BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

DHホイール「DEE MAX」がさらに進化! 3シリーズ4モデルに拡充|MAVIC

MAVIC(マヴィック)から新製品が登場。「DEE MAX」の最新作、3シリーズ4モデルが2024年1月に発売となる。以下、プレスリリースより。

「DEE MAX」がさらなる進化を遂げて登場!

近年国内でも人気が高くなっているエンデューロレースをターゲットにした、 MAVICのテクノロジーを集結させた『DEEMAX ENDURO SL』、そして数々の伝説を打ち立てて来た最強のKing of Down Hillホイールの『DEE MAX DH』が、さらなる進化を遂げて登場!
また、MAVICの新たなジャンルへの提案として根強いファンが多いpark rideに対応する最強の耐久性を持たせた『DEE MAX PARK』を追加し、アクティブにGravity rideを楽しむライダーの厳しい要求に応えるための3シリーズをリリース。

最先端の技術を集結した最高峰のホイール

DEE MAX ENDURO SLは、エンデューロ・ワールドシリーズで数々の世界チャンピオンに輝いた『DEE MAX PRO』を継承するモデルで、エンデューロレースに必要な堅実かつダイナミックなライドを実現するための最先端の技術を集結した最高峰のホイール。

新しいリムはフランスマヴィックの工場で製造されており、内幅は今までより2mm広い30mmとなり、高い剛性と最適なタイヤチョイスを実現。最も重要な重量と強度のバランスは、マヴィックのエンジニアが慎重に最適化。MAVICの特許であるISMテクノロジーを採用し、剛性に必要な部分にのみアルミニウムの厚みを残すことでスポークホールの強度を頑丈に保ちながら、その他の部材を極薄に切削する事で最良の剛性と耐久性のバランスを実現している。

新しい幅広のリムインナー形状は、エンデューロやダウンヒルなどに使用するビード剛性の高いタイヤでも取り付けを容易にします。また、FOREテクノロジーにより、アッパーブリッジに穴が開いていないため、リムは完全に密閉されチューブレステープを巻く必要がない。そのため作業性能に優れ、レース当日のタイヤ交換でもチューブレス・セットアップの完璧な気密性が保証される。

また、スポーク折れのトラブルの際には、ディスクローターやカセットスプロケットを取り外すことなく、スポーク交換が簡単に行える。ホイールに付属するスペアスポークで、トレイルサイドでもスポークを交換することもできます。

【DEEMAX ENDURO SL】29 & mullet

価格:120,000円(税抜)
重量:1940g(29in F:905g/R:1035g)

デビュー25周年の「DEE MAX」に記念カラー

Down Hillの世界で最もアイコニックなホイールとして君臨し続けている『DEE MAX』がついにデビュー25周年を迎えた。

この記録的なロングセラーモデルを記念して、最新のテクノロジーに鮮烈なMAVIC Yellowカラーを織り交ぜた『New DEEMAX DH』Limited Editionが29インチ&マレットモデルのラインナップでリリースされます。

トッププロアスリートの意見を取り入れて数々のテストを経て開発されたこのホイールは、ハードコアグラビティーライダー向けに開発された、最も耐久性の高いホイールセットのひとつ。新しいアルミリムは内幅30mmの三角形状で、岩でのハードな着地や大きなコンプレッションまで、あらゆる衝撃を吸収する。

また、幅広のインナーリム形状は、構造的にビードが硬い傾向にあるエンデュランスタイヤやダウンヒルタイヤにおいてもタイヤの取り付けを容易にする効果を持っている。

クラシカルなJベンド・スポーク構造を採用し、28本のスチールスポーク(スポーク長さはすべて同じ)をダブルバテッド&ブレードにすることで、垂直方向への追従性能と強度の完璧なバランスを実現し、アグレッシブなグラビティーライディングの悪条件にも対応する。

ハブには耐久性の高いベアリングを使用し、リアハブには信頼性の高いID360ダブルラチェットシステムを採用。Boost(12×148)またはDH/Superboost(12×157)ハブスペーシングのフレームに対応し、6ボルトのディスクマウントを装備。シマノHG9、XD、マイクロスプラインのフリーホイールボディに対応し、27.5インチ(mullet)と29インチが用意されている。ホイールにはUSTチューブレスバルブ、スペアスポーク、アクセサリーが付属する。

【DEEMAX DH Yellow】29 & 27.5mullet

価格:90,000円(税抜)
重量:2080g(29in F:990g/R:1090g)

垂直方向の追従性能、強度の完璧なバランスを実現

世界屈指の過酷なコースであるFort William World Cupのダウンヒルコースのピンボールセクションに進入するとき、またはエンデューロ・ワールドシリーズの最も過酷なレイアウトの中でブラインドフライトするとき、ホイールの事を考えている暇はない。しかし、Deemaxは大きな衝撃を吸収し、荒れた地形でも完璧に機能するように設計されており、プロライダーだけでなく全てのライダーが自身のトレースするラインに集中して自分の限界に挑戦する事を可能にしてくれる。

トッププロアスリートの意見を取り入れて開発されたDeemaxは、ハードコアグラビティーライダーのために作られた、最も耐久性の高いホイールセットのひとつ。合金リムは内幅30mmの三角形状で、岩からハードな着地、大きなコンプレッションまであらゆる衝撃を吸収する。また、ブラックシールド加工を施すことで、独特の仕上げを施し、衝撃や傷からリムを保護する。28本のスチール・スポーク(スポーク長さはすべて同じ)を使用し、ダブルバテッドとブレードを施したクラシカルなJベンド・スポーク構造を採用することで、垂直方向の追従性能と強度の完璧なバランスを実現し、アグレッシブなグラビティーライディングの悪条件にも対応する。

ハブには耐久性の高いベアリングを採用し、リアハブには信頼性の高いID360ダブルラチェットシステムを採用。

BoostまたはDHハブスペーシングのフレームに対応し、6ボルトのディスクマウントを装備。27.5インチ(mullet)と29インチのシマノHG9、XD、マイクロスプラインのフリーホイールボディに対応。ホイールにはUSTチューブレスバルブ、スペアスポーク、アクセサリーが付属する。

【DEEMAX DH】 29 & 27.5mullet

価格:90,000円(税抜)
重量:2060g(29in F:980g/R:1080g)

機材の耐久性を気にせず、ライドを思う存分楽しみたい人へ

バイクパークで、機材の耐久性を気にせず、自身のライドスタイルで思いっきり楽しみたいと思うのであればDeemax Parkがぴったり。この揺るぎない高耐久のホイールセットは、ライド中の不安要素を減らす事で、最も重要なライディングを心から楽しむことができる。

このホイールを設計する際、エンジニアの目標はただひとつ。
30mm幅のリムは衝撃を吸収しながらも、横方向の剛性を向上させるために三角形の形状を採用。この追従性能の高い高剛性リムにする事で、選んだラインを完璧にコントロールすることができる。そして、幅広のリムインナー形状がパークライド等に使用されるビード剛性の高いタイヤでも取り付けを容易にし、さらにビードフック形状を幅広く設計し、タイヤに対して面で接触するように形状変更されたピンチフラットプロテクション(PFP)は、スネークバイトの際にかかるタイヤへの負荷を20%軽減させました。

32本のJベント・スポークは丈夫でありながら交換が簡単な設計で、オートベアリングプリロード(QRMオート)と、長年の実績を誇るID360ラチェットフリーホイール機構を採用したクラシックハブを組み合わせる事で、メンテナンス性が向上し、不意のサーキットでのトラブルも難なく回避する事ができます。

29″バージョンは、20×110ブースト(アダプターで15×110に変換可能)、12×148フリーホイール(HG、XD、Microspline)、Superboost 12×157(HGのみ)から選択可能。
27.5″バージョンは、20×110ブースト(アダプターで15×110に変換可能)、12×148、Superboost 12×157がある。26″バージョンは、20×110 Boostと12×142のシングルスピードバイク用があります。

【DEEMAX PARK】 29 & 27.5&26

価格:55,000円(税抜)
重量:29in:2513g(F:1185g/R:1328g)、27.5in:2425g(F:1140g/R:1285g)、26in:2232g(F:995g/R:1237g)

MAVIC公式サイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load