BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

優れた空力性をさらにブラッシュアップ「PROTONE ICON」新登場|KASK

「KASK(カスク)」から新製品が登場。PROTONEの良さを継承しよりシャープでモダンな外観に仕上げた新型ヘルメット「PROTONE ICON(プロトーネ・アイコン)」がラインアップに加わった。以下、プレスリリースより。

新設計のシェルを採用した「PROTONE ICON」

KASKのPROTONEは、5回のツール・ド・フランス、3回のジロ・デ・イタリア、ブエルタの勝利にも貢献しました。
メジャーレースで28回のステージ優勝を支え、トラックレースでは10のタイトル獲得をサポート。オリンピックでは2016年のリオ、記憶に新しいところではTOKYO2020(2021年開催)のロードレース金メダル。このようにPROTONEはじつに多くの勝利に貢献してきたブランドを象徴するモデルです。そのデビューはなんと2014年。当時のTeamSky(現INEOS Grenadirs)のためにKASKが作り上げたものでした。以来、じつに7年間にわたりトッププロが愛用を続けたわけですが、その間ヘルメットの世界でも技術革新が続き、さまざまなメーカーから新製品がリリースされました。それでも選ばれたのは常にPROTONE。これはこのヘルメットが「完成の域」にあったことの証左と言えます。そしていつしか、PROTONEはレーシンングヘルメットの象徴となりました。

もちろん、KASKはそれに満足するブランドではありません。PROTONEに伸びしろを見出し、2022年の春、後継モデルを送り出します。それが“PROTONE ICON”。
KASKが新たなPROTONEに手を入れたのは、エアロダイナミクス、通気性、フィット感、そして安全性。デザインは前作を踏襲したものですがシェルはもちろん新設計。もともと優れた空力性をブラッシュアップして、ベントホールの面積を大きく広げました。これは真上から見ると明らかで「抜けの良さ」が見て取れます。評価の高かった調整システムもオクトフィット+の採用と内部形状の見直しでフィット感も大きく向上。PROTONE ICONの誕生には、前作同様INEOS Grenadirsのリクエストとフィードバックが生かされ、トッププロから選ばれるヘルメットとして、その完成度のステージを上げたのです。もちろん欧州基準WG11をクリアして安全性にもぬかりはありません。

成功したモデルに手を入れることはチャレンジです。KASKは決してやさしくない課題に正面から取り組み、これを克服しました。いや、その答えが出るのはPROTONE ICONが市場から再評価されるか否かでしょう。しかしどんな答えが出ようとも、PROTONE ICONは全てのサイクリストの頭部を護り、完成度を上げたヘルメットはトッププロに更なる勝利をもたらすことは間違いありません。そしてもうひとつ確かなことは、PROTONE の進化は止まらないことです。

PROTONE ICON(プロトーネ・アイコン)

税込小売価格:34,100円
カラー:Black、White、Grey、Red、Light Blue、Black Matt、White Matt、Grey Matt、Blue Matt、Olive Green Matt
サイズ:S(50-56)、M(52-58)、L(59-62)cm
重量:230g(Mサイズ CE EN1078基準)

特徴

・伝説的存在となった前作の特長を継承しつつ、よりシャープでモダンな外観に
・シームレス構造でより洗練されたアウターシェル
・ラバーグリップを配してより調整がしやすく、かつフィット感を高めたOCTOFIT+調節システム
・インナーフレームの形状を見直し強度が向上。万が一の転倒の際にも、シェルの粉砕を防止。
・取り外して洗濯も可能なCoolmax®︎製インナーパッド
・夜間の安全に配慮した後部の大型反射テープ
・ねじれ衝撃に対応する安全基準WG11に合格
・JCF公認予定

カラーバリエーション

問:日直商会
https://www.kask-cycling.jp

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load