BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

MTB全日本選手権出場者が対象!P&P COMPONENTSカーボンホイールを無料で試せるチャンス

「P&P COMPONENTS (ピーアンドピー コンポーネンツ)」では、12月5日、6日開催の「第 33 回全日本自転車競技選手権-マウンテンバイク(XCE/XCC)」出場者を対象に、カーボンホイールを無償貸出しするモニターを募集している。以下、プレスリリースより。

実力派カーボンホイールを無料で試せるチャンス!

今回貸出しを行うカーボンホイール WH-C1600M は国内マウンテンバイクシリーズ戦 Coupe du Japon クロスカントリー競技の各カテゴリでシングルリザルトを獲得している実力派ホイール。軽量・高剛性なカーボンリムを採用した 29inch BOOST 規格のホイールです。重量は 1,635g ながら、重量を感じさせない走行感と評価を得ています。先日開催された第 33 回全日本自転車競技選手権(マウンテンバイク)では、女子 U23 カテゴリ 2 位、男子 U23 カテゴリ 5 位を獲得するなど選手のリザルトに貢献しました。

今年はマウンテンバイクの全日本選手権が 2 度に分けて開催されます。クロスカントリ・エリミネーター、クロスカントリ・ショートトラック種目においてもカーボンホイール WH-C1600M のモニター募集を行い、日本最高峰のレースを戦う競技者を応援します。
マウンテンバイク用カーボンホイールに興味があり、P&P COMPONENT と共にチャレンジしてくれる選手のご応募をお待ちしております。

WH-C1600M

希望小売価格:90,900 円(税抜)
リム素材 :カーボン
リム内幅:25mm
車輪径:29inch
スポーク:ストレートプルバテッドスポーク
ハブ:F: Thru Axle 15x110mm (BOOST 規格) 28H、R: Thru Axle 12x148mm (BOOST 規格) 28H
対応タイヤ:クリンチャー/チューブレスレディ
ブレーキ:ディスクブレーキ(センターロックタイプ)
フリーボディ:SHIMANO MicroSpline
重量(平均値):F: 722g / R: 913g
付属品:チューブレスリムテープ(貼付済み)
備考:最大指定空気圧有り(3BAR)
オプション:交換用フリーボディ SRAM XD Driver / SHIMANO HG 各 8,000 円(税抜)
https://pandpcomponents.com/2020/01/17/wh-c1600m/

モニター募集概要

【対象製品】
カーボンホイール WH-C1600M

【貸出期間】
2020 年 11 月 19 日(製品発送予定日) ~ 2020 年 12 月 11 日(返却必着日)

【モニター対象】
第 33 回全日本自転車競技選手権-マウンテンバイク(XCE/XCC)
全カテゴリ (Urban MTB Festival エキシビジョンは除く)

【モニター人数】
最大 2 名

【応募条件】
以下の項目すべてにご同意いただける方

・日本国内在住であること
・同意書を提出すること (未成年の場合、保護者の署名入り同意書)
・全日本自転車競技選手権-マウンテンバイク(XCE/XCC)レースで、WH-C1600M を使用すること
・製品使用により借主に不都合(DNS、DNF、順位の低下、怪我等)が生じても貸主に責任を問わないこと
・レース前後に最低 1 回ずつご自身の SNS(Facebook、Twitter、Instagram のいずれか)で「#PandPCOMPONENTS」を付けて製品の使用感などをご紹介いただくこと
・借主の情報をブランドプロモーションで活用することに同意できること
・返却時の送料をご負担いただくこと (返送先:埼玉県越谷市)

【応募締切】
2020 年 11 月 17 日 (火)

【応募方法・申込み URL】
以下の必要項目を回答フォームに記入して送信してください。

・氏名 ・性別
・生年月日 ・住所
・電話番号 ・メールアドレス
・使用機材(フレーム、ホイール、タイヤ、コンポなど)
・カセットスプロケット規格
・直近の Coupe du Japon 大会成績
・全日本自転車競技選手権大会-マウンテンバイク(XCE/XCC)出走カテゴリ
・ご自身の SNS アカウント名 (Facebook、Twitter、Instagram のいずれか。複数可)
・自己 PR など
回答フォームhttps://forms.gle/4rLpPJbyYuLqCYcn9

スケジュール

2020 年 11 月 13 日 モニター募集受付開始
2020 年 11 月 17 日 モニター募集受付終了
2020 年 11 月 18 日 選考結果の通知。選ばれた方に連絡します
2020 年 11 月 19 日 モニター製品の発送(到着次第モニターを開始してください)
2020 年 12 月 5~6 日 全日本自転車競技選手権大会(マウンテンバイク)に出場
2020 年 12 月 11 日 モニター製品の返却必着日

全日本選手権 XCO モニター選手のコメント

(選手本人の SNS より抜粋。一部追記・誤字訂正)

中村龍吉選手 (U23 カテゴリ)

「一定の W(ワット)を逃がさないように踏み続けるとめちゃくちゃ進む。回りが軽いってよりは回り始めたら止まらない感じですごいなめらかに走ります。XCE とかの瞬発系はどうか分かりませんが走行時間が長くなればなるほどホイールの良さを実感できる気がします」

久保一真選手 (U23 カテゴリ)

「実際に走った印象は剛性がありつつしなやかで、スピードが上がるにつれ気持ちよく進んでくれるホイール。軽いギアで回すよりもギアを掛けて走るほうがよく進みます。細かな振動もかなり吸収してくれて細かな根っこや小岩、段差は気になりませんでした。」

萬谷和也選手 (エリートカテゴリ)

「レース中、平地では転がり抵抗が少ないため、前を走る選手よりペダルの休止時間が長く取れ、スピードの維持も良いため明らかに脚をためることが出来ました。太いリムにより、エアボリュームが稼げ、前日まで試走に使ったバイクより明らかに乗り心地が良いです。大岩の下りも不安なく、ドロップオフのジャンプも安心して通過できます。」

 

詳細はこちらをチェックしよう。
https://pandpcomponents.com/2020/11/13/201113-wheelmonitor/

 

ピーアンドピー コンポーネンツ公式サイト
https://pandpcomponents.com/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load