BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ロードバイクのネジがなめた! 六角ボルトがなめて外れないときの対処法とおすすめの工具

ネジが固まっていたりすると、ネジの頭をなめてしまって取り外せなくなることがある。未然に防ぐには精度の高い工具や正しい使用方法を守ることだが、もしもネジをなめてしまったら、交換するためには古いネジをなんとか取り外す必要がある。1度なめてしまったネジを取り外す方法をプロに聞いてみた。

ケミカルと専用工具を使わずに、ゴムを挟んでなめたネジを外す方法

つぶれてしまったネジを回すのに、まず試したいのが小さく切った古いチューブや、平たい輪ゴムなどをはさんで回す方法だ。摩耗してしまったネジ頭と工具のすきまをゴムが埋めることで、摩擦力を高めネジを外すことができる。ゴムをネジ頭にあてがってから工具を押し込んで、なるべくすきまをなくすのがポイントだ。ネジ頭の工具がかかる角が比較的多く残っている場合に有効な方法といえる。

使わなくなったチューブなどを切って工具の間にはさみ込む。摩擦力を高めるため、少々強引でも工具をしっかりと押し込んで回そう。

市販のネジ外し材を使う方法

ゴムをはさむのと同じ発想なのが市販のネジ外し用ケミカルだ。砂のような粒子が配合されており、ネジ頭と工具のすきまを埋める。ゴムよりも圧倒的に硬い粒子により、摩擦力が大きくなり効果を発揮する。この章のすべてに言えることだが、外したネジは絶対に再利用しないこと。ゆるめる方向に摩耗しているネジでも、締める方向には使えることもあるが、同じトラブルが起こるため、必ず新しいネジを用意する。

ネジ頭に注入してから、通常どおり工具を差し込んで使用する。ネジ頭の摩耗がそれほど進行していない場合にトラブルを回避するのにも使える。

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load