BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

⽵内 遼、川⼝うららがアジア競技⼤会選考レースで優勝! MTBシリーズCoupe du Japon菖蒲⾕森林公園

2022年4⽉23、24⽇に兵庫県たつの市で、国内MTB シリーズ戦の開幕戦Coupe du Japon菖蒲⾕森林公園が開催。9⽉に開催される「アジア競技⼤会」の選考レースとなる一戦で⽵内 遼、川⼝うららが優勝した。以下、MTB Pro Cycling Agencyのレポートより。

23日のXCCで2人ともに優勝。良コンデションを確認!

23⽇(⼟)に開催されたクロスカントリーショートトラック(XCC)。翌⽇のXCOのスタート順を決めるレースだが、スタート位置が重要なXCOにとっては非常に重要なレース。男⼦エリートクラスに出場の⽵内 遼は、スタート後から先頭3名が少し抜け出る形となり、その中に⽵内も⼊り積極的な⾛りを⾒せる。

中盤を過ぎたあたりから⽵内が単独抜け出し先頭を⾛る。⽵内⾃⾝の調⼦の良さが確認できる⾛りを⾒せ1位でゴール。⼥⼦エリートクラスに出場の川⼝うららは、男⼦エリートクラスの後⽅からスタートという、⾛りにくい状況の中でも、落ち着いた⾛りをみせライバル選⼿を寄せ付けない⾛りでゴール。両名ともコンディションの良さを確認でき、翌⽇のXCOが⾮常に楽しみな⾛りを披露した。

マッドコンディションの24日XCOでも勝ち、完全優勝達成!

⾬の影響によりコースは前⽇とは、全く違う状況のマッドコンディションに。前⽇のXCCで圧倒的⾛りを披露した川⼝うらら。マッドコンディションになったことで、よりテクニックとバイクコントロールが求められるレースで、川⼝はさらにテクニックが輝く⾛りを披露した。スタートから単独先頭を⾛り積極的な⾛りを披露する。上り、下りでライバル選⼿とは全く違うスピードでクリアしていく。数分前にスタートした男⼦マスターズクラスの選⼿を次々に抜いていく。そして単独となりながらも、プッシュし続けて⼀度も先頭を譲らずゴール。

続いて14時にスタートの男⼦エリートクラス。スタートループと1周⽬こそパックでの⾛⾏となるが、2周⽬からは⽵内が単独先頭に躍り出る。マッドコンディションにより、落⾞やメカトラが相次ぐ中でも、全くミスなくスムースな⾛りで、ライバル選⼿を全く寄せ付けない⾛りを披露する。危なげない⾛りで6周回を⾛りきり1位でゴール。両名ともアジア競技⼤会の選考レースとなった今⼤会で、最⾼なパフォーマンスを発揮しXCC、XCOで1位と完全優勝を達成した。

問:MTB Pro Cycling Agency
https://www.mpcagcy.com/

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load