BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

あむちゃんが愛車で走る!JALしまなみ海道サイクリングツアー

あむちゃん!の愛称で知られる自転車YouTuber、愛あむさんが、愛車と一緒に初のしまなみ海道へ。今回はJALが提供する愛車を専用ボックスで輸送できるサービス「SBCON(エスビーコン)」をはじめて利用してみた。今回は愛媛県松山からスタートし、広島空港までサイクリング、今治のB級グルメやしまなみ海道の絶景&おすすめスポットなど、見どころ盛りだくさん! あむちゃんが感じたしまなみ海道の魅力をお届けしよう。

はじめてのしまなみ海道!まずはSBCONで愛車を輸送します

今回はSBCONといって、愛車を専用のボックスにれて輸送できるサービスを利用して、手ぶらで愛媛県松山空港まで飛行機で移動し、しまなみ海道を満喫してきます! 梱包は自宅でできます。

梱包するとこんな感じ。前輪だけをはずせばいいのでとても簡単です。

ペダルも外さずそのままボックスにすっぽり入れられるので、工具不慣れな私にはありがたい。しかもボックスを家まで届けに来てくれるので、大助かりです。ちなみにシューズやヘルメット、サドルは専用の収納ケースに入れてバイクと一緒に送ることができます。

手荷物だけを持って目的地の羽田空港まで行けちゃうのでとっても身軽! 女子にはありがたいサービスです。

松山空港に到着!まずは宿泊先の今治国際ホテルを目指しますが……

羽田空港を出発し、松山空港に到着しました。

自転車も到着している!さっそく組み立てていきましょう。

愛車を安心して輸送できるのはうれしいですね!

松山空港には、サイクリストに優しい更衣室や、自転車組立場所、工具の貸し出しや空気入
も完備されています。

準備完了!いざ出発!

バイクを組み立てて、いざ出発! ……と思いきや、思いっきり雨。晴れだったら今治まで60km程度、自走で行くこともできますが、仕方なく今回は輪行に。松山空港から松山駅方面へと移動します。じつはこのツアー、オプショナルプランを使えば松山空港ではなく、1日目のホテルまで自転車を送ることもできます。

みかんジュース3種飲み比べ!

愛媛といえばミカン!ということで10FACTORYのみかんジュースお試し3種セット(700円)を堪能しました。「果試28号」「せとか」「不知火」の3種を飲み比べてみましたが、それぞれ味が大きく異なりました!

10FACTORY 松山本店

〒790-0004 愛媛県松山市大街道3-2-25
TEL:089-968-2031
https://10-mikan.com/

 

松山から今治へ輪行します。本当は松山空港から今治まで自走でいこうと考えていたのに……残念! でも、今治駅にはサイクルステーションやショップがあって、輪行時にも便利でした!

1日目の宿泊、今治国際ホテルに到着。自転車はそのまま部屋に持ち込みOK! 盗難の心配もなく、安心して宿泊できますね。

今治のB級グルメといえば

明日からのしまなみ海道走破に向け、夕飯に今治の名物、焼豚玉子飯をいただきました!明日に向けてしっかり食べておかなくっちゃ! 今治名物白楽天 焼豚玉子飯セット(1,000円)をいただきました。

白楽天

〒794-0015 愛媛県今治市常盤町4-1-9
TEL:0898-23-7292
http://www.hakurakuten.net

さあいよいよしまなみ海道へ!
サンライズ糸山からスタート

いよいよ初のしまなみ海道! 2019年11月にサンライズ糸山に新たに設置された「SHIMANAMI」のモニュメント前で愛車とパシャ! いい感じの記念写真が取れました。

大島に到着。石・今昔ギャラリーがとってもシュール!

海岸沿いが美しい!

伯方橋を渡って伯方島へ。道の駅伯方S・Cパーク「マリンオアシスはかた」では、愛車も入れてこんな構図で決めてみました。

大三島 サイクリストの聖地&多々羅大橋が見えます

愛媛県の最北に位置し、しまなみ海道が結ぶ島のなかでもっとも大きい大三島へ。サイクリストの聖地として有名なオブシェもあります。生口島と大三島を結ぶ多々羅大橋は圧巻です!

WAKKA到着 おしゃれな建物!

大三島のサイクリング総合施設「WAKKA(ワッカ)」に到着しました。

こちらのお店では自転車のままカフェに入れます。テラス席にサイクルスタンドを置いて休憩~!

お昼ご飯はベーグルプレート!
ベーグルサンドセット 1,200円 ※単品は各900円
※スープ・ポテト・ドリンク付

WAKKAに併設されているホテルには、コテージからドミトリーまでさまざまなお部屋が用意されており、サイクリストに優しいサービスも。しまなみ海道の中間地点なので、ここで1泊してゆっくり楽しむのもいいな。居心地が良すぎて、先に進むのを忘れそうになりました。

WAKKA

〒794-1402 愛媛県今治市上浦町井口6691-1
TEL: 0897-72-8705
https://wakka.site/

ブルーラインは目的地までの道標!

しまなみ海道には、サイクリストが迷わないようにブルーラインが敷かれています。尾道方向のブルーラインがあってのでとても助かりました!

じつは道中、ちょっとだけ迷ってしまったんですが、ブルーラインがなくなり道が違うことにすぐ気がつけたので、大丈夫でした!

時間が経つにつれ、さまざまな表情を見せてくれるのもしまなみ海道の魅力のひとつ。

自転車神社 大山神社に到着

因島には自転車の神様が祀られている自転車神社、大山神社があって、自転車と一緒に本堂に入れます! 残り区間も無事に走りきれるように参拝してきました。

お守りゲット! あと少しがんばるぞ。

尾道駅に到着!完走!!!楽しかった!

因島を出発し、向島へ。最後の橋を渡るとゴールの尾道駅です。景色も立ち寄りスポットも大満足の初しまなみ海道。今治から尾道まで、今回の走行距離は84.9kmでした。

橋の出入口あたりは多少アップダウンがあるものの、途中には休憩ポイントがたくさんあるので脚力に自信がなくてもマイペースに楽しく走りきれます。
橋の上や下りポイントなどは風が強いときがあるので、天気の良い日もウインドブレーカーがあると安心です。島を繋ぐ橋の形が全て違うので、それぞれ違う景色を堪能できるのもライドの楽しみの1つでした。とくにスタート地点の「SHIMANAMI」モニュメントは、誰でも簡単に映え写真が撮影できるので、ぜひ立ち寄ってみて欲しい!

帰りは広島空港から!
広いバイシクル・ハブで楽々梱包作業

広島空港の1階には、自転車の組み立てや梱包ができるバイシクル・ハブがあります。更衣室も完備されており、ここでゆっくり着替えてから飛行機に搭乗できるので助かります。

搭乗手続きの前に、愛車をSBCONに梱包します。バイシクル・ハブには自転車を梱包できるだけの広いスペースが確保されていて、1人でも気兼ねなく梱包できました。

しっかりと梱包された愛車を見送ります。広島空港で預けたSBCONは、なんと後日自宅まで届けてくれるのです! 最寄空港から自宅まで、身軽に移動できるのはとても有り難いですね。

SBCONを利用したツアーの詳細はこちらをチェック!(ツアーは終了しています)

■JALオリジナル輪行箱「SBCON®」で運ぶ旅「愛車で走る しまなみ海道サイクリング」
https://www.jal.co.jp/domtour/ssy/cycling_in_shimanami/

あむちゃんが走ったしまなみ海道の記録

あむちゃんの走行記録はこちらSTRAVAでチェック!
https://www.strava.com/activities/4966946017

プロフィール
愛あむ(愛称:あむちゃん!)

「あむちゃん!」の愛称で、ゲーム、ロードバイクサバゲーなどの話題をユーチューブにアップしている。最近はバーチャルサイクリングにもチャレンジ、女性 e-sports BIKEチーム「ONELAP AGNEL」メンバーとしても活動している。
YouTubeチャンネル → あむちゃん!はこちらから

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load