BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

通勤仕様の電動アシストスポーツサイクル「オフィスプレスe」がグッドデザイン賞を受賞

株式会社あさひが発表したスポーツタイプの通勤快速電動アシスト自転車「オフィスプレスe」が、2020年度グッドデザイン賞を受賞した。以下、プレスリリースより。

「オフィスプレスe」の特徴とグッドデザイン賞評価

オフィスプレスe

販売開始予定: 2020年9月17日より先行予約開始、10月下旬より販売開始
販売価格: 129,980円(税込)
カラー: ホワイト/メタルグレー/ボルドー
フレーム: アルミ製
タイヤ: 700×38C
変速: 外装8段変速
ブレーキ: 油圧式ディスクブレーキ
フレームサイズ(適応身長):460mm(160~180cm)
重量: 23.3kg
充電時間: 5~6時間
バッテリー: リチウムイオンバッテリー 36v×10.3Ah (25.2V換算 14.7Ah相当)
走行距離: エコモード約100km/標準モード約65km/パワーモード約54km
購入・予約方法: 全国のサイクルベースあさひおよびサイクルベースあさひ公式オンラインショップ
※オンラインショップでのご予約は「ネットで注文・お店で受取り」サービスご利用に限り承ります。
予約特典: 2020年10月14日までのご予約で、オフィスプレスeのサドルにセット可能な電池式テールライトをプレゼントしています。
オフィスプレスe商品詳細:https://www.cb-asahi.co.jp/lp/products/ownbrand/officepress/e

通勤シーンでの実用性、高性能アシスト設計による快適性を持ちつつ、スーツ姿のフォーマルさを損なわないスタイリッシュなデザインで持つ喜びを感じられる1台です。ビジネスバッグを収められるワイドバスケットやスーツを汚れから守るフェンダー、安定した制動力を得られる油圧式ディスクブレーキで安全・安心な走行ができる、充実した機能を揃えています。エッジの効いたフレームデザインとスピーディーな走行でもしっかりとしたアシスト感を得られる通勤快速設計のアシストプログラムで、ビジネスパーソンの通勤時間を豊かな時間へ変えることができます。

通勤利用を追求した機能性

通勤シーンに合わせたアシストプログラムをセッティングし、スピーディーに走っている間もしっかりアシストがかかる、伸びのよい走りを実現しました。直接体が触れるサドルやグリップには、人間工学に基づいた製品を採用し、心身ともに自転車通勤での疲労を軽減します。
また、車からの視認性が高いLEDライトや、雨による制動力の低下を抑える油圧ディスクブレーキなど、安全性の高いパーツを選定しています。

所有する喜びを感じさせる意匠

ハイドロフォーミングチューブを使用してエッジ感を強調したフレームワークと光に映える車体カラーにより、スーツのフォーマル感を損なわない、高級感のあるスタイリッシュな外観を作り出しました。
泥よけやバスケットなどの各部品形状にもこだわり、完成車としての一体感を追求しています。

審査委員の評価

日常使いとしての性能や機能性、凛とした佇まいを持つ自転車である。運転のしやすさ、安定感はさすがと言える。美しくデザインされた泥除けなど通勤自転車としての細かい配慮がなされ、質実剛健な仕上がりとなっている。とくに三次曲面の美しいフレームが際立っており、全体構成のバランスが良く、安心して毎日使いたくなる自転車だろう。ありそうでなかった、スタイリッシュな通勤に特化したバランスの良い構成を評価した。

 

問:あさひ
https://www.cb-asahi.co.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load