BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

灼熱のヒルクライムが続く第3ステージ、小石が再び総合2位へ|ツアー・オブ・タイ

現在タイで開催中のTour of Thailand(ツアー・オブ・タイ)に参戦しているJCL TEAM UKYO。第3ステージでは総合優勝を狙う小石祐馬選手が7位に、総合順位を3位から2位へとアップさせた。以下、プレスリリースよりレースレポートをお届けする。

総合順位に大きく影響する、勝負の第3ステージ

第3ステージはアユタヤをスタートした後しばらくはフラット、中盤から徐々に上り初めてラスト10kmを境に本格的なヒルクライムとなり標高約800mのカオヤイナショナルパークをゴールするコースレイアウト。この日は総合成績トップのルージャイ バトサイカン選手とは遅れる事43秒差の3位に小石選手がつけているだけに、最後の急勾配のセクターでいかに彼と差をつけてゴールするかがポイントになりました。平坦のコントロールはレイモンド・クレダー選手と岡 篤志選手を中心に、最後の上りをネイサン・アール選手、ベンジャミ・プラデス選手でプロトンの人数を削り小石選手で勝負に出るという作戦でレースに挑みました。

当日の気温はこの3日間で最も蒸し暑い印象、選手たちはレース前に体力を奪われないように細心の注意をして、日焼け止めを塗りスタートラインに並びます。

象の送り出しを受けながら始まったレースは、リアルスタートとほぼ同時に7名が先行、後続から2名がブリッジし9名の先頭集団を構成します。総合順位を脅かさないメンバーという事もありリーダーチームはこれを容認、勢いに乗るリードグループは51km地点のスプリントポイントを7分程の差で通過します。
103km地点のスプリントポイントでは8分以上の差となりこれまで後方はリーダーチームのルージャイがコントロールしてきましたが、ここに岡選手ら数チームがが加わり牽引を開始します。

ところが横風の強い区間でペースが壊れはじめ、牽引を続けるのが岡選手だけになってしまったところでJCL TEAM UKYO全員が先頭に立ちコントロールを開始します。
レースは131. 4km地点の山岳ポイントに差し掛かると先頭グループのフォーメーションが崩れはじめます。この第3ステージから山岳ポイントが設置されていることもあり山岳賞ジャージを狙った動きによりローテーションのリズムを失ってしまったようです。
単独で山頂に現れたのはコリアナショナルのジャング選手、しばらくしてマレーシアナショナルのモハド選手とアルマティ アスタナのクズミン選手が現れます。

残り64km、勝負はこの3名に絞られます。追走するプロトンは岡選手が長くコントロールをする時間が続きますが、6分差を維持するカタチでレースは後半戦へ進行します。
この時点で総合圏外の先行3名、落ちてくる数名を吸収しながら進むプロトンには総合を争うメンバーが固まっていることで、同じレース内にステージ優勝と総合優勝の2つの勝負が掛かった状況になります。

そんな中、小石選手は冷静に水分をとりながら最後の展開に備えているようです。レースは残り15km、上りが徐々に厳しくなると一度スコールの様な雨に見舞われます。選手たちにとってはめぐみの雨、気持ちを入れなおして山岳に突入していきます。

序盤はタイ勢がリードする形で上りに入りましたが、すぐに小石選手が総合成績が近く危険視していたトレンガヌのサインバヤール選手がギヤを掛けると、みるみるプロトンは小さくなり小石選手、プラデス選手ら5名に絞られます。
リーダーのバトサイカン選手が遅れている展開についにプラデス選手のスイッチが入ります。
そのスピードに2名が耐えきれず遅れると、いよいよ小石選手とトレンガヌのサインバヤール選手の一騎打ちになります。

待ち望んだ展開ですが、小石選手の力走にも千切れないサインバヤールはラスト3kmで今度は小石選手を置いて先行しはじめます。ここで救いの手となったのがアール選手とプラデス選手がリードする追走グループ。

小石選手はこの流れに持ち直しラスト1kmでサインバヤール選手を見事に捉えます。しかしこのグループにリーダーのバトサイカン選手が残っていたことでゴールでは彼が総合1位をディフェンディングする結果となりました。
しかし、小石選手も7位に入り総合2位に成績を上げることに成功しました。この戦いの5分前にはほぼ全行程を逃げ切ったアルマティ アスタナのクズミン選手が見事な勝利を飾っており、レースは白熱した二つの展開で盛り上がりました。
そしてチーム一丸となって戦ったJCL TEMA UKYO、総合優勝はこの先の戦いに持ち越されましたが各選手の持ち味が生きた試合となりました。

小石選手コメント

「今日も理想の展開に近い形でレースを運べたのはチームメイトの助けのおかげです。自分としても勝負に賭けた走りだったが一番苦しいところで再度チームに助けられ総合2位に戻ることができました。レースは何があるか分からないし、まだ希望は捨てない。あと3ステージ頑張ります」

清水監督のコメント

「選手たちがチームワークに徹してくれたおかげで総合2位を戻すことができました。非常にシビアな戦いでしたが、選手たちお互いの信頼が最後までレースを動かしました。総合トップのバトサイカン選手の上りの強さは予想以上でした。あと3ステージ、勝負してきます」

第3ステージ リザルト

1 KUZMIN ALMATY ASTANA MOTORS 4:45:43”
2 JANG KORIA NATIONAL +00:57”
3 PARK Keonwoo LX CYCLING +05:03”
7 KOISHI Yuma JCL TEAM UKYO +05:13″
8 PRADES Benjamin JCL TEAM UKYO +05:13

総合順位

1 BATSAIKHAN Tegshbayar 11:20:28”
2 KOISHI Yuma +00:43‟
3 SAINBAYAR Jambaljamts +00:51”

JCL TEAM UKYO 公式サイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load