BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

3T(スリーティー)|ロードでもグラベルでもエアロダイナミクスを追求したハンドル

1961年、イタリアで創業したパーツメーカーの3Tは、素材にアルミやカーボンを取り入れながら順調に成長を続け、2016年からはフレームを製作。近年はロードバイクのみならず、エアログラベルバイクも展開。そしてそのエアロダイナミクスの追求はバイクだけでなく、パーツにも反映されている。

エアロダイナミクスを、ロードでもグラベルでも重視する3T

近年完成車ブランドとしてもしっかり定着した3T。ロードレース界のエアロ化やグラベルロードの流行に対応した製品を次々に生み出している。その主力となるハンドルバーのなかでも、とくにエアロに特化したのがエアロフラックス。空気抵抗低減のため、全体をフルケーブル内装仕様に設計。さらに前面投影率を下げるトップ部分と、握りやすく快適なドロップ部分を組み合わせ、ロードレース用に最適化。エアロ性能とコンフォート性能を兼ね備える。
いっぽうエアロギアイアLTDは、同社2代めのグラベルロード用のカーボンハンドルバー。トップ部分はエアロフラックスと同等のエアロ性能で、高速グラベルレースに対応。ドロップ部分は左右それぞれ40mmほど外側へ広がるフレア形状を採用し、下ハンを握ることで腕やヒジ、肩からつながる上半身を安定させる効果をもつ。併せてレバーやブラケット部分が握りやすくなるよう、レバークランプ部分にも改良が加えられている。

エアロかつコンフォート速さと快適性を両立する
「エアロフラックス」

ショートリーチ、ショートドロップのロードハンドル。幅広のトップ部分でエアロ効果を発揮しつつ、ドロップでは握りやすさを実現。

クランプ部分の手前中央にも穴があり、ステム内へのケーブル挿入が可能。ケーブルフル内装を実現するカーボンハンドルだ。

エアロフラックス

4万円(税抜)
サイズ幅:380、400、420mm
リーチ:78mm
ドロップ:110mm
重量:218g(400mm)

 

グラベルにもエアロを!
安定感をもたらすフレア形状の「エアロギアイア LTD」

グラベルモデルでもエアロの追求を怠らない3T。高速化するグラベルレースにも対応するため、トップ部分はエアロデザインを採用。

下ハン部分が外側にフレアし、ドロップ部を握った際に安定感を生み出す。上のエアロフラックスとの大きな違いだ。

エアロギアイア LTD

4万円(税抜)
サイズ幅:400、420、440mm
ドロップ末端サイズ幅:478、499、519mm
リーチ:78mm
ドロップ:110mm
重量:232g(420mm)

問:あさひホールセール部
http://3t-bike.jp

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load