BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

自転車ロード世界選手権、イタリア・イモラで男女エリートのみ開催! ツールとの重複も回避

UCI(世界自転車競技連合)が9月20日から開催予定だったロードの世界選手権の代替地を発表。イタリアのイモラとエミリアロマーニャでの開催となる。当初はスイス・エグル・マルティニーでの開催を予定していたが、スイス連邦評議会の決定した感染症対策に関する条件が大会開催とはあわず、UCIが代替地を探していた。

また、日程も短縮される。当初の9月20日から始まる日程を9月24日からと変更し、終わりは同じく27日までとなる。スタートを遅らせることでツール・ド・フランス最終日との重複を回避することになった。

日程短縮のためエリートの男女、TTとロードのみの開催

開催は男女エリート、ロードとTTのみの開催となる。UCIの説明によるとこれはエリートの男、女のトップ選手の大多数が実際にヨーロッパにいるため、各国の若い代表選手(ジュニアおよび23歳未満)とは異なりるため不公平にはならないという観点からだ。

コースはイモラサーキット周辺の周回コース

レースはイモラモーターサーキットで予定されているが、組織委員会によって提案されたルートは、男子ロードレースのルートは距離259㎞、獲得標高が約5000 m。女子は距離144㎞で、獲得標高が約2750 mとなる。

周回コース(28.8 km)は男と女同じで男子は9周、女子は5周となる。2つの難しい上り坂(合計3 kmで平均勾配10%、最大14%)を含む。これのためパンチャーやクライマー向けのコースとなり、当初予定していたスイス・エグル・マルティニーと似たコース設定になるという。
さらにTTのコースは距離は32 kmで、獲得標高は200mほどで、タイムトライアラーに向いたコースとなる。

ボローニャから約40㎞離れたイモラは、1968年にすでにUCIロード世界選手権を開催している場所。当時はイタリアのヴィットリオ・アドルニとオランダのキーティー・ファンオステンハーゲがそれぞれ勝っている。

スケジュール

9月24日(木):エリート女性個人TT
9月25日(金):エリート男子個人TT
9月26日(土):エリート女性ロードレース
9月27日(日):エリート男子ロードレース

UCIデイヴィッド・ラパルティアン会長コメント

「イモラ組織委員会が、非常に優れた候補ファイルを特別に短期間で準備できたことを祝福します。また、他の3人の候補地、ペッチョリ(イタリア)、アルバアドリアティカ(イタリア)、オートソーヌ(フランス)にも感謝します。選択は簡単ではありませんでしたが、現在のような困難な状況でも、UCI世界選手権は都市とその地域にとって非常に魅力的であることにかわりありません」

国際自転車連盟WEBサイト
https://www.uci.org/

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load