BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

機能とファッション性を両立。夏ゴルフこそ洒脱なジャケットを

来場時にジャケット着用を義務付けるコースであっても、夏場は対象外の場合が多い。そんな夏にこそお洒落にジャケットを着こなすのが大人なゴルファーの嗜みだ。

夏ゴルフジャケットに必要な三大要素とは?

ゴルフコースへの往復で必要となるジャケット。近年、夏季シーズンは着用義務を課さないコースも増えているが、そんな夏にこそ、ジャケットを上手にこなせるのが洒脱なゴルファーだ。では、夏ゴルフに求められるジャケットとは何か、人気セレクトショップ「エストネーション」のメンズPR佐藤浩貴氏に聞いた。

「大きく三つの要素が必要でしょう。第一に夏の酷暑でも着られる、涼しくて、軽い着心地の機能素材の採用です。ナイロン、ポリエステル系の素材を使用したジャケットはストレッチ性もあり、動きやすさもあります。ただし、そうしたジャケットはビジネスシーンで着用するにはやや心許ない。そこで最近は天然素材であるリネンやウールのような上品な素材感と機能性を両立したタイプが店舗やECでよく動いています。トレンド的にも今季はリラックス感のあるジャケットが人気です。ぱっと見はテーラードなのに、シャツのように着心地が良く、ビジネスと兼用できる品の良さはテレワーク推奨の今、確実に支持を広げています。また、化繊を使用したジャケットは耐久性があり、シワになりにくい。コースまで主に車で移動するゴルファーにとってはその点も大きなポイントといえるでしょう」

こうした観点からスタイリスト村上由祐氏が今回推してくれたのが二つのタイプのジャケットだ。

「軽くて涼しく、動きやすくて上質な素材感があるもの。暑い夏にわざわざ着るジャケットには暑苦しさを払拭する機能性と洒落た佇まいが必要です。またジャケットと同様の機能素材を採用したセットアップなら、コーディネートを選ぶ手間が省けます。インナーにポロシャツを合わせれば、クラブハウスでジャケットを脱いでそのままプレーでき、プレー後に着替える必要もない」と村上氏。

素材に艶感があるので、そのままレストランに行っても違和感がない大人の機能派ジャケットは、夏のお洒落を格上げしてくれる一着だ。

夏ゴルジャケの条件。選ぶポイントは4つ

・涼しくて軽いもの
・仕事も遊びも使える
・シワになりにくい
・セットアップがラクチン

おすすめの「機能+素材感なジャケット」

軽くて涼しい着心地に加え、ビジネスで着ても違和感のない上質な素材感もポイント。

キャプテン サンシャイン

クラシカルなボックスシルエットの4Bダブルのジャケットに、上質な肌触りのリネンとシルクの混紡素材を使用。通気性も高い。

ヨーク

ニット素材を軸にした東京発のブランド。鹿の子素材を使用した薄手のジャケットは、シャツを羽織るような軽い着心地が特徴。

サンハウス

イタリア発のニットウェアブランドによるニットジャケットは、薄手のカーディガンのような軽快さ。ジャカードで表現したダイヤ柄が味わい深い。

レインメーカー

京都発のブランドが手掛けるナイロン混紡のファインウールを使用したジャケットは、シワが付きにくく、洗濯も可能。ボタンの無いデザインも新鮮。

ティー ジャケット

本場イタリアの伝統に裏打ちされた技術力とモードな感性で紡がれるブランド。クラシカルなダブルのデザインからは想像できない軽やかな着心地。

おすすめの「オンオフ兼用セットアップ」

コースへの往復はもちろん、ジャケットを脱げばそのままプレーもできるセットアップ。こちらのセットアップは、表面のドット状の穴が高い通気性を発揮。撥水性も備え、手洗いも可能な素材「COOLDOTS」を採用。質感ある柄も実はプリントだ。

ティモーネ

着丈長めのサファリジャケットとのセットアップは、ナイロンとポリの混紡素材で驚くほど軽量な仕上がり。

キャロウェイアパレル

伸縮性に優れるポリエステル素材を採用した着回し抜群のジャケットとセットアップで履けるアンクル丈パンツ。

クランク×オノ+8186

ジャパンメイドの丁寧な仕事と極上素材で名を馳せる岡山県倉敷発のブランド「オノ+8186」とのWネーム。

ラフ&スウェル

ピークドラペルが特徴の軽い着心地で速乾性に優れたサッカー素材のセットアップ。程よくテーパーしたパンツも秀逸。

エストネーション 佐藤浩貴

セレクトショップ「エストネーション」のメンズプレス担当。3年間、六本木ヒルズ店でドレススタッフとして勤務後、現職に。
https://www.estnation.co.jp/

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load