BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

リムブレーキのブレーキが効かない?! 制動力が復活するメンテナンス&クリーニング方法

ブレーキは安全に走るための大事なパーツだけに、トラブルは避けたいところ。ロードバイクの主流であるリムブレーキは、簡単なチェックとパーツのクリーニングで制動力が復活する。ここではブレーキの効きが悪いときに試したいチェック方法や、ブレーキシュー(ブレーキパッド)やリムのクリーニングを紹介する。

ブレーキキャリパーのクイックリリースレバーを閉める

リムブレーキのブレーキキャリパーには、アームを開くためのクイックリリースレバーが付いている。ホイールを脱着するときは、このレバーを開いてタイヤがブレーキシューに引っかからないようにする。レバーが開きっぱなしだとブレーキが十分に効かない。輪行やパンク修理などでホイールを外した後は、レバーを閉めるのを忘れずに。

ブレーキキャリパーのクイックレバーを閉める。最近のシマノのキャリパーの場合、内側までしっかり閉める
クイックリリースレバーが外向き、下向きになっているときは、ブレーキレバーの遊びが大きくなり、制動力も低下する

ブレーキシュー(ブレーキパッド)の汚れを取る方法

ブレーキシュー(ブレーキパッド)にはリムが削れた金属片、地面から舞い上がった砂利などが埋まってしまう。こうなるとブレーキの効きが悪くなるだけでなく、リムも傷つけてしまう。ブレーキシューを取り外してきれいにしよう。カーボンリム用のブレーキシューも、同じ手順で掃除する。摩耗が進んでいれば、新品に交換だ。

ブレーキシューをホルダーから取り外す。まずはホルダーにブレーキシューを固定しているボルトを2mmのアーレンキーで取り外す。

ブレーキシューを後ろにずらして、ホルダーから引き抜く。「R」の刻印は、右側のブレーキシューであることを示している。

ブレーキシューに埋まった金属片や砂利などを、キリなどでひとつひとつていねいに取り除く。

中性洗剤でブレーキカスをきれいに洗浄する。

400番ぐらいのサンドペーパーで、ブレーキシューの当たり面をペーパーがけして平らにする。

もう一度水洗いしてカスをきれいに落としたら、再びホルダーに装着しよう。もちろん、ブレーキシューが摩耗していたら新品に交換だ。

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load