BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

カブトのアイウエア「NB-01」はジャパンブランドならではのかけやすさが魅力|Kabuto

はじめてサイクリングアイウエアを選ぶならまずは「Kabuto(カブト)」をチェックしよう。プロが使うフラッグシップはもちろん、街中を駆け抜けるようなシティライドモデルも充実。今回はカジュアルモデルのNBシリーズをピックアップ!

軽量でフィット感に優れるスタンダードアイウエア「NB-01」

日本人の頭部や鼻、耳の形状を知りつくしたカブト。同社のNBシリーズはスタンダードモデルとされ、上位モデルと同様の素材をフレームとレンズに使用しつつ、手ごろな価格を実現した。NB-01はスポーツ走行に適したモデルで、軽くかけやすさを追求。8カーブのレンズはディセンター設計で視界のゆがみを抑え、快適な走行をアシスト。

NB-01

5500円

  • レンズ素材:ポリカーボネート
  • フレーム素材:TR90
  • レンズカラー:コーテッドモーブグリーン、クリア(2セットレンズ)
  • フレームカラー:マットブラック、マットホワイト
  • 重量:23g(実測値)
  • 付属品:サングラスバッグ

 

コーテッドモーブグリーンのほかクリアレンズも付属する。

テンプル内側をコの字とT字の断面を組み合わせることで適度な弾力としなやかさを実現。軽いかけ心地なのにズレにくい。

最適なフィット感を実現するアジャスタブルノーズパッドを採用する。

 

管洋介がインプレッション

ジャパンフィットによるストレスを感じないかけ心地が魅力

日本人の頭部の形状をトレースしたフレームは、つねに自然体でかけられるフィット感のよさをもつ。自由に変形するノーズパッドを調整すれば、すぐにユーザーの骨格にマッチしたかけ心地となる。フレームは弾力と耐久性がほどよく感じられ、視線や顔の振りによって突っ張るなど重い感じにならないのがいい。さらにこれだけの機能に加え、NB-01には透明性に優れたレンズが2種類付属。クリアとミラーを天候や明るさによって使い分けたい。

【管洋介 プロフィール】
バイシクルクラブでおなじみのインプレライダー。完成車はもちろん、さまざまなギアやウエアをその身体で試してきた。今回はアイウエアを装着してライドした印象を語る。

ライフスタイル×スポーツモデル「NB-02&NB-03」

街乗りや日常での使用も考慮し「ライフスタイル×スポーツ」モデルとしてラインナップされるスクエアレンズのNB-02(左)とオーバルレンズのNB-03(右)。両モデルともNB-01同様にTR-90フレームとポリカーボネイト製レンズを採用。優れたフィット感と保護性能に妥協しないモデルに仕上げられた。

NB-02(スクエアレンズ)
NB-03(オーバルレンズ)

ともに5500円

  • 度付き対応モデル
  • レンズ素材:ポリカーボネート
  • フレーム素材:TR90
  • 重量:28g(実測値)
  • 付属品:サングラスバッグ
  • フレームカラー:NB-02/マットブラック、マットクリア、マットネイビー NB-03/ブラック、アッシュグリーン、アッシュネイビー

 

Kabuto(カブト)とは

日本人のモノ作りを体現するカブト。日本人の頭や耳、鼻などの形状を深く理解し、最適なフィットを提供する。高額モデルも多いサイクリングアイウエアのなかでも、手頃な価格を実現し、広くライダーに提供する。

 

企画協力:オージーケーカブト
www.ogkkabuto.co.jp

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load