BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

JCL第10戦、那須塩原クリテリウムはクレダー・レイモンドが優勝、力強い走りでスプリントを制す

一般社団法人ジャパンサイクルリーグ(以下、JCL)が主催する自転車ロードレース「三菱地所 JCL プロロードレースツアー 2022」の那須塩原クリテリウムが10月23日(日)、栃木県那須塩原市で開催された。1周1.8kmのコースを25周回の45kmで行われたレースはクレダー・レイモンド(Team UKYO SAGAMIHARA)が優勝。2位には宇都宮ブリッツェンの小野寺 玲が入った。
開催地である那須塩原は都心からのアクセスも良く、風光明媚な名所も多いことから観光地として広く親しまれている。この時期では紅葉や温泉を楽しむサイクリストも多く訪れ、サイクルフレンドリーエリアであることも伺える。また、産業では農業や酪農が盛んな地域であり、中でも乳牛の生産量は本州1位。大会の副賞にも那須和牛や牛乳が贈られた。以下、プレスリリースよりレースレポートをお届けする。

少人数のスプリントを制し、クレダー・レイモンドが勝利

栃木県北部を舞台に行われるクリテリウム連戦は2日目を迎える。
昨日は生憎のレースキャンセルとなってしまったが、今日こそは結果を残すべく精鋭たちが意気込む。コースは那須の玄関口である那須塩原駅の西側大通りを大きく区画した周回コースが用いられた。
1.8km×25=45kmとショートコースながらもインターバルのかかる厳しいレースが予想される。約1時間を予定する短時間のレースとなるが、めまぐるしい展開に目が離せないだろう。

スタート前には太鼓のパフォーマンスも行われた
レーススタート

沿道に詰めかけた大勢のサポーターが見守る中レースはスタート。序盤からアタックと追走が繰り返され、選手たちは厳しい表情をみせる。優勝候補選手らも前方で果敢に仕掛けていくなど、まさに「力くらべ」の展開に。

そんな中、レースが動いたのは初回の周回賞である10周目。
年間スプリント賞であるブルージャージを確かなものにしたい宇都宮ブリッツェンの小野寺 玲、阿部嵩之が仕掛けていくと、この動きに数名が反応。山本大喜(KINAN Racing Team)、小石祐馬、クレダー・レイモンド、ダイボール・ベンジャミン(Team UKYO SAGAMIHARA)、西尾勇人(那須ブラーゼン)、孫崎大樹(Sparkle Oita Racing Team)らが続き、8名が集団からの抜け出しに成功した。

残す中間スプリントも全てこのメンバーで争われ、2回目を山本大喜、3回目を西尾勇人が獲得。一方、メイン集団もメンバーを減らしながら懸命に前を追い続ける。

先頭と最大約20秒開いていたタイム差は、3回目の中間スプリントが終わる頃に徐々に収束。残り3周回に差し掛かると、集団は再び一つになり、スプリント勝負の機運となる。集団に3人を残し、数的有利であるTeam UKYO SAGAMIHARAがこの局面の主導権を握った。

ダイボールがファイナルラップをハイペースで牽引すると、最終コーナーをプラデスへと託す。小野寺、孫崎が続くもその背後からクレダーが一気にギヤをかける。そのまま先頭へ出ると最後まで力強くもがき切り、フィニッシュラインを通過。UCIレースで数々の戦績を上げているレース巧者が得意のパターンで勝利を飾った。続く2位には小野寺 玲が続き、地元栃木県の声援に応えた。

優勝 クレダー・レイモンド(Team UKYO SAGAMIHARA)

簡単なレースにはならなかったが、望んでいた結果を得ることができて非常にうれしい。終盤はアタックが何度もかかり、非常に疲れたが、得意としている小集団でのスプリントだったので、自信を持ってスプリントをすることができた。終始よく動いてくれたチームメイトたちにも感謝しています。このレースをもって今シーズンを終えるので、最後にいい結果を残すことができて本当に良かったです。

2位 小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン)

チームメイトが少ない中でのレースだったので、今日は逃げにトライしてみた。その逃げの中ではチームメイトの阿部選手の献身的なアシストには助けられました。最後は集団一つになってからのスプリントでしたけど、去年と同じ2位となってしまいました。しかしたくさんのファンの応援の中で走ることができてうれしかったです。

3位 中島康晴(KINAN Racing Team)

今日はチームの枚数を多く残して最終展開を有利にしていこうと考えていました。しかし結果的には前に強力な選手たちを行かせてしまい、後ろに残ったSparkle Oita Racing Teamらと追う厳しい展開になってしまった。前を捕まえて集団が一つになってからは、良い位置でスプリントへ持ち込めたが、1位、2位の2人が本当に強くて悔しい結果になってしまった。ただ力のある選手たちに続いての3位なので、うれしくもある。

那須塩原クリテリウム リザルト

1位 クレダー レイモンド(Team UKYO SAGAMIHARA)1:02’40”
2位 小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン)st
3位 中島康晴(KINAN Racing Team)+0’01”
4位 孫崎大樹(Sparkle Oita Racing Team)+0’01”
5位 西尾勇人(那須ブラーゼン)+0’02”
6位 プラデス ベンジャミン(Team UKYO SAGAMIHARA)+0’03”
7位 阿曽圭佑(ヴィクトワール広島)+0’03”
8位 沢田桂太郎(Sparkle Oita Racing Team)+0’06”
9位 ダイボール ベンジャミン(Team UKYO SAGAMIHARA)+0’07”
10位 山本大喜 (KINAN Racing Team)+0’13”
※平均速度 43.07km/h

JCL各賞リーダージャージ表彰

イエロージャージ(個人ランキングトップ)

小野寺 玲 宇都宮ブリッツェン

ブルージャージ(スプリント賞)

小野寺 玲 宇都宮ブリッツェン

レッドジャージ (山岳)

アール ネイサン Team UKYO SAGAMIHARA

ホワイトジャージ(新人賞)

渡邊諒馬 VC福岡

地元特別表彰

フードリエ賞(10周回完了時に1位通過)

阿部嵩之 宇都宮ブリッツェン

JAなすの賞(15周回完了時に1位通過)

山本大喜 KINAN Racing Team

栃木県酪農業協同組合賞(20周回完了時に1位通過)

西尾勇人 那須ブラーゼン

大会情報

第10戦 那須塩原クリテリウム

開催日:2022年10月23日(日)
開催地:栃木県那須塩原市
1周1.8km×25周=45km
ツアー主催:一般社団法人ジャパンサイクルリーグ
ツアー運営:株式会社ジャパンサイクルリーグ
ツアー後援:経済産業省、自転車活用推進本部、スポーツ庁
大会主催:3SEEDS株式会社、一般社団法人ジャパンサイクルリーグ

YouTube 配信はこちらから

三菱地所 JCL プロロードレースツアー 2022 第10戦那須塩原クリテリウム

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x