BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

グループチャット機能搭載、新作GPSサイクルコンピューター「Rider S800」登場|Bryton

「Bryton(ブライトン)」から新製品が登場。厳選されたプレミアム素材を使用し軽量構造で設計された新たなフラッグシップモデル「Rider S800」がラインアップに加わった。屋外でも視認性の高いハイコントラストディスプレイを備えた大型の 3.4 インチカラータッチスクリーンを搭載、最大36時間のバッテリー稼働時間を誇るRider S800には、新機能として最先端のオンデバイスグループチャット機能などのプレミアム機能も搭載される。以下、プレスリリースより。

安全性の向上、音声検索機能による優れた利便性をもつ「Rider S800」

本日、Bryton Inc.は、新しいフラッグシップモデルである Rider S800を正式に発表しました。
この最上位機種発売に際し、これまでのモデルにはなかった新機能、“グループライド機能”や“グループチャット機能”をはじめ、屋外でも視認性が高いハイコントラスト液晶ディスプレイ、高度なナビゲーションやワークアウト機能、スマートトレーナーやバイクレーダーとの連携機能を盛り込みました。
どんなシチュエーションでも、どんなライドのスタイルでも、Rider S800には誰もが楽しめる機能が満載です。

ブライトンCEO、サミュエル・ワンは以下のようにコメントしています。

「この新製品により、ライダーが求めるGPSサイクルコンピューターの役割が広がることを期待しています。
我が社の開発チームはトップライダーやコーチと協力し、選手がライド中に直面する様々な問題を解決してきました。
チームメイトや友だちとライドする時、全員が同じペースで走ることは簡単ではなく、グループから離れてしまった時に、他のメンバーの状況を把握することは容易ではありません。グループのメンバーやコーチとつながりを保つことで、お互いの状況を把握し合ったり、必要な指示を受け取ったりすることが可能になります。
この機能を上位グレードのSシリーズへ導入するにあたり、音声による文字入力が可能なグループチャットなど革新的な機能を盛り込み、ライダー同士がつながり合えることを目指しました。携帯電話で連絡を取り合うために一時停止する必要もなく、安全に通信することができます」

プロライダーが企画したパフォーマンス重視の設計

大型MIPディスプレイ採用

3.4インチの大型ディスプレイを搭載した RiderS800 は、MIP(メモリー・イン・ピクセル)技術と内部反射レイヤーを組み合わせ、画面に影が発生することなく屋外での視認性を向上しました。ボディサイズのほぼ全面に広がる MIPディスプレイは、鮮明で高コントラストの読みやすさと高い画面比を誇り、さまざまな走行データやマップを妥協することなく明瞭に表現します。

最大36時間のバッテリー稼働時間

MIPディスプレイの採用と消費電力を見直し、大型バッテリーを搭載することで、全体的な効率を向上。バッテリーの稼働時間を最大36時間まで伸ばすことに成功しました。マップページを使用しない場合は40時間以上の連続使用が可能です。Rider S800はあらゆる挑戦に対応できるスタミナを備え、外出先でもモバイルバッテリーからの充電で長距離ライドが楽しめます。

道に迷わない機能が充実

音声検索機能

Rider S800はあなたの言葉を理解します! スマートフォンのBryton Activeアプリを経由してインターネットに接続すれば、100以上の言語に対応するGoogle音声検索で行き先を検索できます。タッチスクリーン上のキーボードで入力する必要がなくなり、ライドの途中でどこにいても、より早く直感的に住所やPOI(場所や施設)を見つけることができます。

高度なルート案内機能

Rider S800はフル機能のナビゲーションを搭載。ターンバイターン(方向指示)やルート案内をOSM(オープンストリートマップ)上に表示できます。ナビに加えて、Rider S800はリルート機能や保存済みルートの復路を表示、走ってきた道を引き返すルート案内を行うこともできます。また、アプリと連携してルートを作成、外部のアカウントと同期してルートデータの取り込み、POIや山頂の情報を追加することができます。

クライムチャレンジ

まだ登ったことのない山へ、クライムチャレンジ機能を使って登りましょう。ルート案内に従って走行し、登り坂が近づくと Rider S800は登り坂についての情報を表示します。クライムチャレンジの画面では、複数の登り坂の情報をグラフィック表示でき、鮮明なカラーで区間勾配に応じて色分けし、距離、現在の標高、標高差などをわかりやすく表示します。

あなたの冒険心を解き放つ

ルートエクスプローラ

Rider S800の新機能「ルートエクスプローラ」は、まだ走ったことのないルートを体験できる便利な機能です。走りたい距離を選択するだけで、現在地をスタート・ゴールとするルートを最大3つ生成してルート案内します。まだ走ったことのないルートを通ってスタート地点に戻るルートをRider S800が案内します。

トレーニングをレベルアップ

ワークアウトの概要をグラフィックでわかりやすく表示。閲覧時のズームイン・アウトも手軽にでき、トレーニング強度の調節やTraining Peaksとの連携、回復ワークアウトモードやワークアウト・メモ機能(アプリ使用時)など、新機能が充実。ワークアウトの進捗確認や、目標パワーゾーンの設定など、全てフラフィックでわかりやすく表示されます。同期後にRiderS800に表示されるカレンダーに追加されたワークアウトに加えて、サードパーティのサイトからのワークアウトを「マイワークアウト」に保存して、Bryton Activeアプリから直接編集することもできます。

サイクリングダイナミクス機能をサポート

サイクリングダイナミクス機能をサポートし、パワートレーニングやデータ分析が充実しました。互換性のあるパワーメーターペダルをペアリングした後、Rider S800はシッティング/スタンディング、パワーフェーズ(PP)、プラットフォームセンターオフセット(PCO)、左右バランスなど、静的データとグラフィックデータの両方を大型画面に表示できます。

カスタマイズ可能なクイックステータスメニュー

最も重要なサイクリングデータをワンタッチで表示。クイックステータスメニューは、画面をタップするだけでメーター画面からいつでも表示できます。このメニューは、ラップ情報、稼働中のセンサー情報、走行データなど、最も気になるデータを選択して表示できます。

走っているときもつながっていよう

ライブトラック機能

新しいライブトラック機能を使用して、現在地情報をリアルタイムで友人や家族とシェアできます。スマートフォンから直接共有リンクを生成し、ボタンを押すだけで任意のメッセージアプリと共有できます。ユーザーは、利便性を高めるために、招待電子メールで希望の連絡先に自動送信することもできます。ライブトラック・リンクを使用すると、誰でもWebからフォローして、リアルタイムの位置だけでなく、現在の速度、走行時間、経過時間、距離も表示できます。

グループライド/チャット機能

Rider S800なら友だちとのライドがさらに楽しくなります。Bryton Activeアプリと連携させてルートを設定し、友達をグループに招待しましょう。Rider S800を持っているメンバー同士なら、他のライダーの場所や走行のデータを見ることができ、音声入力でチャットすることもできます。さらにBryton Activeアプリを使えば、グループライドも画面のボタンを押すだけで設定できます。

製品情報

Rider S800

Eセット(基本セット 本体、保護カバー、マウント、ストラップ) /52,800円(税込)
Tセット(上記 Eセットに速度、ケイデンス、心拍の各センサー同梱))/62,700円(税込)
※2022年5月下旬入荷予定

 

Bryton公式サイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x