BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

オールラウンドに遊べるATB hey joe【新連載 アウトドアな自転車屋CLAMPの世界】

信州伊那にあるアウトドアなサイクルショップCLAMP(クランプ)。完成車の販売だけでなく、アウトドアなテイストのフレームから一台を作ったり、オリジナルフレームを企画したり、古いフレームをリペア&リペイントしたり。そして自分好みに作った一台を近くに広がるフィールドで楽しむ。

そんなクランプの世界観を紹介する連載がスタート! イチオシの自転車や、レストア&リビルドレポート、野遊びスタイルなどなど。

第1回は、乗り手のわがままに応え、オールラウンドに遊べる、推しの日本製フレーム、Grownのhey joeを紹介します!

ジョー・ブリーズをリスペクト

京都に工房を構えるE.B.Sが新たなブランドとして立ち上げたGrown(グロウン)。そこから2020にhey joe(ヘイジョー)が登場。
MTBの源流を世界で初めて制作したJOE BREEZE(ジョー・ブリーズ)。彼にリスペクトの意を示し「どうだこのフレームは!」と呼びかけるかのようなネーミングのフレームです。
E.B.Sで培われた経験を基に、国産スチールパイプのカイセイ022を用いて京都の工房で生産されています。

ありそうでなかったATB

このhey joeはMTBでもグラベルバイクでもないATB(all terrain bike)。どんな地形でも走れる自転車に仕上がりました。
街乗り、ツーリング、グラベル、アドベンチャーとその組み上げ方は自由自在。
他のグラベル、ツーリングバイクとは大きく異なりBBドロップが57mmとマウンテンバイクのようなフレーム設計に。アップダウンが激しく、曲がりくねった道の多い日本のフィールドでの走りを意識し、軽快な操作感を得られるジオメトリーを目指しています。

最大タイヤサイズは27.5×2.3とこちらにもマウンテンバイクらしさを取り入れ、トレイルライドも楽しめる懐の広さを持っています。

フレーム設計のベースは27.5インチですが、広いタイヤクリアランスを生かして700Cで組み付けるのも可能。街乗り、バイクパッキングに便利なセンタースタンド用の台座も付属。フォークを始めフレームの至る所にダボ穴も装備。あると助かる装備もいろいろ備えています。
2022モデルからは前後スルーアクスル、ブレーキはフラットマウントと最新の規格にリファインされました。塗装は防錆処理+マットクリアコートのみ。ハンドメイドならではの質感も楽しめます。

乗り手のこれもしたい、あれもしたいというわがままに大いに応えてくれるフレーム、それがhey joeです!

【SPEC】■フレーム素材:クロモリ(kaisei 022) ■ヘッドパーツ 1-18 ■ボトムブラケット:JIS ■シートクランプ:31.8mm ■シートポスト径:27.2mm ■ブレーキ:フラットマウント ■タイヤ:27.5×2.3 ■O.L.D :100×15mm(F) 142×12mm(R) ■サイズ: L 約172cm〜 ■価格:13万7500(税込) フレーム&フォーク ※CLAMPでは現在Lサイズの在庫あり

CLAMP

https://clamp-bike.com/

 

SHARE

PROFILE

CLAMP

CLAMP

長野県伊那市・松本市にある自転車とアウトドアのショップ。 CLAMPは人と人とが遊びでつながる場所であり、そのために必要な道具やつながりの場を提供します

CLAMPの記事一覧

長野県伊那市・松本市にある自転車とアウトドアのショップ。 CLAMPは人と人とが遊びでつながる場所であり、そのために必要な道具やつながりの場を提供します

CLAMPの記事一覧

No more pages to load