BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ゴルフマナーとルールの基本。ラウンドデビュー前に覚えてスマートゴルファーを目指そう!

どんなに良いスコアで回ったとしても、マナーが良くない人は好かれないもの。最低限のマナーやエチケットを覚えて、スマートなゴルファーになろう!

カレン
ゴルフを始めて1年足らずだが、ベストスコアは90でドライバーの飛距離は200ヤードを超える。楽しくプレーするのがモットー。

コウジ
千葉県や茨城県でラウンドレッスンを中心に活動するティーチングプロ。テクニックだけでなく、マナーやルールにも精通している。

マナーやルールを覚えればもっとゴルフが楽しくなる!

コウジ ゴルフは、ナイスショットを打つことや良いスコアでプレーすることも大事だけど、それ以上にマナーやエチケットを重んじるスポーツです。

カレン 始めたばかりの頃は覚えることが多くて、ちょっと大変でした。ただでさえ、なかなかうまく打てなくて、打ったらミスして走って、またミスして走る。その繰り返しって感じでしたから(笑)

コウジ 急ぐ意識があるのは素晴らしいことだと思う。どんなにミスをしても、実際にボールを打っている時間は数秒足らず。ショット以外の準備や移動の部分をスピーディに進めれば、ビギナーだって「プレーファスト」は十分に可能だよ。

カレン たしかにそうですね。逆に、上手な人でもプレーが遅い人っていますもんね。あと、必要以上に大きな声を出したり、調子が悪いと不機嫌になったり、そういうのはスマートじゃないと思います。

コウジ その通りだね。だからこそ、ビギナーのうちからマナーには気を配ってほしいし、ちょっと難しく思えるルールにも興味をもってほしい。

カレン ルールやマナーに精通しているゴルファーってカッコイイですよ。そういう人は、たとえスコアが良くなくても周囲から一目置かれる存在だと思いますし、また一緒にプレーしたいと思います。

コウジ ゴルフのルールは数年おきに改正されているんだけど、2019年に行われたルール改正でかなり大幅な変更が加えられたことは知っているよね?

カレン 覚えきれません(笑)

コウジ まあまあ、そう言わずに(笑)。新ルールでは、バンカー内からボールをピックアップして出せるようになったり、ピンを立てたままパッティングできるようになったりと、初心者にとってメリットが大きい内容も多く含まれているので、ぜひ覚えてほしい。とはいえ、あまり難しく考えるのはよくないので、プレーをする中で少しずつ覚えていけば良いと思います。

少しずつ覚えよう!

カレン そうですね。ルールはもちろんだけど、マナーやエチケットもしっかり覚えて、脱ビギナーを目指しましょう!

目指せ脱ビギナー!

ルール&マナー1:スタートホールのティショットを打つ順番を決める

スタートホールのティーイングエリア周辺には、打つ順番を決めるための棒が用意されているので活用しよう。1本から4本までの線が刻まれており、1本線の棒を引いた人が1番目、2本線の棒を引いた人が2番目……という具合に決める仕組みだ。

必ずしも棒を使う必要はないので、ジャンケンなどで決めてももちろんOKだ。

ルール&マナー2:ボールとティを一緒に持ってティアップ

ティアップする所作が美しいとそれだけでスマートに見えるもの。ボールを握り、人差し指と中指の間にティを挟んで、芝へ押し込むようにするのがおすすめ。

ティアップの良い例
ティアップの悪い例

ルール&マナー3:使うボールのブランドや番号を確認する

誤球を防ぐためにも、スタート前にそれぞれが使うボールのブランドや番号を確認しておこう。「ブリヂストンの4番です」という具合に申告しよう。

ルール&マナー4:打つ前のポジションと打った後の掛け声をおぼえる

同伴プレーヤーがティショットを打っている間は、ティーイングエリアの周囲で待機しよう。自分の順番が来てからあわてることがないように、使用するクラブやボール、ティなどを用意しておくこと。他のプレーヤーが打っている時は音を立てないのもマナーだ。

打っているプレーヤーの視界に入る場所、とくに後方に立つのはマナー違反なので注意しよう。

同伴プレーヤーが良いショットを打った時は「ナイスショット!」と声をかけよう。打球がとなりのホールへ行った時は、「フォアー!」と声を出して、となりのホールのプレーヤーに注意を促そう。

ルール&マナー5:クラブを複数本用意して2打目地点へ向かう

ティーイングエリアから2打目付近に移動したら、おおよその残り距離を見て、使いそうなクラブを複数本用意したうえで自分のボールがある場所へ向かおう。特にミスショットが多い初心者のうちは、ユーティリティとアイアン2本など用意するクラブを決めておくと良い。

ルール&マナー6:グリーンまでの残り距離を把握する

多くのゴルフ場には3本線でグリーンまでの残り距離を示す杭がある。これを目安に、自分のボールからグリーンまでの距離を判断して使うクラブを決めよう。

のこり200Y
のこり150Y
のこり100Y

コース内にあるマンホールやスプリンクラーに、グリーンまでの残り距離が表示してある場合もあるので、参考にしよう。

ルール&マナー7:ショットの準備ができた人から打ってOK

2打目以降は、ホールから遠い人が先に打つのが原則だ。しかし、その通りに打たなくても問題はないので、安全を確認しながら用意ができた人から打つことでプレーの進行がスムーズになることを覚えておこう。

「お先に!」「どうぞ!」声をかけあってスムーズなプレイ。

レーザー距離計があれば目標までの距離が一発でわかる!

レーザー距離計を使えば、目標までの正確な距離を測ることができる。グリーンまでの距離はもちろん、バンカーや池までの距離を知る上でも便利だ。

様々なレーザー距離計があるが、最初は軽量コンパクトなモデルがおすすめ。

ルール&マナー8:ボールが見つからない時は一緒に探す

ボールが林やラフに入って見つからない時は、同組のプレーヤーみんなで探したほうが早く見つかる。ただし、一回のボール探しに使える時間は上限3分と決まっているので注意しよう。

ルール&マナー9:ショットで芝を削った時は目土をしておく

ショットをした時に芝が削れてしまった場合は、すぐに目土をしておこう。そうすることで芝の回復を促すことができる。目土とスコップは、乗用カートに備えてある場合が多い。

ルール&マナー10:カート道路にボールが止まった時はどうする?

カート道路の上にボールが止まった時は、罰打なしで動かすことができる。もちろん、そのまま打つこともできるのだが、クラブが損傷する可能性が高いので避けよう。ボールの動かし方は以下の説明を参照。

このままでは打てない!

打てる場所にボールを移動できるルールがある!

構えた時のスタンスがカート道路やマンホールにかかる場合、罰打なしでボールを動かすことができる。

手順1

グリーンに近付くことなく、現状のボール位置に最も近くでボールが打てる場所「ニヤレストポイント」を見つけて、ティなどでマークする。

手順2

ニヤレストポイントからクラブ1本分の長さの範囲内で、かつグリーンに近付かない場所にピックアップしたボールを移動することができる。

手順3

まっすぐに立ち、ボールをヒザの高さから落とす。以前は肩の高さからドロップしていたが、2019年のルール変更でヒザの高さになった。

手順4

うまくドロップできたら、そこからボールを打つ。ボールが止まった場所のライが悪くても、そのまま打たなければならないので注意しよう。

 ルール&マナー11:アプローチをする時はパターを持っていく

グリーンの近くまでボールを運んだら、アプローチ用のクラブと一緒にパターも持っていくようにしよう。そのほうがプレー時間が短縮されるし、場合によってはパターで転がして寄せられるケースもある。

ルール&マナー12:バンカーから打つ時に覚えておきたいこと

バンカーはなるべく低い場所から入るのがマナー。高い場所から飛び降りるように入ると砂が崩れてしまう。また、構えた時にクラブヘッドを砂につけるとペナルティになるので注意しよう。

良い例
悪い例:クラブヘッドを砂につけるのはNG

脱出する自信がない時は?

2打を加えれば、バンカーの後方にボールをドロップして出すことができるので、状況に応じて活用しよう。

打ち終わったら?

バンカーショットをした後は、備え付けのレーキを使って打った跡や足跡を平らにならしておこう。

ルール&マナー13:グリーン上のボールはマークしてピックアップできる

同伴プレーヤーのパッティングライン上に自分のボールがある時や、ボールの汚れを拭きたい時などはマークしてピックアップしよう。

カップから見てボールのすぐ後方にマークする。この状態にしてから、ボールをピックアップする。
ほとんどのゴルフ場には押しピン型のマークが用意されているので、スタート前にもらっておこう。

ルール&マナー14:グリーン上のボールマークは修復しておこう

グリーンにボールが落下した時にできるボールマークは、プレーヤー自身がグリーンフォークを使って修復する。やり方は下記イラストを参照。

ボールマークの直し方

下から持ち上げるのではなく、周りの芝を凹んだ部分の上からかぶせるように直すのが、正しいボールマークの直し方。

フォークの形状からして、てこの原理を利用して凹んだ部分を上に持ち上げてしまう人が多いのだが、このやり方は間違い。

 

ルール&マナー15:ピンを立てたまま打ってOK

2019年のルール改正で、ピンを立てたままパッティングできるようになった。ターゲットが明確になるので、初心者にはおすすめ。

ピンを抜き差しする時間がなくなると、プレー時間の短縮にもつながるので、積極的に取り入れたい。

ルール&マナー16:スコアカードの記入は移動してから!

グリーンの近くでスコアカードを記入していると、後続組のプレーの妨げになる。次のホールへ移動してから、またはその途中で記入しよう。

ティグラウンドからティーイングエリアへ

カレン スタートホールのティショットって緊張します。後続の組のプレーヤーが見ている時なんて、「ミスしたら恥ずかしい!」って思っちゃう。

コウジ 朝イチのショットはプロだって緊張するものだよ。打ってみないとその日の調子はわからないからね。ビギナーの場合はなおさらだと思うけど、難しく考えすぎずに、気軽な気持ちでプレーしてほしいね。

カレン そういえば、2019年からティグラウンドって言わなくなったんですよね?

コウジ そう、ルール改正があって「ティーイングエリア」に変わったんだ。まあ、しばらくはティグラウンドと呼ぶ人のほうが多そうだけどね。

カレン あの打つ順番をくじで決める棒なんですけど、私、皆さんに引いてもらう係を率先してやるようにしています。だって、「残り物には福がある」って言うじゃないですか(笑)

乗用カートに乗る?乗らない?

コウジ カレンちゃんは「プレーファスト」ってフレーズを聞いたことがあるかな?

カレン はい。プレーを速くするって意味ですよね。

コウジ そう。だからといってスピード重視でプレーしろというわけじゃなくて、ちょっとした工夫や気配りでプレーは速くできるんだよね。

カレン 私は乗用カートの使い方がポイントだと思ってます。一打ごとにカートまで戻ってクラブを交換したり、次打地点まで移動する人っているじゃないですか。あれをやると全体の進行が遅くなりますよね。

コウジ その通り!だから、自分のボールへ向かう時はあらかじめ複数本のクラブを持っていくとか、用意ができた人から打っていくとか、みんながそういう意識をもってほしいね。

カレン 私はあまりカートには乗らないです。だって、歩いたほうがダイエットになる(笑)

00「プレー時間の短縮になります」

ルールを知っていると得することも多い

カレン それにしても、ゴルフのルールって難しいですよね。

コウジ たしかに(笑)。正直なところ、ビギナーがそのすべてを覚えるのは難しい。というか、ある程度ゴルフをやっている人でもルールについては曖昧な場合も多いからね。

カレン しかも、2019年のルール改正でいろいろ変わったんですよね。ますますややこしくなった気が(笑)

コウジ そう言わずに、まずはよく使うルールから少しずつ覚えていってほしいな。ルールを知っていると、プレーが有利になることも多いんだよ。例えば、カート道路にボールが止まった場合などに罰打なしで動かせるのもそうだし、新ルールでは2打を加えればバンカーからボールを出すこともできるようになったからね。

カレン 上手に活用すれば得することもあるんですね。もっとルールを勉強します!

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load