BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「御神火ライド」今年はオンラインイベントとして開催!バーチャルサイクリングやトークショーも!

11月28日(土)に伊豆大島を舞台として開催が予定されていた「伊豆大島 御神火ライド2020」が開催方法を変更。オンラインイベント「御神火 DONATION e-Ride」、「御神火ライドオンライン」として開催することを発表した。以下、プレスリリースより。

参加者全員に1500円相当の特産品をプレゼント

午後7時からの「御神火DONATION e-Ride」は、 バーチャル サイクリングサービス「FulGaz」(フルガス)を使い、雄大な島の自然と青い海を感じながら島を一周する御神火ライドのコースの一部(約11km)を実写で仮想現実化。バーチャルグループライドを実施する。

「御神火」とは、伊豆大島の中央にある三原山火口から噴き出す炎のこと。三原山や地層の断面、海岸線などの自然が生み出す風景も見どころの一つだ。参加費は3000円で、参加者全員に「伊豆大島応援BOX」として1500円相当の伊豆大島の特産品などを大会前日までに送付する。

参加者は「FulGaz」のアカウント(無料)を取得し、専用のコードでグループライドに参加する。12月2日まで「FulGaz」を自由に使用できる。

「FulGaz」で地層大切断面~筆島までの11kmを楽しめる © FulGaz

御神火 DONATION e-Ride

ヴァーチャルサイクリングサービス「FulGaz」にご協力いただき、伊豆大島のサイクリングコースの一部を実写でヴァーチャル化。ヴァーチャルグループライドを開催します。参加申込いただけましたら、「FulGaz」のアカウント(無料)を取得ください。後日登録いただいたメールアドレス宛に専用のコードを発行いたします。コード発行後~12月2日までご自由に「FulGaz」を使用いただけます。また、参加者全員に「伊豆大島応援BOX」として伊豆大島の特産品や、協賛社から提供いただいた商品を大会前日までにお届けします。

11kmと短いコースですが、伊豆大島の魅力を味わいながらみんなでヴァーチャル伊豆大島を走りましょう!
ゲストには『Cyclist』の連載での神回答が人気の栗村修さんと、坂バカ俳優・猪野学さんをお招きし、ライド中はZOOMを使いグループライド。ライド終了後はゲスト陣への質問コーナーも設け、トークに華を咲かせます。

■御神火 DONATION e-Ride
開催日時:2020年11月28日(土)19:00~20:30
配信先:PIA LIVE STREAM
参加費:3,000円(税込)
※参加者には1,500円相当の伊豆大島特産品等が詰まった「応援ボックス」を郵送
コース:地層大切断面~筆島 約11km

御神火ライドオンライン

「御神火ライドオンライン」では、自転車の楽園・伊豆大島を徹底ガイドします。通常の御神火ライドのコースと、コース上にはないお勧めスポットも満載です。栗村修さん、猪野学さんにスペシャルゲストをお招きし、伊豆大島の元気を発信いたします。番組中はTwitterでフォロー&リツイートキャンペーンを実施いたしますので、お楽しみに!

■御神火ライドオンライン
開催日時:2020年11月28日(土)20:30~22:00
配信先:YouTube内「サイクリストTV
参加費:無料
ゲスト:栗村修、猪野学ほか(調整中)

 

「伊豆大島御神火ライド」ウェブサイト
https://stg.cyclist.sanspo.com/special/gojinkaride/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load