BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

吉井康平が今シーズン初勝利! 年間王座は中林凌大が獲得|JBMXF大東建託シリーズ

一般社団法人全日本BMX連盟(JBMXF)が主催する日本自転車競技連盟(JCF)公認大会、「2020-2021JBMXF 大東建託シリーズ第6戦」が、茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園BMXコースで開催された。新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年と2021年を統合して実施された2年にわたるシーズンもついに最終戦。チャンピオンシップ男子は吉井康平が貫禄の走りで今シーズン初勝利を達成。年間ランキングも発表され、中林凌大が初のタイトルを手にしたほか、6名のシリーズチャンピオンが誕生した。以下、プレスリリースより。

チャンピオンシップ男子

最高峰カテゴリーのチャンピオンシップ男子決勝は、成長著しい若手選手でランキング2位に付ける中林凌大が好スタートからレースをリードし、後方からベテランの吉井康平が追う展開。大きなジャンプが連続するプロセクションを中林がトップで通過するも、次のコーナーで吉井がインに入り、その後のストレートで逆転。最終コーナーをトップで通過した吉井が 2016年以来の勝利を手にした。2位にはフィニッシュライン手前で中林を逆転した深川 匠が入った。

好スタートからトップでプロセクションを通過した中林凌大(217)に対し、吉井康平(55)は次のコーナーで仕掛けるためのライン取りでレースを進めた
プロセクション後のコーナーでインに入る吉井康平(55)。この後のストレート区間で中林の前に出て、トップでフィニッシュした
2016年以来の優勝に喜びを爆発させた吉井康平。「今シーズンは優勝まであと一歩の結果が続いていて、ようやく勝つことができた。中林選手にスタートを先行されたが、このコースはコーナーが大きいため、後方からでもチャンスがあると考えていた。プロセクション後と最終、2つのコーナーを使って前に出る作戦で落ち着いた走りを心がけた。最終コーナー手前で中林選手のラインをふさいだときに勝利を確信した。来シーズンも全力で盛り上げる走りをしていきたい」

チャンピオンシップ男子表彰式

優勝の吉井康平には第22回国営ひたち海浜公園杯が贈られた

リザルト

優勝 吉井康平(秩父BMX協会)
2 位 深川 匠(秩父BMX協会)
3 位 中林凌大(秩父BMX協会)

チャンピオンシップ女子、ガールズ15歳オーバー

チャンピオンシップ女子のエントリーが1名となったため、レースはガールズ15歳オーバーとの混走で行われた。格上のカテゴリーを相手に活躍したのは15歳オーバーの浅見 渚。3ヒートの合計で争われるフォーマットで、浅見はチャンピオンシップの朝比奈綾香を抑え、すべてトップでフィニッシュした。規定により表彰はそれぞれ行われるため、チャンピオンシップ女子は朝比奈綾香が優勝した。

3ヒートすべてで15歳オーバークラスの浅見 渚がトップでフィニッシュした

チャンピオンシップ女子表彰式

チャンピオンシップ女子優勝 朝比奈綾香(関西BMX競技連盟)

ガールズ15歳オーバー表彰式

ガールズ15歳オーバー/(左)優勝 浅見 渚(秩父BMX協会) / (右)2位 山口 雛(神奈川県BMX協会)

チャンピオンシップ&チャレンジ年間表彰

表彰式終了後に2020-2021シーズンのランキング発表および表彰が行われた。表彰対象はチャンピオンシップ男女のほか、年齢別のチャレンジカテゴリー。チャレンジは年齢別の枠を超え、最もポイントを獲得した選手の総合ランキングで、20インチおよび、24インチホイールを使用するクルーザーがそれぞれ対象となる。各カテゴリートップの選手に、記念品のゴールドプレートが贈られた。合わせてチャンピオンシップには賞金、チャレンジにはトロフィーが贈呈された。

全日本BMX連盟オフィシャルパートナーの大東建託取締役で、大東建託未来のアスリート支援プロジェクト事務局の舘正文氏より、各カテゴリートップの選手に特製のゴールドプレートが贈られた

チャンピオンシップ男子は、前戦終了時に 2 位だった中林凌大が本大会で 3 位となり、逆転でシリーズチャンピオンを手にした。

※増田、早川、中井は欠席

2020-2021JBMXF 大東建託シリーズチャンピオンシップ男子年間ランキング

1 位 中林凌大
2 位 庄司佳真
3 位 深川 匠
4 位 吉井康平
5 位 増田優一
6 位 島比加瑠
7 位 早川敦哉
8 位 中井飛馬

2020-2021JBMXF 大東建託シリーズチャンピオンシップ女子年間ランキング

1位 酒井亜樹
2位 瀬古遥加、早川優衣(同ポイントのため2位が2名)
※1位の酒井亜樹が海外遠征後の隔離期間のため欠席したのをはじめ、来場者なしのため発表のみ

チャレンジカテゴリーチャンピオン

左より、澤田茉奈(チャレンジ女子/ガールズ 11-12)、高崎成琉(チャレンジ男子/ボーイズ 9-10)、古家恵美(クルーザー女子/クルーザーガールズ 16 アンダー)、北川大介(クルーザー男子/クルーザー男子 40 オーバー)

 

2020-2021JBMXF 大東建託シリーズ第6戦
東日本2戦 茨城大会 兼 国営ひたち海浜公園杯争奪戦

主催:一般社団法人 全日本BMX連盟 主管:茨城県BMX協会 公認:公益財団法人日本自転車競技連盟
開催場所:国営ひたち海浜公園BMXコース(茨城県ひたちなか市)
開催期日:2021年11月6日(土)~11月7日(日)
後援:茨城県 茨城県教育委員会 茨城県スポーツ協会 ひたちなか市 ひたちなか市教育委員会 ひたちなか市スポーツ協会

 

全日本BMX連盟オフィシャルパートナー

大東建託未来のアスリート支援プロジェクト
https://team-daito.com/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load