BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

レトロと現代の融合がコンセプトの一台「ニューマルキン号」100台限定で発売

シティサイクルブランド「マルキン自転車」から新製品が登場。マルキン自転車 90 年目の歴史を象徴する実用自転車「ニューマルキン号」が100台限定で発売される。以下、プレスリリースより。

マルキン自転車 90 年の歴史を象徴する自転車

マルキン自転車は 1932 年に誕生し、90 年の歴史を持つブランドです。「マルキン自転車ホイのホイのホイ」に代表される CM ソングは一世を風靡しました。昭和の熱気や活気があふれる 1950 年~60 年代に使われていた自転車は実用車と呼ばれ、大きなリアキャリアやデザイン性の高い装飾が特長的でした。業務用で荷物を運搬する用途のほか、紙芝居屋の移動手段など「働く自転車」として日常には欠かせないものとなっていました。

この度発売した「ニューマルキン号」はレトロと現代の融合がコンセプト。当時の実用車が持つ昭和の古き良き時代の面影を残しつつ、現代自転車の技術をふんだんに取り入れています。暗い時に自動点灯する LED オートライトやキーキー音が鳴らないローラーブレーキ、すり減りに強い耐摩耗タイヤなどを盛り込むことで使い勝手のよい自転車に仕上がりました。

マルキン自転車は、高い品質と信頼性を維持し、乗ったときに喜びや楽しさを感じていただけるようなものづくりを心がけてきました。令和という新しい時代に、その長きにわたるマルキン自転車の伝統そのものをカタチにし、これまでの歴史をつくった人々の思いを繋げ、次世代に向けて創造する挑戦を続けてまいります。

ニューマルキン号

希望小売価格 88,000 円(税込) / 80,000 円(税抜)
適応身長 168cm~
サドル最低地上高 91cm
カラー ブラック
タイヤサイズ 26×1-3/8 インチ
ステンレス採用部品 スポーク、リム、ドロヨケステー、ハンドルバー
自転車安全基準 BAA 適合
その他オプション 三年盗難補償
取扱店舗 全国の自転車専門店、大手ホームセンター、家電量販店
http://www.marukin-bicycles.com/news/new-marukin-go.html

 

 

旧型のロゴマークを施したデザイン

乗る人にやさしい大きな座面のクッションサドル

鉄製の平板を使用した骨太でワイドなリアキャリア

マルキン自転車の歴史を象徴する装飾

ムダを省いた流線型のハンドル

すり減りに強い耐摩耗タイヤと1.2mm 肉厚チューブ

暗い時に自動点灯する高寿命な LEDセンターオートライト

停止中も残光機能で後方に存在をアピールできる LED リフレクター

頑丈で盗難防止に効果的なアルミダイカスト後輪錠

 

マルキン自転車の歴史

マルキン自転車は、自転車メーカーの中でも老舗的存在であった「丸金自転車工業株式会社」が製造・販売していたブランドです。1932 年(昭和 7 年)の創業当時から品質面や技術面に情熱を注いで開発されたマルキン自転車は、堅牢な作りが人気を博し、「働く自転車」として日本の高度経済成長期を支えてきましたが、1972 年に池袋にあった本社工場が全焼し、1977 年に廃業。その後、当社(当時の会社名は「ホダカ物産株式会社」)がマルキン自転車ブランドの歴史と伝統を継承し、焼失した自転車事業を再生しました。

1960 年前後に利用されていたマルキン自転車

 

マルキン自転車 公式サイト
http://www.marukin-bicycles.com/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load