BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

【冬の山梨】愛好会メンバーが手掛けた国内最大級のMTBパーク|南アルプス立沼マウンテンバイクパーク

冬を思いっきり遊ぶなら、「山梨県」がダントツでおもしろい! キャンプ、登山、グルメ、温泉など……プレミアムな冬のアクティビティを満喫できるおすすめスポット情報を、FUNQ&YOLOの編集長とスタッフが厳選ピックアップ。まだ行ったことのない人も、いつも行っている人も見逃せない“ホンモノの山梨”を体験しよう。

山梨県のおすすめスポットはこちらからも。
やまなしの冬の観光
その他の情報を見る

コンセプトは“誰でも楽しめるMTBパーク”

2021年11月に誕生した「南アルプス立沼マウンテンバイクパーク」は、“お母さんやお子さんでも誰でも楽しめるMTBパーク”をコンセプトに掲げる国内最大級の一般無料開放マウンテンバイクパーク。日本でのMTBの普及や環境整備などを目的に活動を行う南アルプスマウンテンバイク愛好会のメンバーが、地域の夜祭りの手伝いや清掃活動など、地元民との信頼関係を築き、山梨県有林で初のMTB走行許可を取得。そのメンバーが有志でトレイルを造成しました。

また、トレイル維持管理財源を確保する国内初の試みとして、利用者が自ら金額を決めて課金する任意課金制も導入されており、利用者もこれからのMTBパークを構築していく仲間になることができます。

南アルプス立沼マウンテンバイクパークのおすすめポイント

「距離や難度の異なる8本のトレイルコースはすべて無料で利用でき、パブリックトレイルとしての管理体制も整備されています。さらに山の中の大冒険に子どもたちも大興奮すること間違いなしでしょう。冬でも降雪が少なく、通年利用できるのもうれしいところ。現地の看板のあるQRコード、もしくは事前にホームページから利用登録するだけで、無料で利用できるのも魅力です。ただ、施設維持管理のため「任意課金制」も導入しているので、“また走りたいな”と感じたらぜひ施設の維持に協力したいところです。」

バイシクルクラブ編集長/山口博久
自転車専門メディア『バイシクルクラブ』に携わってきた自転車好き。自身もレース活動を行い、国内トップカテゴリーのレース、全日本選手権ロードレースやシクロクロスに参戦。海外のグランフォンド世界選手権に出場するなど、国内外のレースを経験。ほか、MTBの耐久レースに出た経験もある。

 

南アルプス立沼マウンテンバイクパーク

〒400-0313 山梨県南アルプス市平岡
利用可能日:常時開放
利用可能人数:同時利用最大50名程度
利用対象者:初心者・ファミリーから中級者
※無料(任意課金制)

「南アルプス立沼
マウンテンバイクパーク」
詳細をチェック

山梨県のおすすめスポットはほかにもたくさん。家族と楽しむもよし、一人で気ままに遊ぶもよし。自分だけのイチオシスポットを見つけて、今年の冬を楽しもう。

山梨県のおすすめスポットはこちらからも。
やまなしの冬の観光
その他の情報を見る

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load