広島県三原市の広島県中央森林公園サイクリングコースにて、Jプロツアー第9戦「第54回JBCF西日本ロードクラシック広島大会」が行われた。猛暑による距離の短縮や雷雨の予報があったものの、レースは無事スタート。3人でのスプリントを制した宇都宮ブリッツェンの阿部嵩之が勝利した。以下、JBCFからのレポートをお届けする。

序盤から先行した5名が逃げ切り、阿部嵩之が優勝

広島県中央森林公園で開催された西日本ロードクラシック広島大会。2日目のDay-2は12周147.6kmのレースが予定されていたが、初日に続き30℃を超える高温が予想されたため、10周123kmに短縮して行われることになった。また、レース途中で雷雨の予報もあったが、一時的な雨がコースの一部で降るにとどまり、幸いにもレース距離の更なる短縮は免れた。

陽炎が見えるホームストレートを進むメイン集団

レースは1周目から動いた。ホセ・ビセンテ・トリビオ、吉田隼人(以上マトリックスパワータグ )、孫崎大樹(TEAM BRIDGESTONE Cycling)、阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)、柴田雅之(那須ブラーゼン)トマ・ルバ(KINAN Cycling Team)の6名が先行。2周目に入ると機材トラブルで吉田が遅れ、5名の先頭集団となって周回を重ねていく。

2周目から最後まで約100km以上を逃げることになった先頭集団の5名

主要チームのメンバーが先頭集団に1名ずつ送り込んだことから、レース半ばにはメイン集団との差は3分30秒まで広がる。レース後半に入ると、先頭集団にメンバーを送り込めなかったチーム右京がメイン集団を牽引。一時2分台前半まで差を縮める。しかし落車により集団の人数が20名以下まで減ってしまうと、先頭集団との差は再び開き始め、残り3周の時点で4分台まで広がる。勝負は先頭集団の5名に絞られた。

最終周回の登りでアタックするトマ・ルバ(KINAN Cycling Team)

最終周回残り3kmを前に3名に絞られた先頭集団

最終周回に入るとトリビオがアタックを繰り返すが、すぐに他の4名が追従していく。残り4kmからの登り区間に入るとルバがアタック。これに反応出来たのは、阿部とトリビオの2名。ルバはさらに加速するが、2人を振り切れないまま残り250mのホームストレートへ。最後は3名でのスプリント勝負となり、阿部が優勝した。

3名のスプリント勝負を制した阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)が優勝

JPT(123km)リザルト

1位 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン) 3時間7分2秒
2位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ ) +0秒
3位 トマ・ルバ(KINAN Cycling Team) +1秒
4位 柴田雅之(那須ブラーゼン) +19秒
5位 孫崎大樹(TEAM BRIDGESTONE Cycling ) +1分11秒
6位 レオネル・キンテロ(マトリックスパワータグ) +3分50秒

中間スプリントポイント
2周回完了時 孫崎大樹(TEAM BRIDGESTONE Cycling)
4周回完了時 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ )
6周回完了時 孫崎大樹(TEAM BRIDGESTONE Cycling)

敢闘賞 該当なし

プロツアーリーダー 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)
U23リーダー 織田 聖(弱虫ペダルサイクリングチーム

村上裕次郎(松山工業高校)が
残り約20kmを独走逃げ切りで優勝

5周61.5kmで行われたJユースツアーのレースは、2周目の登りで先行した5名の中から石田眞大(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)、辻本青矢(SPADE・ACE)、村上裕次郎(松山工業高校)の3名が抜け出し、後続との差を2分以上まで広げる。4周目、村上がアタックして辻本と村上を振り切り、フィニッシュまでの約20kmを独走逃げ切りで優勝した。

Jユースツアー(61.5km)リザルト

1位 村上裕次郎(松山工業高校 1時間37分42秒
2位 辻本青矢(SPADE・ACE) +2分35秒
3位 石田眞大(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ) +2分37秒

Jユースツアーリーダー 神村泰輝(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)

第54回JBCF西日本ロードクラシック広島大会

日付:2020年8月30日
開催地・コース:広島県三原市 広島県中央森林公園サイクリングコース(1周:12.3km 右回り)
距離:123km(JPT)、61.5km(Y)、61.5km(M)

 

JBCF公式サイト(一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟)
https://jbcfroad.jp/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load