BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【福岡県・糸島半島】SNSで話題の天使の羽を自転車旅でゲット|今年行ってみたい自転車旅

編集部がおすすめする「今年行ってみたい自転車旅」をピックアップ! 今回は編集部のモチが行く「福岡県・糸島半島」の旅。インスタで話題の糸島半島には“映え”ポイントがいっぱい。おしゃれなカフェから海沿いの牡蠣小屋まで、充実のグルメ&ライドが楽しめる。

牡蠣小屋はサイドメニューが重要!? 前泊して屋台で情報収集!

糸島半島は福岡空港から20kmくらいのところにある。半島は一周50~60kmなので、一日で走れない距離ではない。けれど、東京から向かってインスタポイントで撮影をしながら一日で走るには、少々タイトな気もした。そこで市内に一泊してから、翌早朝から走ることにした。

前夜、屋台KUROチャンで情報収集♪ 糸島半島までは大きな道をひとつズラして走るといいらしいとか、立山で1時間くらい登山ができるとか、地元民からすると牡蠣小屋はサイドメニューが重要だとか……まあまあな情報を得た。

早朝、まだ少し寒いなか出発! 少しケイデンス高めで走った。
大通りから一本ズラすと確かに走りやすい! でも道に迷う! 西に向かって走っているはずが、途中で川に沿って走っていて、いつのまにか大通りに戻されたり、戻ってしまったり(汗)。グーグルマップが必須となった。

牡蠣小屋に着くと、「自転車のお姉さん、牡蠣汁で温まっていって!」との声につられた。牡蠣とうちわエビを頼んだら、牡蠣の殻は弾けるわ、うちわエビは熱さでバッコンバッコン動くわで、かなり手元がワチャワチャとしながらいただきました(笑)。

海沿いを走ることが多いけれど、途中サイクリングロードがあったり、田んぼのあぜ道を走ったり、ヒルクライムしたり、充実したコースだ
桜井二見ヶ浦の白い鳥居。青空に映える

Info

出典

SHARE

PROFILE

もち

Bicycle Club / 編集部員

もち

マウンテンバイクを中心にeバイク、ロードバイク、ミニベロ、ママチャリなど何でも乗る編集者。速くは乗れないけど上手く乗れるようになりたいと思っている。ENSや全日本選手権に参戦するなどを無謀な挑戦をすることもたまにある。2児の母でもある。

もちの記事一覧

マウンテンバイクを中心にeバイク、ロードバイク、ミニベロ、ママチャリなど何でも乗る編集者。速くは乗れないけど上手く乗れるようになりたいと思っている。ENSや全日本選手権に参戦するなどを無謀な挑戦をすることもたまにある。2児の母でもある。

もちの記事一覧

No more pages to load