BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

エンデュランスロードをグラベルバイクにカスタム|グラベルバイクの作り方

ディスクのエンデュランスロードならタイヤカスタムでグラベルを走れるように。キホンのグラベルバイク化を紹介!

エンデュランスロードはタイヤを太くできる

Before:ディスクブレーキのエンデュランスロードとしては、初期に登場したフォーカス・パラレーン。オンロード専用として26Cで運用していたが、ここに32Cを導入して、グラベルもオンロードもマルチに走れるマシンにする

多少の荒れた路面の走行も考慮してあり、ロングライドも快適に走れるエンデュランスロード。一般ライダー向けのロードバイクとして、広く普及したタイプだ。
エンデュランスロードは、タイヤ幅を制限しないディスクブレーキが多く、またフレーム自体もある程度太いタイヤ装着を想定しているモデルも多い。もとは28Cぐらいが多いが、32〜35Cぐらいまでのタイヤを履くことができる。
ここにトレッドのあるタイヤをインストールすると、プチグラベルバイクの誕生だ。純グラベルバイクほどの極太タイヤは入らないが、32Cが日本の道路事情にいい塩梅だ。
このエアボリュームがあれば、ダートも迷うことなく走れる。舗装路もぎりぎり軽快なレベルだ。舗装路も自転車が走るエリアはけっこう荒れており、これだけの太さとグリップ力があると、安全マージンが高まり、路面状態に神経を使わずリラックスして走れている自分に気づく。
エンデュランスロードを持っているならグラベルカスタムをオススメする。どこでも行けるこのマルチ感が旅へといざなう。

どこへでも行けるマルチパーパスロードに

After:エンデュランスのポテンシャルを生かし、ぐっと旅寄りになった。パンクリスクも大幅に軽減し、リラックスして走れる。求めていたのはコレだと思った。早くグラベルキングにすればよかった。
日本のダートによくある、整地されたグラベルを走るのがもっとも楽しい一台に
ハンドルはハの字になり、ブラケット上部からブレーキングしやすくなったほか、フロントバッグに干渉しづらくなるというメリットも

グラベルタイヤ32Cをインストール

フレームの設計としては、35Cのタイヤ幅にも対応している。26Cを履いた状態だが、フレームにはかなりのクリアランスが残されているのがわかる。

舗装路もグラベルもマルチに走れる人気タイヤ

グラベル入門からレースまで多くのライダーが推す名グラベルタイヤ「パナレーサー・グラベルキングSS」。タイヤ幅やトレッドパターンなど数多くのラインアップを誇る。今回は32CのSSタイプ、ブラウンを選択。

SSはセミスリックの略で、センターはスリック、サイドはセミブロック。転がり抵抗は少なく、コーナリングや低空気圧時には高いグリップ力を発揮

グラベルバイクのアイコン、フレアハンドルに

下ハンを握ったときに幅広なので安定感が増すフレアハンドル。フレア角25度のオーバル・325を導入。装着するとグッとグラベルバイクっぽくなるアイコンでもある。

 

ハの字のフレアハンドル。もとのハンドルと比べると下の幅がこんなに違う。レバーも斜めになり上から引きやすくなる

最新号ではグラベルバイクの注目モデルをピックアップ

最新の2023年モデルを一気に公開する大特集。各社の注目モデルが出そろったいま、ロードバイクではビアンキのハイパーバイク「Oltre RC」などエアロ全盛時代の最新モデルをインプレッション。グラベルバイクの注目モデルほか、eバイクの新作も紹介。毎年開催される今年の一台を選ぶ「バイクオブザイヤー」情報も掲載。

BiCYCLE CLUB 2023年1月号
購入はコチラから

※この記事はBiCYCLE CLUB[2022年1月号 No.441]からの転載であり、記載の内容は誌面掲載時のままとなっております。

Info

出典

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x