BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「rinne バイシクル・アート展」12月9日~12日にWhatineed 代官山スタジオで開催

オーナーの身になって最適なスタイルを追求し、組み立てやカスタムを提案する自転車コンシェルジュ「Whatineed(ワラニー)」が、代官山スタジオをオープン。オープニング・エキシビションとして、海外で人気急上昇中のイラストレーター「rinne(リンネ)」の世界初個展が開催される。以下、プレスリリースより。

Whatineed 代官山スタジオ・オープニング・エキシビション
rinne バイシクル・アート展

オープニング・エキシビションでは、ハンドペイントとプリントイラスト展示・販売を中心に、ピストバイクやグラベルバイク、Whatineed オリジナルプロダクト、取り扱いブランドの商品の展示(一部販売あり)。ポストカード、ステッカー等を販売します。

Whatineedって?

高校生の時から自転車を愛してやまない佐藤真吾(別名:サルサ野郎)は、ロードから始まり、XC、ダウンヒル、ロングテール、シングルスピード、グラベルバイクなど多くのジャンルを経験。
2017年に起こしたブランドがWhatineed。What I Need=「コレぞ欲しかったもの!」を一語にまとめてワラニーと呼びます。バイクパッキングに役立つパーツやバッグなどを開発・販売。口コミで広がっていた「バイクの組み立て・カスタム」等のサービスの展開も年々拡大し、顧客のためにニュートラルな視点に立ったパーツセレクトとマニアック魂を生かした徹底したコダワリがウリです。シングルスピード、バイクパッキング、グラベルバイク、焚き火やランチとライドのミックスなどのマイナー分野が得意領域!

2021年、お客様との濃密な相談をしたり、多目的なイベント用スペースとしてWhatineed代官山スタジオを開設し、次のステージの一歩をスタートしました。

rinneとは?

一番身近な乗り物「自転車」。スポーツ競技としても150年の歴史があり、オリンピック種目であることやツール・ド・フランス は聞いたことあるけど、中身はよく知らない人が多い。そんな自転車の世界を楽しくカッコよく伝えたい、そんなことからスタートしたイラストレーター大野哲郎の新しいプロジェクト「rinne(リンネ)」。Instagramが海外で大人気となり、逆輸入的に日本で初個展開催。

お洒落でユーモラスな髭オヤジ「アンクル・リンネ」が、さまざまな姿で野山を走ったり、時には競輪選手、時にはストリート野郎、時にはヒルクライマーとなって、世界中を駆けまわります。名前の「リンネ」は北欧によく聞く名前だが、由来は仏教の言葉「輪廻」。回るペダル、車輪、回り続けることで進む自転車。輪廻とは、回り続ける世界とその先の世界を表す深い言葉。シンプルな自転車には人生の全てがつまっています。そんなリンネの深い世界を楽しんでください。女の子キャラクター「サラ」もよろしく。

展示予定ブランド/ディーラー

Alternative Bicycles
asobitogear
JACKY
MONORAL BIKES
Pep cycles
RESISTANT
Revel Work Craft
UL Sacks
東京サンエス
(アルファベット順)

開催概要

開催日時:12月9日(水)~12日(日) 11:00~17:30
レセプション:10〜12日、18:00〜20:00(3日間に分けて分散開催)
(展示・レセプション、入場無料)
※レセプションは事前にメールでご予約ください

 

詳細はこちらをチェックしよう。

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load