BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

取り入れるだけで即お洒落!旬のゴルフスタイルに導く3アイテム

センスやスタイルを磨かずとも、手っ取り早く洒落者ゴルファーを気取れる旬なアイテムをスタイリストの村上由祐氏がレコメンド。アイテム数が限られる夏ゴルフこそ効果てき面だ。

ゴルフウエアと街のトレンドをMIX

移り変わりの激しい街のファッションシーン。ゴルフウエアのトレンドもその影響は決して小さくない、と村上氏は語る。「アスレジャーやスポーツMIXは元々モードからの発信。動きやすく機能的な半袖モックネックはゴルフよりむしろファッショントレンドがそのルーツです。そういう意味では近年ブームとなっているワイドテーパードパンツもゴルフで波及する可能性もゼロではない。また、サーフ系アイテムはライフスタイルでの共感や動きやすさなど、そもそもゴルフとの親和性が高い。ここで紹介するアイテムをコーデに取り入れて、トレンドを先取りしてみましょう」

アイテム・その1「半袖モック」

タイガー・ウッズの着用から今季爆発的にブームになった半袖モック。襟がないため、基本的にはカジュアルでカットソーとのレイヤードにも使える。

フィドラ

一見シンプルなシャツに見えて、実は同色のジャカードでチェックを表現。ストレッチ性も高い。

キクス ドキュメント.

シルケット加工を施した軽いツヤ感のある上品なコットン地は着心地抜群。モックネックのように高さのあるリブが特徴。

ニューエラ

ポリエステルとコットンの混紡素材は吸汗速乾の機能と着心地の良さを両立。メッシュ裏地で汗をかいても快適さ。

タイトリスト

動きやすさを追求したパワーストレッチスムース素材を採用。ピッチの狭いボーダー柄。

マーク&ロナ

メタリックなグラデーションをまとう胸元のスカルがアクセント。艶のある素材感は上質。

アイテム・その2「ワイドテーパード」

腰回りはゆったりで足首にかけて徐々に細くなるテーパードシルエットのパンツはモダンにもクラシックにも◎。ワイドなのでプレー中も涼しく履ける。

Tジャケット

前面にドローコード、ウエストにゴム入りのイージーパンツはウール製。センタークリース入り。

サヤトモ

ウエスト横のコードでサイズを調整できる軽量なウール製スラックス。3タックのクラシックな佇まいも印象的。

サイ

コットンとポリの混紡素材を使用したタック入りのクロップド丈パンツ。幅広く活用できそう。

アイテム・その3「サーフ」

「トラヴィスマシュー」や「ロサーセン」などサーフィンと関係の深いブランドは多い。元々スポーツウェアなのでプレーもしやすい。カジュアルコースなら選択肢の一つに。

ボードショーツにボタニカル柄のリゾートサーフ

アース系の落ち着いた色味でまとめるのが大人のサーフスタイルの条件だ。

ラフ&スウェル

レトロサーフなパイル地のポロシャツは、サラっとした軽い着心地で、古着のようなこなれた演出にも役立ちそう。

パイカジ

ハワイアンシャツ風のフルオープンのデザインと、パームツリーのイラストが絶妙。

プーマゴルフ

トライバル柄をプリントで全面に施したショーツ。前面の紐がボードパンツのようなデザインでサーフ色全開。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load