BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

ワールドカップが開幕、女子U23で籔田寿衣が5位入賞|2022 BMXレーシングワールドカップ第1戦

BMXレーシング種目の2022年ワールドカップシーズンが、イギリス・グラスゴーで開幕。シリーズは全8戦で行われ、初戦となる本大会はワールドカップ初開催となるグラスゴーBMXトラックで開催された。以下、プレスリリースより大会レポートをお届けする。

日本チームの開幕戦最高順位は、女子U23籔田寿衣

昨年のワールドカップシーズンは、新設されたUnder23カテゴリーにおいて日本チームは男女ともに活躍し、男子は中井飛馬が8戦中3勝を収めてシリーズチャンピオンを獲得。女子も籔田寿衣がシリーズ3位に入りました。
今シーズンもU23カテゴリーを中心としたメンバー構成とし、日本チームはU23男子2名、女子3名に、東京オリンピック代表であるエリート女子の畠山紗英を加えた計6名での参戦となります。2022年7月に開催される世界選手権フランス大会ではU23カテゴリーが新設されるため、ワールドカップシーズン前半でリズムをつかみ、悲願のタイトル獲得を狙います。

Under23 男子/上位はフランス勢、中井飛馬(日本体育大学)が24位

昨年より新設されたU23カテゴリーだが、昨シーズンを上回る、23カ国より82名の選手が参加。2021年シーズンで初代シリーズチャンピオンを獲得した中井飛馬は、年齢の関係から今年がU23カテゴリー最終年となる。今大会でも好成績が期待され、予選、1/8決勝と順調に通過するも、準々決勝ではスタートで失敗。後方からの追い上げる展開となったが、通貨圏内の4位までは届かず準々決勝敗退。総合24位で初戦を終えた。
決勝は1〜5位までをフランス勢が独占し、選手層の厚さとレベルの高さを見せつけるレースとなった。

PHOTO:Japan Cycling Federation

中井飛馬コメント

昨シーズンの結果からはもちろん、本大会直前に参戦したアメリカでの大会でもエリートクラスで表彰台を獲得していたので、オフシーズンでのトレーニング成果と好調を感じながら本大会へ臨むことができました。
準々決勝でのスタートミスや、終始落ち着かない展開が続き、レースをまとめられなかったことに悔しさが残る初戦となりました。これから長いシーズンが続くので、明日の第2戦でも修正し、良いリズムをつかみたいと思います。

大会結果 男子 Under23

優勝:GOBERT Dylan(フランス)
2位:GAROYAN Leo (フランス)
3位:MARSZALEK Hugo (フランス)
24位:中井飛馬(日本体育大学)
43位:増田優一(大阪体育大学)

Under 23 女子/籔田寿衣(大阪体育大学)が決勝に進み5位に

昨シーズンにおいて1戦ずつ優勝を収めている丹野夏波と、籔田寿衣に加え、国内ジュニア全日本チャンピオンの西村寧々花が参戦予定であったが、西村は前日の公式練習で負傷し今大会は欠場となった。
レースは男子同様にエリートカテゴリーを上回る29名の選手が集まった。丹野、籔田共に予選、準々決勝を勝ち上がり準決勝へ進出。準決勝では丹野がスタートを決め先頭でレースをリードしていたが、コース終盤の第3ストレートのジャンプの着地でバランスを崩しクラッシュ。3位を走行していた籔田は、丹野のクラッシュをかわし、2位で決勝へ駒を進めた。籔田から昨年から5大会連続での決勝進出となる。決勝ではアウトコースからのスタートとなり、第1コーナーを6位で通過。最終コーナーで1名を抜き、5位でレースを終えた。

PHOTO:Japan Cycling Federation

籔田寿衣コメント

久しぶりのヨーロッパでのレースだったため、テクニカルなコースとハイレベルな戦いになると予想していましたが、第一目標としていた決勝まで勝ち進めることができホッとしています。
予選から細かいミスでラップタイムなどに影響が出ていた場面があったため、明日の第2戦ではキレイな1周ができるように修正していきたいと思います。

大会結果 女子 Under23

優勝:SØRENSEN Malene (デンマーク)
2位:SIMPSON Molly(カナダ)
3位:BURFORD Thalya(スイス)
5位:籔田寿衣(大阪体育大学)
16位:丹野夏波(早稲田大学)

エリート 女子/惜しくも準決勝敗退、畠山紗英が10位

東京オリンピック金メダリストをはじめ、強豪勢が集ったエリート女子。日本からは畠山紗英が出場し、全体7位で予選を通過。決勝進出をかけた準決勝では、スタートで両脇の選手に先行され、集団後方からの展開に。通過圏内の4位を狙うも1名届かず準決勝敗退、最終リザルトは全体10位となった。

PHOTO:Japan Cycling Federation

畠山紗英コメント

今年の前半では、アメリカやヨーロッパでのレース参戦してきたので、レース感覚も十分に準備ができていました。長年の課題であったスタートも、直前で自己ベストタイムを更新したため自信を持って現地入りできました。結果としては決勝まで勝ち上がれず、最後の勝負をできなかったので不完全燃焼でしたが、明日も良いスタートを決めて再トライしたいと思います。

大会結果 女子エリート

優勝:SMULDERS Laura (オランダ)
2位:CLAESSENS Zoe (スイス)
3位:BAAUW Judy(オランダ)
10位:畠山紗英

 

2022 UCI BMX レーシング ワールドカップ第 1-2 戦

第1戦 2022年05月28日(土)、第2戦 2022年05月29日(日)
大会会場:イギリス・スコットランド グラスゴーBMX トラック

 

JCF公式サイト
https://jcf.or.jp

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load