BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

短距離では佐藤水菜が個人種目で3冠達成!|全日本トラック

8月26日から29日の4日間にかけて、静岡県伊豆市にある伊豆ベロドロームでトラックレースの全日本選手権(以下、全日本トラック)が開催。
東京2020オリンピック後に脇本雄太(チームブリヂストンサイクリング)らがナショナルチームを離れ、2024年に開催予定のパリオリンピックに向けて世代交代が進んだ短距離ナショナルチーム。
そんな短距離ナショナルチームの選手たちが活躍した、全日本トラックの短距離種目のレポートをお届けする。

世代交代が進んだ短距離ナショナルチーム

昨年開催された東京2020オリンピックに出場した脇本雄太や新田祐大といったこれまでナショナルチームをリードしてきた選手たちがナショナルチームを離れ、小原佑太や寺崎浩平ら若手選手たちが中心となる形で世代交代が進んだ短距離ナショナルチーム。
アジア選手権などで既に結果を出してきている短距離ナショナルチームの選手たちが、各種目でどのような走りを見せるのか注目が集まる全日本トラックとなった。

男子エリート短距離種目ではナショナルチームに所属する選手たちが活躍

男子エリートチームスプリント

大会初日に行われたチームスプリントではDream Seeker Racing Team(長迫吉拓/中野慎詞/小原佑太)が大会記録となる43秒416で優勝。

男子エリートスプリント

大会2日目に行われたスプリントでは予選となる200mFTTで8名が10秒を切るハイレベルな戦いとなり、寺崎浩平(Team Rakuten K Dreams)が昨年に続いて大会2連覇を飾った。

男子エリートケイリン

大会3日目に行われたケイリンではスプリント予選でトップタイムとなった中野慎詞(Dream Seeker Racing Team)が山崎賢人(Team Rakuten K Dreams)を差す形で全日本トラックの個人種目で初優勝を飾った。

男子エリート1kmTT

大会最終日に行われた1kmTTではアジア選手権で同種目を制した小原佑太(Dream Seeker Racing Team)が1分1秒305で優勝。

男子エリート短距離ではナショナルチームで海外遠征を経験するメンバーが活躍する形となった。

女子エリート短距離種目では佐藤水菜が個人種目で3冠達成

女子エリートチームスプリント

大会初日に行われたチームスプリントでは、出場チームが1チームのみとなったためにエキシビジョン扱いとなったものの、ナショナルチームに所属する選手たちで構成されたチームBS+楽天Kドリームス(太田りゆ/佐藤水菜/梅川風子)が日本記録まであと0.108秒まで迫る48秒720の大会新記録を樹立。

女子エリートスプリント

2日目に行われたスプリントでは予選の200mFTTで4名中2名が大会新記録を樹立する中、ケイリンで実績を残す佐藤水菜(Team Rakuten K Dreams)が同種目で初優勝を飾った。

女子エリートケイリン

3日目に行われたケイリンではこの種目を主戦場とする佐藤水菜が力を見せつける形で、こちらも同種目初優勝を飾った。

女子エリート500mTT

4日目に行われた500mTTでも佐藤の勢いは止まらず、34秒918の大会新記録で優勝を飾る。
佐藤はこれで個人種目3冠、チームスプリントも含めれば4冠で、女子エリート短距離種目を完全制覇する形となった。

リザルト

男子エリート

チームスプリント

1位:Dream Seeker Racing Team(長迫吉拓/中野慎詞/小原佑太) 43秒416※1,2
2位:日本大学(三神遼矢/三浦生誠/伊藤京介) 45秒966※1
3位:沖縄県自転車競技連盟(謝花勇哉/新垣快琉/仲原颯志) 48秒697※1
※1. 1位、2位のタイムは決勝の、3位は3-4位決定戦のタイム
※2. 大会新記録

スプリント

1位:寺崎浩平(Team Rakuten K Dreams)
2位:山崎賢人(Team Rakuten K Dreams)
3位:中野慎詞(Dream Seeker Racing Team)

ケイリン

1位:中野慎詞(Dream Seeker Racing Team)
2位:山崎賢人(Team Rakuten K Dreams)
3位:小原佑太(Dream Seeker Racing Team)

1kmTT

1位:小原佑太(Dream Seeker Racing Team) 1分1秒305
2位:新山響平(チームブリヂストンサイクリング) 1分1秒498
3位:深谷知広(Dream Seeker Racing Team) 1分1秒778

女子エリート

チームスプリント(エキシビジョン)

1位:チームBS+楽天Kドリームス(太田りゆ/佐藤水菜/梅川風子) 48秒720※3
※3. 大会新記録

スプリント

1位:佐藤水菜(Tam Rakuten K Dreams)
2位:梅川風子(Tam Rakuten K Dreams)
3位:太田りゆ(チームブリヂストンサイクリング)

ケイリン

1位:佐藤水菜(Tam Rakuten K Dreams)
2位:梅川風子(Tam Rakuten K Dreams)
3位:太田りゆ(チームブリヂストンサイクリング)

500mTT

1位:佐藤水菜(Tam Rakuten K Dreams) 34秒918※4
2位:梅川風子(Tam Rakuten K Dreams) 34秒927※4
3位:太田りゆ(チームブリヂストンサイクリング) 35秒149
※4. 大会新記録

男子ジュニア

スプリント

1位:山崎歩夢(平工業高校)
2位:井出晃太郎(中央大学)
3位:熊谷海飛(静岡北高校)

ケイリン

1位:熊谷海飛(静岡北高校)
2位:青木光琉(興国高校)
3位:岩谷駿之介(堺高校)

1kmTT

1位:山崎歩夢(平工業高校) 1分4秒181
2位:熊谷海飛(静岡北高校) 1分4秒830
3位:藤本 怜(松山学院高校) 1分5秒686

女子ジュニア

スプリント

1位:大野風貴芽(日本体育大学)
2位:田野口佳奈(香川県立高松工芸高校)
3位:濱 彩春(東北高校)

ケイリン

1位:中島 瞳(川越工業高校)
2位:伊藤優里(朝明高校)
3位:田野口佳奈(香川県立高松工芸高校)

500mTT

1位:大野風貴芽(日本体育大学) 36秒759※5
2位:北岡マリア(内灘高校) 36秒962
3位:米田千紘(内灘高校) 37秒425
※5. 大会新記録

パラサイクリング

1kmTT

【MC2-5】
1位:川本翔大(大和産業株式会社) 1分14秒064(係数タイム:1分5秒384)
【MB】
1位:木村和平(楽天ソシオビジネス株式会社)/三浦生誠(日本大学) 1分2秒959※6
※6. 日本新記録・大会新記録

500mTT

【WC2-3】
1位:杉浦佳子(総合メディカル/TEAM EMMA Cycling) 39秒816※7
※7. 日本新記録・大会新記録

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load