BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

ボーラがついに23mmワイドリム化、カンパニョーロ新型ホイール登場|Campagnolo

イタリアブランド、カンパニョーロのエアロホイールのボーラがフルモデルチェンジ。ボーラといえば30年の歴史を持つエアロホイールだ。最大の特徴はリム内幅が前モデルの19mmから一気に23mmになった点で、リムの高さは35mm、45mm、60mmの3種類がラインアップする。グレードは従来どおりボーラWTOとボーラウルトラWTOの2つがそろう。

リム内幅23mmのワイドリム採用のBORA WTO

今回の最大のポイントは内幅23mmというトレンドのC23 リムを採用した点だ。細いロードタイヤにも、幅広のグラベルタイヤにも対応するワイドリムだ。

さらに詳細は未定だが、メーカー発表データによると風切り抵抗は前モデルと比較して13%減少し、15°の横風では80%減少させるなど、エアロ性能を向上させている。このため横風に対しても強くなり、コントロール性においてより向上することになる。リムの形状は従来どおりのティアドロップ型だ。

また、最高のパフォーマンスと軽量性を実現させた。リムの重量も全モデルと比べ135g軽くなっている。

エアロMO-MAGシステム

スポークをリムのなかに沈ませることで空気抵抗を減らすAERO(エアロ)MO-MAGシステムを採用。ニップルには強化グラスファイバーポリマーシートを採用する。

H.U.L.C.(Handmade Ultra-Light Carbon)採用のリムは、高光沢の鏡のような表面に仕上がっている。これにより表面に塗装を必要としないほど滑らかなため、軽量化にも貢献する。 この高精度なリム仕上げのおかげで、チューブレスタイヤのビードも上げやすく、タイヤの取り外しも容易になっている。

伝統のG3 レーシングジオメトリーは健在

カンパニョーロのホイールといえばといえば独自のG3 レーシング ジオメトリースポークが特徴だ。今回も2:1のスポーク比率でテンションバランスを高めたデザインは継承され、これにより、効率のよいパワー伝達性能を実現している。

さらにボーラウルトラWTOでは7×3の21本のスポーク、ボーラWTOでは8×3の24本のスポークと、スポーク配置が異なることになる。

ボーラウルトラWTO
ボーラWTO

ウルトラグレードではフロントハブがカーボン製に

さらに注目点としてはフロントハブのカーボン化があげられる。従来はアルミ製だったが、数十年におよぶ研究の末、ついにフロントハブをカーボン素材とした。 これによりボーラウルトラWTOではさらに軽くなっている。ベアリングについてはウルトラグレードではCULTを採用。

Bora Ultra WTO

価格:667,700円(税込)

重量

ボーラ ウルトラ WTO 60 1395g
ボーラ ウルトラ WTO 45 1325g
ボーラ ウルトラ WTO 35 1285g

Bora WTO

価格:469,700円(税込)

重量

ボーラWTO 60 1460g
ボーラWTO 45 1405g
ボーラWTO 35 1370g

SPEC
  • リム材質:UD高強度カーボンファイバー
  • タイヤインターフェース:2ウェイフィット
  • タイヤ互換性:チューブレス、チューブレスレディ、クリンチャー
  • 推奨タイヤサイズ:700c、28mm~35mm
  • リム内幅:23mm
  • リム外径幅:26.1mm

 

問:カンパニョーロジャパン
www.campagnolo.com

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load