BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

S1NEO(エスワンネオ)・490ヒダ|ニューモデルインプレッション

注目の最新モデルを徹底インプレッション! 今回は、フレーム素材にT700カーボンを採用し、しっかりとした乗り味を楽しめる日本限定オールラウンダーモデル、S1NEO・490 HIDA(エスワンネオ・490ヒダ)をベテランライダーの管洋介がテスト!

ニューモデルインプレッション
一覧はこちらから

エントリーユーザーにも最適な日本限定オールラウンダー

フランスの新興メーカーながらトラック競技の世界記録保持者フランソワ・ペルヴィスが開発に参加し、製品のクオリティに定評があるS1ネオ。

ニューモデルとして登場したのが「490ヒダ」だ。それまでのエントリーモデル499の進化版だが、じつは日本限定モデルだという。社長が親日家だというS1ネオ、ヒダのネーミングも飛騨高山に由来している。

価格帯こそエントリーに位置づけられるがフレーム素材にはT700カーボンをおごり、フレームと一体化したシートポストクランプなどのエアロデザインも採用。乗り味についてもしっかりとした剛性を確保したことで、クラス以上の仕上がりになっている。

現ラインナップはリムブレーキのみだが、今後はディスクブレーキモデルの展開も予定している。ニューモデルとして紹介したが、S1ネオはイヤーモデルとしての展開はしておらず、来年になって型落ちとなる心配は無用。

素性のいいフレームだけに最初はエントリーグレードのパーツで組み上げ、その後グレードアップする楽しみも考えられる。拡張性も考慮するとシマノなら105が最適だろう。初級者にとって完成車より少しだけハードルは高いが、中?長期的に考えれば十分に元がとれるバイクといえる。

出典

SHARE

PROFILE

管洋介

BiCYCLE CLUB / 輪界屈指のナイスガイ

管洋介

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

No more pages to load