BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

U23版ツール・ド・フランスで小出樹が日本人唯一の完走|ツール・ド・ラヴニール

世界29か国の精鋭U23選手達が一堂に集い、9ステージの激闘を繰り広げる”U23版ツール・ド・フランス”『ツール・ド・ラヴニール』が、8月13日から22日までの期間に開催された。

世界中の選手代理人がレース視察に訪れ、ここでステージ優勝をすれば翌年のプロ契約(WT&Pro)への可能性がぐっと高まる事から、選手の必死さ、攻めの激しさでは世界一のレースと云える。過去の優勝者には往年のフェリーチェ・ジモンディ(伊)、ヨープ・ズートメルク(蘭)を筆頭に、ミゲール・インデュライン(西)、ローラン・フィニョン(仏)、そして現世代ではエガン・ベルナル(コロンビア)、タデイ・ポガチャル(スロベニア)などのビッグネームが名を連ねる大会だ。

死闘の末、小出が価値ある完走

ジャパンナショナルチームの6名=左から川崎三織、小出樹、平井光介、山田拓海、蠣崎優仁、留目夕陽

日本からはジャパンナショナルチームとして、川崎三織、小出樹、平井光介、山田拓海、蠣崎優仁、留目夕陽らが参戦した。全9ステージを終え、総合優勝はトビアス・ヨハネッセン(ノルウェイ)。日本人選手は、小出樹が唯一の完走を果たしている。

激戦を生き残り、貴重な完走を果たした小出樹を抱きかかえる(左から)山田拓海、川崎三織、留目夕陽、蠣崎優仁、平井光介。惨敗といえる結果だが、本場の”戦場”を目の当たりにした経験は、日本自転車界の未来への糧となる

 

コースプロフィール、各ステージの詳細はこちら

EQADS公式サイト
https://www.eqads.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load