BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

2022モデルの「エアロード」シリーズを発売、ジロ・デ・イタリアでの活躍にも注目|CANYON

「CANYON(キャニオン)」から新製品が登場。新型アルテグラDi2、新型デュラエースDi2をはじめとする数々のアップデートを獲得した2022モデルの「エアロード」シリーズがラインアップに加わった。以下、プレスリリースより。

数々のアップデートを獲得した、2022モデル「エアロード」シリーズ

次世代レベルのエアロダイナミクス。独創的なステム一体型エアロコクピット。身体能力を引き出す、快適でバランスのとれたジオメトリー。高度な振動吸収性能による快適な乗り心地。そして何より、ただ走らせるだけで湧き上がる気持ち良さ、高い質感の乗り味は、まさに最高傑作と言える完成度です。

マチュー・ファンデルプールのジロ・デ・イタリアにおけるマリアローザ、ロンド・ファン・フラーンデレン優勝、東京五輪におけるアネミク・ファンフルーテンのメダル獲得をはじめとした、世界のキラ星と言えるライダーたちの躍動を支えているのが、エアロードです。

そのエアロードが新型アルテグラDi2、新型デュラエースDi2をはじめとした数々のアップデートを獲得し、いよいよ2022モデルとして発売です。

ハイエンドクラス「エアロード CFR」

石畳の激坂での闘い、ロンド・ファン・フラーンデレンを制したマチュー・ファンデルプール Copyright Canyon

エアロード CFRは空力性能を追求しただけでなく、これまでにCanyonが製造してきたエアロロードバイクの中で、最も軽量化されたモデルです。
次世代のベンチマークとなる空力性能を実現しながら、フレーム全体に超希少な東レM40Xカーボンファイバーを採用し、前世代から170gの軽量化を実現しました。そして、あらゆるロードレースに求められるハンドリング、乗り心地、剛性、耐久性をハイレベルで備えています。CFRクラスは、マチューをはじめとした世界最高峰の選手たちの走りを支える、プロ供給機材なのです。

2022モデルでは、すべての完成車にクラス最高の性能を備えるDT Swiss ARC1100 Dicutを採用。横風への耐性を高める前後で異なる(前輪に50mmハイト、後輪に62mm)リムハイト(Sサイズ以下)となります。タイヤはContinental GP5000Sチューブレスレディタイヤ、Shimano、SRAM完成車にはROTORパワーメーターを標準装備しています。

エアロード CFR ラインアップ

エアロード CFR フレーム&ブレーキキット | Shimano Dura-Ace Di2 | 2.88kg | 519,000円
エアロード CFR eTap | SRAM RED eTap AXS | SRAM Red AXS パワーメーター | 7.42kg | 1,039,000円
エアロード CFR Di2 | Shimano Dura-Ace Di2 | ROTOR ALDHU24 Inspider Aeroパワーメーター | 7.20kg | 1,069,000円
エアロード CFR EPS | Campagnolo Super Record EPS | 7.44kg | 1,099,000円

特徴

・工具ひとつで最大40mmのハンドル幅調整が可能
・ハンドル高は15mm調整・再調整でき、フォークコラムのカットは不要
・外側から見えない2層構造シートポストにより高周波振動を低減、極上の乗り心地を実現
・410mmに短縮したチェーンステー長により、鋭い加速と反応性に優れるハンドリングを獲得
・2XS(158-166cm)から2XL(196-202cm)まで7サイズ展開
・レース用途のため全サイズ700Cホイール採用
・体重の軽いライダーの横風への耐性を高めるため、Sサイズ以下は前輪に50mmハイト、後輪に62mmハイトのホイールを採用。Mサイズ以上は前後62mmハイト
・最大タイヤ幅 32mm
・完成車の前輪にはエアロ性能に秀でる25mm幅、後輪には乗り心地とトラクションに優れる28mm幅のContinental GP5000Sチューブレスレディタイヤを採用。出荷時はチューブ入りのクリンチャー仕様で、別売りのチューブレスバルブとシーラント液によりチューブレス化可能
・Shimano、SRAM完成車にはパワーメーター標準装備
・カラー展開(モデルにより異なります):ウルトラステルス、モビスターチームレプリカ、アルペシン・フェニックスチームレプリカ

エアロード CFR  特設ページ

ミドルクラス「エアロード CF SLX」

一歩進んだ空力性能、驚くべき重量軽減、そしてライダーのポジションに合わせる先進的な調整性能。エアロードCFRと異なるのは使用されるカーボン素材の違いによるフレーム重量のみとなり、ブラインドテストならCFRクラスと見分けるのが困難なほどの高性能を実現した、勝利のためのエアロロードバイク。CF SLXクラスと言えば、プロの要求に応えられるハイグレードクラスなのです。

2022モデルはホットサルサ、ペールグリーンという2つの新色が登場。そして2022エアロードの最注目と言える『エアロード CF SLX 8 Di2』は、新型アルテグラDi2の搭載、4iiiiパワーメーター標準装備、横風への耐性を高める前後で異なる(前輪に50mmハイト、後輪に62mm)リムハイト(Sサイズ以下)、Continental GP5000Sチューブレスレディタイヤの標準装備という充実のアップデートを獲得しています。

ペールグリーン / 写真はエアロード CF SLX 8 Di2 / Sサイズ Copyright Canyon
エアロード CF SLX 2022モデルの新色、ホットサルサ / 写真はエアロード CF SLX 7 eTap / Sサイズ Copyright Canyon

エアロード CF SLX ラインアップ

エアロード CF SLX 7 eTap | SRAM Rival eTap AXS | SRAM Rival AXS パワーメーター | 8.22kg | 579,000円
エアロード CF SLX 8 eTap | SRAM Force eTap AXS | SRAM Force AXS パワーメーター | 8.06kg | 729,000円

 

エアロード CF SLX 8 Di2 | Shimano Ultegra Di2 | 4iiii Precision パワーメーター | 7.76kg | 749,000円

特徴

・工具ひとつで最大40mmのハンドル幅調整が可能
・ハンドル高は15mm調整・再調整でき、フォークコラムのカットは不要
・外側から見えない2層構造シートポストにより高周波振動を低減、極上の乗り心地を実現
・410mmに短縮したチェーンステー長により、鋭い加速と反応性に優れるハンドリングを獲得
・2XS(158-166cm)から2XL(196-202cm)まで7サイズ展開
・レース用途のため全サイズ700Cホイール採用
・体重の軽いライダーの横風への耐性を高めるため、Sサイズ以下は前輪に50mmハイト、後輪に62mmハイトのホイールを採用。Mサイズ以上は前後62mmハイト
・最大タイヤ幅 32mm
・完成車の前輪にはエアロ性能に秀でる25mm幅、後輪には乗り心地とトラクションに優れる28mm幅のContinental GP5000Sチューブレスレディタイヤを採用。出荷時はチューブ入りのクリンチャー仕様で、別売りのチューブレスバルブとシーラント液によりチューブレス化可能
・すべての完成車にパワーメーター標準装備
・カラー展開(モデルにより異なります):ホットサルサ、ペールグリーン、プロホワイト、ステルス

エアロード CF SLX  特設ページ

エントリークラス「エアロード CF SL」

エアロード CF SL 2022モデルの新色、グレーイングレー Copyright Canyon

最先端のエアロ性能を、最も手に入れやすい価格帯と幅広いサイズ展開によって、より多くのライダーへ。エアロのエキスパートであるSwiss Side社とのコラボレーションで生まれたエアロード CF SLは、ハイエンドクラスのエアロードワールド CFRと同じフレームデザインを備えています。これにより、優れたカーボンエンジニアリング、素晴らしいフィット感を、これまで以上に多くのライダーに提供することが可能になりました。

アルペシン・フェニックスチームレプリカ  Copyright Canyon

エアロード CF SL ラインアップ

エアロード CF SL 8 | Shimano Ultegra 11S | 4iiii Precision パワーメーター | 7.82kg | 459,000円

特徴

・外側から見えない2層構造シートポストにより高周波振動を低減、極上の乗り心地を実現
・410mmに短縮したチェーンステー長により、鋭い加速と反応性に優れるハンドリングを獲得
・3XS(152-158cm)から2XL(196-202cm)まで7サイズ展開
・最高のハンドリングとジオメトリーを実現するため、3XSと2XSサイズには650Bホイール、XS以上は700Cホイール採用
・体重の軽いライダーの横風への耐性を高めるため、Sサイズ以下は前輪に50mmハイト、後輪に62mmハイトのホイールを採用。Mサイズ以上は前後62mmハイト
・最大タイヤ幅 32mm
・完成車の前輪にはエアロ性能に秀でる25mm幅、後輪には乗り心地とトラクションに優れる28mm幅のContinental GP5000クリンチャータイヤを採用
・カラー展開:グレーイングレー、アルペシン・フェニックスチームレプリカ

エアロード CF SL 特設ページ

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load