BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

北欧ミニマリズムの追求|POC

超級山岳ライドに優位性を見せるPOCの超軽量ヘルメットVentral Air Mips WFとアイウエアElicitのコンビネーションを渋峠でテスト。POCらしいデザインを損なわないミニマリズムの追求に驚嘆する。

息づくPOCのデザイン美学

それとわかるデザインを生み出すことに、世界各国のデザイナーたちは日々苦悩している。プロダクトデザインの領域においては、それが機能美と重なることが必須であることがまた難しい。

POCのヘルメットとサングラスは、すでにロードレースのプロトンの中にシグネチャー的なデザインを持ち込んでいる。ひと目見ればPOCだとわかるデザインは、当初こそ奇抜な印象もあったが、日本人選手も所属するワールドツアーチーム、EFエデュケーション・イージーポストの活躍もあってすっかりおなじみだ。

定番モデルを軽量化

Ventral Liteは、POCの定番ヘルメットの座についたVentralの軽量モデル。安全性が最優先事項となるヘルメットにおいて、既存モデルのさらなる軽量バージョンを生み出すことは、ブランドにとってイノベーションにおける挑戦にほかならない。その造形は極めて先鋭的な仕上がりを見せる。

Mサイズの実測で236g。レギュラーモデルの立ち位置にあるVentral Air Mips WFのMサイズが実測285gであることを考えると大幅な軽量化を達成している。そのためにヘルメット内部の調整機構をワイヤー式にしたり、ライニングパッドの少量化、ストラップが調整機構のない簡易的なものになっていたりと、随所にミニマルな仕様が見てとれる。

手に持っても軽いが、かぶってみるとさらに軽い。WF(アジアンフィット)によるフィット感も素晴らしく、国内メーカーのそれと同等のかぶり心地に驚く。ヘルメット全体の軽量さもあるが、このフィット感の高さがかぶった時の違和感のなさにつながっていると感じた。

クーリング性能は申し分なし。Ventral Air Mips WFと遜色ない。エアホールが大きめにとられているので、ツールチャンピオンのように髪の毛が飛び出してしまう恐れはある。そのあたりのスタイリングにはかぶる際に気を使いたい。

調整機構は簡素化されていると記したが、前後方向をノッチでアジャストできるため、サングラスとの位置関係も、自分に合った場所でフィットさせることができる。当然のことながらPOCサングラスとの相性は良い。

軽量化を果たしつつもこれだけの性能を備えていることを評価したい。とはいえ、改めてレギュラーモデルの立ち位置にあるVentral Air Mips WFとかぶり比べると、さすがにフィット感には差がある。ライニングパッドや調整機構に余裕をもたせているVentral Air Mips WFの方がさらに快適なフィット感だ。

とはいえ、この差であれば私はLiteを選ぶだろう。これからの季節のヒルクライム、あるいはロングライドにこの軽量さは魅力だ。そして何より、POCらしいデザインがそのままにこの性能を備えていることに価値がある。

ヘルメット同様、POCのアイウエアもそれとわかるデザインを誇る。トレンドのビッグレンズを抑えつつ、どこかスノーカルチャーの香りが漂うサングラスは魅力的だ。

ミニマルにしてダイナミックなアイウエア

Elicitもまた、軽量性を念頭に開発されたモデル。トラス構造のフレームが軽量にして充分な剛性を生み出す。カールツァイス製のレンズにはPOCのCLARITYテクノロジーが搭載され、シャープな視野をもたらしてくれる。ミラーレンズながら光量の少ない雨、霧の中でも明るく見えたことは、このレンズがロングライドにも向くことを示している。

ノーズパッドは2種類が付属し、自身の顔の形状に合わせたフィット感を探れる。私は「1」の方が顔を歪めたときにもレンズが頬に触れず、なじむ感触を覚えた。レンズと目の位置も近くなり、風の巻き込みも少なく快適ライドができる。

軽量アイウエアということで、どうしてもヒルクライムが想定されるが、ヨーロッパではパリ〜ルーベの石畳でも使用されており、アイウエアに関しては軽量さと質実剛健さは相反するものではないことを改めて覚えておきたい。とはいえ、前出のVentral Liteとのコンビネーションは、これからの季節のロングライドに使いたくなる、大変に快適なセットアップであったことも改めて記しておきたい。

製品情報

POC Ventral Lite WF
(ポック・ベントラル ライト WF)

価格:38,500円(税込)
重量:S 210g / M 230g
サイズ:S 55-58cm / M 59-62cm
カラー:Uranium Black Matt、Uranium Black/Hydrogen White Matt、Granite Grey Matt

製品ページ

POC Elicit
(ポック・エリシット)

価格:35,200円(税込)
カラー:Hydrogen White、Lemon Calcite Translucent、Actinium Pink Translucent、Uranium Black (Lens:Clarity Define/No Mirror)、Uranium Black (Lens:Violet/Gold Mirror)、Fluorescent Orange Translucent、Fluorescent Orange Translucent

製品ページ

 

問:フルマークス
https://www.fullmarksstore.jp

SHARE

PROFILE

小俣 雄風太

小俣 雄風太

アウトドアスポーツメディアの編集長を経てフリーランスへ。その土地の風土を体感できる方法として釣りと自転車の可能性に魅せられ、現在「バイク&フィッシュ」のジャーナルメディアを製作中。@yufta

小俣 雄風太の記事一覧

アウトドアスポーツメディアの編集長を経てフリーランスへ。その土地の風土を体感できる方法として釣りと自転車の可能性に魅せられ、現在「バイク&フィッシュ」のジャーナルメディアを製作中。@yufta

小俣 雄風太の記事一覧

No more pages to load