BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

インカレの名将・黒川剛前鹿屋体育大監督、「シエルブルー鹿屋」のGM兼総監督に就任

「シエルブルー鹿屋(以下、CBK)」が新GM兼総監督の就任を発表、3月31日に退官を発表したばかりの前鹿屋体育大学自転車競技部黒川剛監督を迎え、新しいチーム作りに取り組むことを発表した。

CBKは2016年4月に塚越さくら選手(リオ五輪代表)、上野みなみ選手(2015年世界選手権銀メダリスト)の2 名でスタートしたが、その2人も引退。いっぽう昨年秋には全日本実業団自転車競技連盟が主催のJプロツアーライセンスを獲得し、今シーズンより参戦(現在4戦 終了時点で13チーム中ランキング7位)している。

黒川剛監督といえば、鹿屋体育大学自転車競技部を立ち上げ、清水都貴選手をはじめ、塚越さくら選手、上野みなみ選手、東京2020代表候補の橋本英也選手など多くの選手を輩出、全国優勝335回、全国チャンピオン61名、日本代表50名以上、オリンピアン5名など多くの実績を持つ名将として知られる。また、国内大学スポーツ界初の企業スポンサー支援によるチーム作りをするなど「鹿屋旋風」を巻き起こしたマネージャーとしての手腕も持ち合わせるだけに、その活躍に注目が集まる。ここではプレスリリースより、黒川剛GM兼総監督のコメントを紹介する。

「シエルブルー鹿屋」新GM兼総監督黒川剛(前鹿屋体大監督)就任

4月1日にシエルブルー鹿屋のGM兼総監督に就任いたしました黒川です 。
就任に先立ち3月31日には定年まで7年を残し35年間在籍した鹿屋体育大学を退職、同自転車競技部部長兼監督も退任、退路を断っての決断をいたしました。
コロナ禍でスポンサー頼りのプロスポーツ界には猛烈な逆風が吹き荒れていますが 、今直ぐに手を打たないと新生 CBKも1年での撤退は免れない状況にあります。
ところで昨今の自転車はスポーツのみならず 、各種イベント、道路行政、教育、健康、余暇利用、家族活動・子育て、ファッション、エコ、SDGs、ツーリズム、 インバウンド、交流人口増加、移住定住など、社会のキーワード となっています。
私は長年のレース活動等を通じ全国47都道府県の全てを転戦することで 、ここ大隅半島には日本一自転車に適した 環境があることに気づきました。
ほっておけば普通の田舎街ですが 、しっかりと情報発信を続けるこ とで、自転車にとって大隅半島(鹿児島県) は宝の山に変わります。
私が26年前に鹿屋体育大学に自転車競技部を作り全国を転戦し始めた頃、多くの方々に「しかや」「かや」と呼ば れ、余りの知名度のなさに愕然としましたが、今では呼び間違いは全く無くなり、日本の自転車界での「KANOYA」はブランド化され 、「鹿屋」という地名が「大隅」そして「鹿児島」を包括するまでになっています。
今シーズンよりCBKはプロロードチームに生まれ変わりましたが、全国を転戦する機会も圧倒的に増加し、「KANOYA」の情報発信の媒体としても、大いに活用できるものと考えています。
一方、 地域密着活動もしっかりできており、市民に愛されるチームとして更に社会へ 貢献し、スポーツを通じて明 るく豊かな地域創生に生かせると考えています。
従って 鹿屋( 鹿児島県 )にとり、とても価値ある財産でもあるCBKを消滅させてはならないとの一心で、今回 のGM兼総監督の就任をお引き受け致しました 。
なお 、就任後は次のようなテーマを持ち活動しますので宜しくお願い致します 。

  • 現在年間1千万にも満たないスポンサー収入を段階的に2億円超まで増やします。
  • 最終的には外国人を含む選手18名、スタッフ8名の本格的チームを作ります。
  • 将来1軍はUCIアジアツアーを中心に転戦しアジア№1チームを目指します。
  • 「シエルブルー地域創生パネル」(仮称)を創設し、県や市町村と連携した活動で、
    ①CBKを使った地域創生、②CBKの資金獲得のスキームを作り出します。
  • 鹿屋体育大学と連携し世界に通じる高いレベルの競技者を育成します。
  • 地域活動と情報発信でCBKファンの獲得と 、自転車愛好者の増加を目指します。
  • 全国及び国際大会等を鹿児島で開催し、自転車競技の素晴らしさを認知頂きます。

黒川剛(くろかわたけし) プロフィール

1962年6月17日生まれ58歳)吹上町(現日置市)出身 放送大学卒

役職等

公益財団法人日本自転車競技連盟理事、日本学生自転車競技連盟理事、九州自転車競技連盟
副 理事長、 鹿児島県自転車競技連盟理事長 ほか

資格 等

日本スポーツ協会自転車競技上級コーチ、日本自転車競技連盟 1 級審判員 ほか

チームのWEBサイト
http://cielbleu-kanoya.com/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load