BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

ドレスコードの無いゴルフ場で、「Tシャツ」を着よう

「Tシャツゴルフ」が可能なゴルフ場が存在する!

EVEN若手編集部員のオータケです。

ゴルフを本格的に始めてから、4年ほど。始めたての頃は、「ドレスコードって何のためにあるんだろう」。と思っていた。それが伝統であり、ゴルフ場の決まりだから。と教えられても、どうしても腑に落ちなかったのだ。しかし、今ではドレスコードが必要な意味も何となく分かってきた。

僕なりの解釈だが、“特別感”にあるのではないだろうか。ゴルフ場はマナーやエチケットが重んじられる場所。最初は緊張してしまうが、慣れてくるとそれが心地良いというか、いつもとは違う非日常感を味わえる。そのような雰囲気を作り上げるために、エチケットやマナーが必要で、その中にドレスコードもあるのだと。だから、みんなで守らなければならない。

それに、ジャケットを着てゴルフ場に向かい、ゴルフウエアに着替えてコースに出ると、気分が高まって、「よし、やるぞ!」という気持ちにもなる。僕は最近のテレワーク続きで、起きている時でもスウェットを着ているため、仕事のスイッチが全く入らず、書くべき原稿が溜まりに溜まっている。やはり、服装は大切ですね。(お前の場合はそういう問題じゃない。と言われそうだが)。

ただ一方で、ゆとり世代のアマチュアゴルファーの立場を代表して言わせて頂くと、「ゴルフもボーリングとかダーツみたいにお気楽な方が楽しくね?いちいち襟付きとか固い事言わずに、Tシャツでいいじゃん」。実際ゴルフの敷居が下がって気軽に行けるようになれば、若者も増える気がする。

僕が初めてアメリカ取材に行った時、Tシャツに短パン、サンダルでゴルフ場に来る人を見た。アメリカ人にとってゴルフは日本よりもっともっと身近なもの。住宅街の中にあるゴルフ場も多く、ラウンドしなくても練習場を使うことができて、基本はスループレー。だから、練習のためだけに来る人、午後からサラッとラウンドする人、レストランを使うだけの人だっている。

アメリカには、そのようなパブリックのゴルフ場もあれば、高級なゴルフ場もあり、後者ではドレスコードもしっかりとある。前置きが長くなったが、何が言いたいのかと言うと、日本もアメリカと同じように気軽に行けるゴルフ場と、“特別感”を味わえるゴルフ場を分ければ良いと思うのだ。

日本でドレスコードの全く無いゴルフ場など聞いたことがなかったが、探してみると、あった。「ベルビュー長尾ゴルフ俱楽部」。ここは、スループレーのみのアメリカンスタイルの営業が特徴。TシャツやジーンズでのプレーもOK。もちろん来場時の服装だって自由。

Tシャツに短パン、サクッとプレーして帰る。これは想像するだけでもラクだ。もう少し暖かくなってきたら、そんなリラックスゴルフを体感しに行こうと思う。しかし、忘れてはいけないのは、リラックスしていても騒ぎすぎたり、人様に迷惑をかけたり、ゴルフ場を荒らしたりするのはNG。それはモラルの問題で、ボーリングだってビリヤードだって同じだ。

ベルビュー長尾ゴルフ俱楽部

静岡県御殿場市にあり、都内から1時間半ほどで行ける。雄大な富士と駿河湾を見下ろす眺望も魅力。

こんなTシャツでゴルフがしたい!

自分のお気に入りのTシャツでゴルフをするのももちろん良いが、ゴルフをするためのTシャツを買うならどんなものが良いかを考えてみた。

有名ゴルフブランドでバッチリキメる

Titleist(タイトリスト)

吸汗速乾、UVケア、クーリング、ストレッチなど各種機能を備えたト レーニング用。胸のグレーのロゴが抜群に格好良い。¥4,500+税

遊び心をゴルフのイラストで表現

CAL O LINE(キャル オー ライン)

アメリカ西海岸のサーフカルチャー&サブカルチャーをバックボー ンに据える、日本発ジャパンメイドのブラン ド。旬な肉厚のコット ンボディにピンフラッグを思わせるイラストが秀逸 。¥6,500+税

カジュアルシルエットで機能的な無地T

DESCENTE ALLTERRAIN(デサント オルテライン

同社の技術を結集した旗艦ライン。シンプルなデザインに見えて、肩や袖にパンチング処理のベンチレーションを施すなどこだわり満載。¥25,000 +税

メッセージ性のあるゴルフT

LINKSOUL(リンクソウル)

サーフィン、ゴルフ、旅などをテーマにした、ゴルフアパレル界の重鎮ジョン・アシュワースのブランド。“メイクパーノーウォー” のメッセージ入り。¥5,800+税 ※商品の取り扱いはヴォクス ゴルフ オブ アメリカ

環境意識の高いプロダクト

HORN GARMENT(ホーンガーメント)

西海岸発祥のブランドだけに環境意識が高く、リサイクルコットンや 回収ペットボトルによる混紡素材をベースに岡山で古着加工した一 枚。¥8,000+税

前半と後半で気分を変えるリバーシブル

RUSSELUNO(ラッセルノ)

バーガンディ×イエローの配色がアメリカのチームスポーツを思 わせる T シャツはなん と裏表リバーシブル。 “パー、ティー” のコピーも秀逸。¥16,000+税

スポーティな一枚でアスリートライクに

RLX GOLF(アール エル エックス ゴルフ

肌触りの良い上質な素材感と高い機能性を誇るラルフ ローレンのラグジュアリーなスポ ーツライン。落ち着いたブルーカモ柄。¥8,800 +税

出典

SHARE

PROFILE

大竹宏基

大竹宏基

編集部唯一の20代。ゆとり世代。

大竹宏基の記事一覧

編集部唯一の20代。ゆとり世代。

大竹宏基の記事一覧

No more pages to load