BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

PARIS 2024に向けてイタリア代表チームが使用する「BOLIDE F HR」の進化型を発表|PINARELLO

7月に迫ったパリオリンピックに向け、ピナレロがイタリア代表トラックサイクリングチームの機材を発表した。以下、プレスリリースより。

PARIS 2024に向けてBOLIDE F HRを発表。イタリアナショナルチームがBOLIDE F HRの進化形を使用

ピナレロは、男子および女子のイタリアトラックサイクリングチームが2024年パリオリンピックの団体追い抜き競技で勝利することを期待して、その時間記録優勝のBolide F HRの新しい2つのバージョンを発表しました。

現在のオリンピックチャンピオンである男子エンデュランスチームは、この革新的なトラックバイク「Bolide F HR 3D」の3Dプリントされたスカルマロイバージョンを受け取りました。一方、女子エンデュランスアスリートはカスタムカーボンモデル「Bolide HR C」で競います。

Bolide F HR 3Dは、2022年10月8日土曜日にスイスのグレンヒェンで新たな、まだ破られていない基準となる56.792kmを記録し、フィリッポ・ガンナが成功裏に行った時間記録の試みのために初めて開発されました。その翌週、ガンナはUCIトラック世界選手権での海抜0mでの新しい4km個人追い抜き世界記録もこのバイクで樹立し、3分59.636秒で4分の壁を破りました。

同じINEOSグレナディアーズのアスリートであり、チームのパフォーマンスエンジニアであるダン・バイガムも、ガンナよりも2カ月前に以前の最高の時間記録を樹立したときにこのバイクのプロトタイプに乗りました。

Bolide F HR 3Dの特徴

Ground – breaking

Bolide F HR 3Dは、これまでに製造された最初で最速のハイパフォーマンス3Dプリント自転車であり、これらの最新のバージョンは、以下の主要な特徴を保持しています。

AirStreamテクノロジー

アデレード大学と空力研究開発パートナーのNablaFlowとの協力で開発され、ザトウクジラのヒレに見られる突起から着想を得た、独自のエアロノードパターンがシートチューブとシートポストに統合され、ライダーの脚の動きによって生成される複雑な渦を減少させ、空気の流れを改善します。

ボトムブラケットとホイールハブのAirFoilセクション

フロントエリアを減少させるためにより長く、より細くなっています。これらの革新は、UCIが3:1ルールを撤廃し、アスペクト比6:1、さらに8:1の研究結果が元の3:1基準よりもはるかに優れていることを見出したことを利用しています。

狭いフォークとシートステー

最近のエアロフレームデザインのトレンドでは、バイクとライダーの全体的なドラッグを減らすために幅広いフォークとシートステーにシフトしています。しかし、この分野での私たちの研究は結論が出ませんでした。したがって、より信頼性の高い狭いフォークとシートステーの組み合わせを採用し、フレームの重量を最小限に抑えてより速い結果を得ることにしました。

最適化されたハンドルバーのジオメトリー

ライダーとバイクの合計ドラッグを最小化するために、複数回のコンピューター流体力学(CFD)テストの結果として達成されました。再び、私たちはNablaFlowと協力して、彼らのAeroCloudソフトウェアを使用した無数のシミュレーションを行い、最も効率的なデザインを決定しました。

最先端の3Dプリント技術

2015年以来、Pinarelloは3D自転車印刷技術の先駆者であり、Bolide F HR 3Dの革新的な設計を開発するために数え切れない時間を費やしてきました。各フレームは、フロントトライアングルがシートとチェーンステーに加えて3つの部品から成る、たった5つの部品で構成されています。

男性モデルにはスカルマロイという合金が選ばれました。その特性により、男性アスリートが生み出す増加した力と速度に優れた性能を発揮できます。一方、軽量なカーボン製のBolide F HR Cモデルは、女性アスリートが最速の時間でスピードを上げるのに役立ちます。

両モデルとも、元のBolide F HR 3Dと同じジオメトリーと寸法を共有しており、3つの標準フレームサイズで利用可能です。各モデルはUCIによってチェックされ、承認されており、一般の方や他のチームも購入できます。

新しく開発されたハンドルバーとエクステンションは、正確な位置決めと最適なエアロ効果を可能にします。(※日本国内での価格については未確定)

試された技術

フレームとハンドルバーは、イタリア代表チームが2023年のUCIトラック世界選手権で初めて競技に使用し、さらにモンテキアーリのトレーニング拠点でテストされました。チームは合計12台のバイクを受け取り、専用のブルーカラーウェイでレースに出場します。イタリアチーム以外では、それぞれブラックチタンとカーボンブラックのカラーが利用可能です。

ファウスト・ピナレロは、「象徴的なイタリアのブランドとして、私たちはイタリアのトラックチームと協力できて誇りに思います。彼らも私たちと同様に、運動パフォーマンスの限界を常に押し上げています」。

私たちは男性選手のために6台の3Dプリントされたスカルマロイバイクと、女性選手(3つの異なるサイズの金型を含む)のために6台のカーボンファイバーバージョンを製造するために多額の投資を行っています。私たちの希望は、男性が今夏トラックでオリンピックのタイトルを守り、私たちの超強力な女性チームも金メダル獲得のためのクエストで成功することです。私たちは彼らに最高のチャンスを与えるためにできる限りのことをしました」。

イタリアトラックチームのパフォーマンスディレクター、マルコ・ヴィラは、「過去30年間、Pinarelloとの非常に成功したパートナーシップを楽しんできました。彼らは再び、私たちに世界クラスの最先端の2台のバイクを提供してくれました。これにより、私たちのチームパーシュートアスリートにはパリで金メダルを目指す素晴らしい機会が与えられます」と述べました。

問:ピナレロジャパン https://www.riogrande.co.jp/pinarello/

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load