話題のSUP(サップ)って知ってる? スタンドアップパドルボードで旅はもっと楽しくなる

スタンドアップパドル、通称SUP(エス・ユー・ピー、サップ)が流行の兆しをみせている。水辺をゆっくり散策するもよし、アクティブに波に乗るもよし、釣りや、はたまた水上でヨガまで。水辺での遊びの幅をグンっと広げてくれるSUPの良さはまさにそこで、遊ぶ人によって様々な使い方ができる。

大人から子どもまで一緒に遊べるから、家族の笑顔も増える!

大石一家|【話題のSUPって知ってる?】スタンドアップパドルがあれば旅はもっと楽しくなる【アウトドア】 鎌倉の海辺に暮らす大石一家にとって、SUPは日常生活の一部。久しぶりの家族旅行に選んだ富士五湖・西湖はカヤックや釣りなど様々なアクティビティが楽しめる場所だ。何度も訪れたことのある場所でも、SUPで水上から眺めると違う景色が楽しめる。のんびり家族だけの会話を交わしたり、ときには透き通った湖面に映る魚に大はしゃぎ。「『楽しい、帰りたくない!』、そのひと言を聞くだけでSUPをやっていて心から良かったと思う」と大石さん。大人だけではなく、子どもも一緒に家族みんなで楽しめるのもSUPの大きな魅力である。

SUPをやってみたいけど、どうやって始めればいいの?

『Holyday』|【話題のSUPって知ってる?】スタンドアップパドルがあれば旅はもっと楽しくなる SUPって面白そう、と思っていてもいざ始めるとなるとどこから手をつけていいものやら……。道具は何を揃えればいいのか? 乗り方は? 海岸や湖などSUPを安全に楽しめる場所は? そんなときはまず、海辺や湖畔などの関連ショップで話を聞くのが手っ取り早い。そこで開催している体験レッスンなどを受けてみるのもいいだろう。

また、手軽に体験するならアウトドアシーズンに向けて各地で開催されるイベントも要チェック。5月30日(土)~31日(日)に横浜・赤レンガ倉庫で行われる『Holyday 2015』(公式Facebookで情報更新中)では、SUPをはじめとするマリンスポーツ、サイクリングやランニングなど、アウトドア関連のアクティビティやブースが一堂に会す。きっと、休日をもっと楽しく、アクティブに過ごすためのヒントが見つかるだろう。
(K)

SHARE

PROFILE

BLADES(ブレード) 編集部

BLADES(ブレード) 編集部

『NALU』の連載から単独発行となった、 SUP専門の定期刊行マガジン。フィールドを選ばないSUPの楽しみ方から、カルチャーにいたるまで、充実したコンテンツを発信する。

BLADES(ブレード) 編集部の記事一覧

『NALU』の連載から単独発行となった、 SUP専門の定期刊行マガジン。フィールドを選ばないSUPの楽しみ方から、カルチャーにいたるまで、充実したコンテンツを発信する。

BLADES(ブレード) 編集部の記事一覧

No more pages to load