BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

SPECIALIZED(スペシャライズド)・Sワークス エートス スラム Eタップ アクシス|ニューモデルインプレッション

注目の最新モデルを徹底インプレッション! ピュアレーシングブランドのイメージが強いスペシャライズドから電撃発表された、UCIルールの重量規定6.8㎏を破る超軽量バイク、SPECIALIZED・S-WORKS AETHOS SRAM ETAP AXS(スペシャライズド・Sワークス エートス スラム Eタップ アクシス)を徹底調査! ライドを楽しむための「原点回帰」軽量モデルを鈴木太一がチェック!

ニューモデルインプレッション
一覧はこちらから

すべてはライドを楽しむために!「原点回帰」の軽量モデル、エートス

新型ターマックの発表から間を置かず、スペシャライズドが「Sワークス エートス」を電撃発表。超軽量レーシングモデルか?と噂された新作のテーマはしかし「走りを楽しむ」だった!
ピュアレーシングブランドのイメージが強いスペシャライズドだが、一方でこのエートスのような「ロードバイクのしきたりを破る一台を作る」というアバンギャルドな一面ももっている。具体的には……。
UCIルールの重量規定6.8㎏を破る、レース然としたバイク設計のしきたりを破る、ライドのしきたりを破る(=苦しむのではなく、楽しむべきという意味)。こういった理念を貫く際に、必然的に「クラシックスタイル」への
回帰が行われたという。
事実フレームデザインに目を向けると、真円形状のチューブが多いことやシートチューブとシートステーの接合位置など、昔ながらの造形が見て取れる。しかしそのフレーム重量はわずか588gで、重量剛性比が非常に高い数値
をマークしているのも見逃せない。
ロングライドやヒルクライム、グラベル、そしてレースなど、ライドを楽しむ目的なら何に使っても構わない。ジャンルにとらわれない自由こそが、エートスが体現する「楽しさ」そのものだ!

スペシャライズド
Sワークス エートス スラム Eタップ アクシス

価格:132万円(完成車/税抜)
■フレーム:Sワークスエートスファクト12Rカーボン ■フォーク:Sワークスファクトカーボン ■コンポーネント:スラム・eタップAXS ■ホイール:ロヴァール・アルピニストCLX ■ハンドル:Sワークスショート&シャロー ■ステム:SワークスSL ■サイズ:49、52、54、56 ■カラー:サテンフレークシルバー/レッドゴールドカメレオンティント/ブラッシュドクローム ■試乗車重量:6.36kg(ペダルなし)

自転車ライドのおもしろさを取り戻すために

細身のフォークと超軽量ホイール

重量のみならず、ハンドリングの軽さにも好影響を与える軽量フォーク。さらに超軽量のロヴァール・アルピニストCLXホイールの搭載で、きつい山岳も楽しめる。

32mmの太いタイヤ幅にも対応する

ワイドなタイヤにも広く対応し、はやりのグラベルアドベンチャーライドにも使える。セミブロックタイヤを履いて未舗装路を駆け抜けられる新たな楽しみ方だ。

「ディスクブレーキ=重くなる」は古い

ディスクブレーキを搭載しても、最終的な車体重量が過度に重くなることはなく、むしろ「軽さ+安全な操作性」を獲得できることは、ターマックでも証明されている。

さらなる軽さを求めるならアルピニストSLコックピット

オプションで一体型バー&ステム、ロヴァール・アルピニストSLコックピットが用意されている。重量は驚きの255g(420mm&110mm)で、サイズは9種類となる。

ダウンチューブはあえての「真円」

レースモデルでは翼断面構造がスタンダードになりつつある昨今、ダウンチューブとトップチューブには真円形状を採用。前者はBB周辺に向かって細くなっている。

フロントディレイラー台座は着脱可能

完成車はフロントダブルのためにディレイラーが付いているが、シングル仕様にする際は台座ごと取り外せる。ムダのない、シンプルなスタイルが実現可能だ。

BB周辺のボリュームはやや小さめ

剛性過多にならないようにか、BB周辺のボリュームは控えめ。ダウンチューブの接合部分はやや扁平に設計されている。ねじ切りBBであることも原点回帰のひとつ。

じつは史上最軽量のシートポスト

付属するシートポストは「ロヴァール・アルピニストカーボン」。φ27.2mmの細身で、スぺシャライズド史上最軽量のモデルになっている。軽さへのあくなき追求だ。

まるで長い間走ってきた相棒のよう!
オールシチュエーションバイクと名付けたい

鈴木太一がインプレッション

このSワークス エートスは、スペシャライズドがこれまで積み重ねて作り上げてきたモノをみずからの手で壊すことからスタートしたという。「ロードバイクはレースをする人だけのものか? 走りを楽しむだけのバイクがあったら?」という観点から作られたということは、これまでにない新たな解釈がなされたモデルだということ。
トップチューブがホリゾンタルでない以外は、伝統的なスタイルに回帰しているかのようにも見える。走り出してすぐに気がついたのがバイク自体の素直さ。まるでこれまで長い間走ってきた相棒のように、身体と一体になって意のままに進む。ペダリングして巡航、コーナーを抜け、アップダウンをクリアしていく。これらすべての次元でレベルが高い。入力に対して反応がよく、重量剛性比の高さを感じさせてくれた。

シチュエーションごとに走りの印象をあげると、スプリントは切れ味で勝負をするのではなく、後半の伸びを生かす感じ。長距離レースでの最後のスプリントに最高。アタック時はハイケイデンスでペースを上げるアタックが向いている印象。そして意外に合っていると感じたシチュエーションはグラベル。32Cのタイヤをはめて走りたいところだ。しかしなんと言ってもヒルクライムに最高の1台だ。陳腐な言い方だが、登坂時のギヤの残り方が違う。
もちろん特出した軽さは感じるが、ただ軽いだけでない、いいバランスが生み出されている。バイク自体が素直なので、ホイールやタイヤなどを変更した場合、そのアイテムの特性を強く感じることができるだろう。どこでも走れる自由度の高さからオールシチュエーションバイクというふうにも名付けたいが、そのしがらみさえも必要ないのかもしれない。

IMPRESSION RIDER/鈴木太一

ヨーロッパでの選手経験をもち、自転車代理店スタッフやフィッターとしても活動してきた経験豊富なライダー。現在は自転車ショップRXバイクのスタッフとして活躍している。

Sワークス エートスのアザーモデル&カラー

Sワークス エートス ファウンダーズ エディション

価格:154万円(完成車/税抜)

さらに「極めた」完成車仕様のエートス!

コンポーネントをシマノデュラエースDI2、ハンドルを前出のロヴァール一体型コックピットにしたモデル。特殊なカラー「サテンブラッシュドリキッドシルバー/ホログラフィック」はこれのみだ。

Sワークス エートス フレームセット

価格:55万円(フレームセット/税抜)

フレーム単体でも購入可能。カスタムを楽しめ!

超軽量なエートスはフレーム単体でも購入可能。自分だけの一台を作り出す楽しみさえも与えてくれる。既出の2色に加え、エレガントなグロスクレイ/フレークシルバー(右)、シンプルなサテンカーボン/ジェットヒュエル(右)も展開される。

ニューモデルインプレッション
一覧はこちらから

問:スペシャライズド・ジャパン
www.specialized.com

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load