BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

浜名湖サイクルツーリング2024で絶景&グルメを満喫 |ハマイチ

3月9日、10日に浜名湖サイクルツーリングが開催された。美しい景色とおいしいグルメが詰まった浜名湖を堪能。コースレイアウトも優しく、サイクリストにも、これからサイクリングを楽しみたい方にもおすすめのイベントであった。

浜名湖一周、通称ハマイチ!

海苔の養殖場を背景に出発

3月9日、10日と2日間に分けて開催された『第21回 浜名湖サイクルツーリング』。全日程で3つのコースが設けられ、初日ではフルコース(約75km)・ミドルコース(約60km)が開催された。程よい疲労感としっかりグルメを堪能でき、そして湖を(ほぼ)一周したという満足感を得られるまさにいいとこ取りなミドルコースへ参加した。

波しぶきあがる自転車道

見晴らしの良い浜名湖大橋を渡る

スタート/ゴールとなるボートレース浜名湖をたち、約15km先の舘山寺を目指す。
基本的には道路に記された矢羽根型の標示を伝っていくと浜名湖を周ることができるため、迷う心配はほぼ無い。出発後、早速名所である浜名湖大橋まで到達。朝日を浴び、潮風を受け、開放的な景色を味わうことができる。

地元のライダーいわく、潮位が高い時間は覚悟が必要とのこと

自転車道を伝って橋を渡り終えると、続いて浜松西部の沿岸を進む。ここでは海と自転車道の距離が近く、また満潮時刻が重なったことから、波しぶきが道路まで飛び続ける。浜名湖ならではの手荒な歓迎に参加者は歓声(悲鳴)を上げながら波間をくぐり抜けた。

静かな景色を見せる奥浜名湖エリア

レンタルサイクルも行われており、乗り捨てで利用することも可能

波しぶきエリアを通過後、すぐに舘山寺に到着。
おもてなしステーションとして機能した舘山寺温泉観光協会では、温かいあおさのおみそ汁が振る舞われた。しっかり塩分を補給し、次のポイントを目指すべく、引き続き自転車道へ入り、奥浜名湖エリアに進入していく。

舗装路はきれいでとても走りやすい

自転車道は道幅にゆとりがあり、景色を眺める余裕もある。気に入ったロケーションがあればぜひ足を止めて写真撮影タイムに入ってほしい。
奥浜名湖など入江に沿うエリアはコンパクトで、自分がどの位置を走っているのかを体感的に把握できるのも一興だ。

細江大橋は春になると桜の名所となる

やがて細江町のシンボル、みをつくし橋を渡ると、ステーションにたどり着いた。ここでは銘菓「みそまん」が用意される。

程よい甘味とみその風味、しっとりした薄皮でサイクリングと相性が良かった

休憩もそこそこに次なるポイントへ向かうべく再び細江町へ。プリンス岬に入ると再び湖との距離が近くなる道を走る。自動車道とも離れ、騒音がなく、波の音だけが流れる道が続いた。

プリンス岬のある五味半島は水辺と最も距離が近づく

地域の絶品を味わい、一気にゴールまで

地域の品が使われたお弁当。浜名湖のパワーを借りて浜名湖を走る

さらに走り続けるとおまちかね、3つ目のステーションでランチタイム。地元の食材を使ったお弁当でお腹を満たした。

エネルギーを十分蓄えたところでもう一踏ん張り。気温も暖かくなってきたことも相まって、体がよく動く。
気づけばルート終盤に差し掛かっており、狭い道が連続するエリアへ。大会案内が補助的に出されており、一度も迷うことは無く、ゴールに導かれた。
最終的に時間に余裕を持って到着したが、すでにフルコースを走り終えた参加者も散見される。話を聞くと猪鼻湖奥のみっかびまでのピークはなかなか手応えがあったという。次回参加する際はぜひ挑戦してみたいところ。

各チェックポイントで集めたスタンプをゴールで見せるとおしるこがいただける

その後も続々と参加者がゴールに。途中柑橘類をお土産で購入された方もおり、各々で楽しまれていた様子。個人的には日の出もしくは日の入り時刻に合わせて弁天島の赤鳥居を見ることをおすすめしたい。

気になっていた車体を乗り比べるチャンス

また、イベント会場では大試乗会が行われ、20社以上の車体の試乗ができた。広大なロケーションで心ゆくまで最新の車体を吟味できる。

何度も訪れたくなる浜名湖

浜名湖一周(ハマイチ)の歴史は長く、日本のサイクリング発祥の地と言われている。
古くから親しまれているフルコースにもバリエーションがあるほか、近年は観光もしっかり楽しむことができるハーフコースなども考案されている。
また、当イベントを主催するシクリズムビューローでは、浜名湖のサイクリングをより充実させるための情報が掲載されており、今後も楽しみ方の幅は増え続けるはず。
浜名湖はサイクリングの楽しみ方の懐が広く、ソロでも家族でも友人とでも素晴らしい時間を共有できるだろう。今回の参加を足がかりとして、再び浜名湖の魅力を感じたくなるイベントだった。

大会WEBサイト
https://hamanako-ct.jp/

自転車グッズがもらえるアンケート実施中!

FUNQでは浜名湖の自転車利用に関するアンケートを実施。この記事を見て「行きたいな」と思ったスポットなどありましたら教えてください。アンケートにお答えいただいた方には、抽選ですてきなプレゼントをご用意しております。

■内容:自転車利用に関するアンケート

■募集機関:2024年3月29日(金)~4月20日(土)

■プレゼント当選数:10名さま ※当選者は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

プレゼント内容

耐水フレームバッグ 3名さま

超軽量&極薄組立式アルミソロテーブル 2名さま

サコッシュ 5名さま

 

アンケートはこちら

▼ハマイチの魅力がもっとわかる!「奥浜名湖」記事はこちらから。

浜名湖へ行こう! 奥浜名湖エリアの神秘的な眺めを堪能、透き通った湖水に感激

浜名湖へ行こう! 奥浜名湖エリアの神秘的な眺めを堪能、透き通った湖水に感激

2024年03月27日

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load