BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

フォーミュラ プロとアスピーテ プロに新色「タンカラー」が登場|iRC TIRE

iRC TIREから新製品が登場。ロード用フラッグシップモデル「FORMULA PRO(フォーミュラ プロ)」と「ASPITE PRO(アスピーテ プロ)」に、サイド部分をタンカラー仕様としたモデルが追加された。以下、プレスリリースより。

FORMULA PRO(フォーミュラ プロ)

iRC TIREは2007年、チューブレスタイヤ時代の到来を見越し、世界で2番目、国内メーカーで初となるロード用チューブレスタイヤ「FORMULA PRO TUBELESS」をリリースしました。
発売から17年、フィードバックを漏らさず注ぎ込んだ現行の「第5世代」を2020年にリリース。
第5世代リリース後も、市場ニーズに合わせて製品改良を進めており、フックレスリムに対応した「HL」の発売などのアップデートを進めてまいりました。

そして2024年、お客さまからの多くのご要望を頂いておりました、「タンサイド仕様」として2製品を追加いたします。ピュアチューブレスとして、シーラント不要であり使いやすさに定評のあるオールラウンドモデル「RBCC」、そしてプロチームからの信頼と実績を得ており、チューブレスレディタイヤとして業界内トップクラスの軽量性を誇る「S-LIGHT」の2製品です。
※構造、カラーリング以外の基本仕様は従来のブラックサイドと同等となっています。
※発売開始時期:25C、28Cは即日。30Cは2月中旬を予定。

FORMULA PRO HOOKLESS TUBELESS RBCC

【参考価格】10,010円(税込)
【サイズ・重量】700×25C:275g、700×28C:310g、700×30C:340g

FORMULA PRO HOOKLESS TUBELESS READY S-LIGHT

【参考価格】10,010円(税込)
【サイズ・重量】700×25C:220g、700×28C:255g、700×30C:275g

ASPITE PRO(アスピーテ プロ)

2022年、8年ぶりにフルモデルチェンジを行いリリースした「ASPITE PRO」は、iRCが誇る最高のクリンチャータイヤ。「性能はチューブレス、仕様はクリンチャーが良い」という市場の意見を取り入れ、チューブレスのパイオニアであるiRCの技術力を生かし、「チューブレスに迫る性能のクリンチャータイヤ」として発売。
国内トップチームからのフィードバックを得て、レースでも使用可能である「S-LIGHT」、耐パンク性に定評のあったASPITEブランドの本流である強靭さを継承した「RBCC」をリリースしました。

今回、その2モデルのうち、「ASPITE PRO S-LIGHT」にタンサイドが登場。軽いこぎ出しと転がりにより、レース、サイクリング、ロングライドと多用途に使うことができます。もちろん、iRCの代名詞である「グリップ力」は、コーナリングフォースを最大限に発揮するトレッドパターン・ヘリンボーンにより威力を発揮し、ライダーに安心と安全をもたらします。
※構造、カラーリング以外の基本仕様は従来のブラックサイドと同等となっています。

ASPITE PRO S-LIGHT TAN

【参考価格】8,250円(税込)
【サイズ・重量】700×25C:200g、700×28C:220g、700×30C:245g

iRC TIREサポートチーム「Sparkle Oita Racing Team」

2024シーズン、iRC TIREサポートチームであるSparkle Oita Racing Team に入団した阿曽圭佑選手に、今回WINSPACE のバイクをお借りして撮影させていただいた。
今シーズンはJBCF、アジアツアー、国内UCIレースと2月からシーズンインするとのこと。

阿曽圭佑選手のコメント

「iRC TIREはキナン時代とボンシャンスに所属していたときに使用していました。プロトン内でもそのグリップには定評があり、自分が所属していた頃からは製品がグレードアップしているので、レースで使っていくのが楽しみです! 今はクリンチャーのASPITE、チューブレスのFORMULAと両方試していて、空気圧をいろいろと探っているところです」

阿曽選手へのご声援、よろしくお願い致します。

iRC TIRE公式サイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load