BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ナショナルサイクルルート「富山湾岸サイクリングコース」をmizuが体験! 

日本を代表し、世界に誇れるサイクリングルートとして2021年5月、ナショナルサイクルルートに指定された富山湾岸サイクリングコース。美しい海岸線とその向こうにそびえたつ立山連峰の絶景を眺めながら富山湾沿いに点在する観光スポットをつなぐ、爽快サイクリングコースだ。フラットなコースで初級者にも走りやすく、グルメや写真撮影も存分に楽しめる。その魅力を確かめるため、mizuさんこと今泉瑞希さんといっしょに、富山を訪れた。

絶景あり、絶品グルメありの「富山湾岸サイクリングコース」

東京から北陸新幹線「かがやき」に乗って2時間ほどで富山駅へ。イメージよりもずっとアクセスのいい富山県。その富山県には、さきごろナショナルサイクリングルートにも指定された、富山湾に沿って走る富山湾岸サイクリングコースと、富山の森・里・山の魅力を楽しめる富山田園サイクリングコースが設定されている。
今回はそのうち、全長約102kmの富山湾岸サイクリングコースをインスタグラマーのmizuさんと走ってみることに。

「私、富山は自転車では初めてなんです。すっごい楽しみ!」と言っていたmizuさん。じつはこの取材の前日に富山入りし、プライベートで走ってしまったほど富山のサイクリングに興味津々だ。

「私、もともと富山が遠いっていうイメージはないんです。新幹線に乗ればあっという間。そしてほかにはない景色のなかで、こんなに素晴らしいサイクリングが楽しめる。サイコーです!」

今回取材も含め実際に走ってみて、コースを案内するブルーラインの多さにも感動したそうだ。

「案内の表示も多いし、とにかく地図を開かずに走れるのがいいですよね。サイクルラックを備えた飲食店や施設も多い。そして驚いたのがサイクルトレインの充実。県全体がサイクリストフレンドリーなのを、すごく感じます」

すっかり富山がお気に入りになったmizuさんといっしょに、その魅力あふれる絶景スポットを巡っていこう。

今泉瑞希:ロングディスタンスのトライアスロンに挑戦中の自転車女子。サイクリングが大好きで、プライベートで全国を走りまわる。ANGEL PROJECT所属。「インスタグラム(mzk_cyc)をぜひフォローしてください!」

まず海越しの立山連峰を見なくちゃ始まらない!

富山湾岸サイクリングコースは、美しい富山湾をぐるっと囲むような形で設定されている。そして富山県が誇る絶景といえば「海越しの立山連峰」だ。そびえたつ北アルプスの山々を、富山湾の青い海の向こうに眺めるその雄大な景観は、息をのむ美しさ。
それが見られるポイントは、富山湾の西側に位置している。だからアクセスポイントの富山駅に着いたら、まずは雨晴や虻ヶ島に直行したい。そしてそこから東に向けて走るのが、富山湾岸サイクリングコースの推奨ルートだ。

そして射水市の新湊エリアを経て、快適なサイクリング専用道をたどって滑川、魚津、入善といったエリアへとハンドルを向ける。
健脚なら一日でコースの最東端であるヒスイ海岸まで行けるだろうが、せっかく富山まで来て、ただ走るだけじゃもったいない。富山湾の新鮮な海の幸をはじめとする、富山の「食」も楽しみたい。

「富山は景色も素晴らしいんだけど、食べ物もすごくおいしい! 富山全体、ぜんぶおいしいです!」と、食いしん坊の(!)mizuさんも富山の食べ物を大絶賛。

またサイクリストにやさしい宿も多くあるので、そこに泊まってのんびりと富山を堪能したい。そして富山駅や新高岡駅など新幹線駅までの帰路は、サイクルトレインをうまく組み合わせると、また違った体験ができて絶対楽しい!

今回掲載した情報を参考にして、富山湾岸サイクリングコースを楽しみつくそう!

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load