BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ゴルフのお洒落は細部に宿る。洒脱なゴルファーは小物上手

シンプルな着こなしなのに、なぜだかお洒落に見えるゴルファーがいる。そうしたゴルファーはアクセサリー選びに長けている場合が多い。そこでグローブからソックスまでセンスの光る小物使いを考えてみたい。

旬カラーのグリーンを使いこなせ!「カラーグローブ」は万能差し色

いつものウエアになんだか艶が足りない。そんな時、カラーグローブは数色備えておくと便利。ジャケットのポケットに差し込んだチーフのように手軽で印象的なコーデにちょい足ししよう。同色でもメーカーごとに濃淡が異なるのも興味深い。
1,7,10,20:上質なレザーの質感と発色の良さは真骨頂。5,000円+税(ジーフォア/ニーディープ TEL:03-5422-6421)、2,3,5,11,16,19,22:ソフトで優れた伸縮性と通気性を備えた合皮製。発色も美しい。2,400円+税(フットジョイ/アクシネット ジャパン インク TEL:0120-935-325)、9,16,17,21:立体的なスカルのベルクロが個性を主張。5,500円+税(マーク&ロナ/マーク&ロナ 表参道ヒルズ店 TEL:03-5771-0967)、
4,6,8,12,13,15,18:ミニマルシンプルなデザインの「パレット」シリーズ。オープン価格(キャスコ/キャスコお客様フリーダイヤル TEL:0120-371-562)

タイドアップはニットのこなれ感を。晴れの舞台は「ニットタイ&ジレ」で

米ツアーでも時々見かけるクラシカルなタイドアップスタイル。が、そのままでアドレスの邪魔になることも。程良く上品なニットタイにジレを合わせるコンビ使いならハズさない。

ボタニカルなら上級リゾーティ(写真:左)

グリーンのニットにボタニカルを合わせたクリーンな組み合わせ。インナーでセンスを。ニットタイ:11,000円+税(ディマリアクラヴァッテ/ユナイテッドアローズ 原宿本店 TEL:03-3479-8180)、ベスト33,000円+税(パイカジ×D by D/ALOHA SHOP PAIKAJI TEL:098-863-5670)

ブラック×グレーの鉄板配色(写真:中)

ネイビーのニットタイはコーデを選ばない万能アイテム。ニットタイ:17,000円+税(ポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン TEL:0120-3274-20)、ベスト:24,800円+税(グラッド ハンド/グラッドハンド コア TEL:03-6438-9499)

上品シックなネイビー&カーキ(写真:右)

華やかにもシックにも、ネイビーのニットタイは活用度が高い。ニットタイ:7,800円+税(ビームスプラス/ビームスプラス 原宿 TEL:03-3746-5851)、ベスト:24,000円+税(トロフィークロージング/トロフィージェネラルストア TEL:03-6805-1348)

夏以降もブームが続く「サングラス」はクリアフレーム一択

機能的なスポーツサングラスもいいが、スクエアやウェリントンのクリアフレームなら、夏らしい爽やかな顔まわりの演出に加え、普段使いでもきっちりこなしてくれる。

白山眼鏡店(写真:右)

厚く、太さもあるフレームが個性的なウェリントン型。金属部分のゴールド、バイオレットなレンズが美しい。36,300円+税(白山眼鏡店 WALLS TEL:03-5468-0397)

ジュリアス・タート・オプティカル(写真:左)

1950~1970年代の旧き良きニューヨークのカルチャーやアートを追求。オールクリアの透明感が新鮮。39,000円+税(G.B.ガファス TEL:03-6427-6989)

アーレム(写真:右)

太めで角のあるアセテートを使用したイエロー系のクリアフレームが存在感大。44,000円+税(グローブスペックス エージェント TEL:03-5459-8326)

アイヴァン7285(写真:左)

1972年に“着るメガネ” をコンセプトにスタートしたジャパンブランド。細身でシンプルなスクエアタイプ。くすんだ色味がお洒落。43,000円+税(ブリンク外苑前 TEL:03-5775-7525)

身に着けるタオル。スポーツMIXで復権「ヘア&リストバンド」

汗止めはもちろん、ヘアアレンジにも使えるヘアバンドと、額の汗を脱ぐいつつ腕周りにボリューム感を与えるリストバンド。スポーツMIXが台頭する中、アスリート系のコーデに使えてしかもローコストな実用アクセサリーのブーム到来!?

ニューエラ(写真:上左)

イタリック調にアレンジしたブランドネームをジャカード織りで表現したニットヘアバンド。2,800円+税(ニューエラ

ナイキ(写真:上右)

ヴォルトカラーのスウッシュが黒地に強烈な主張。やや高さがある、フィット感に優れたタイプ。1,900円+税(オッシュマンズ新宿店 TEL:03-3353-0584)

ビームス ゴルフ(写真:下左)

パイル生地を使用したヘッドバンドはしっかりゴルフ用。さすがビームスだ。2,500円+税(ビームス&ウィンズ 有楽町 TEL:03-5221-6001)

プーマ(写真:下右)

肌触りの良いパイル地に、ホワイトの刺繍を入れたシンプルなデザイン。価格も手ごろ。900円+税(プーマ お客様サービス TEL:0120-125-150)

アンダーアーマー(写真:左)

速乾性に優れた高機能ファイバーを採用している。ブランドロゴの刺しゅうを施した2個入り。1,200円+税(オッシュマンズ新宿店 TEL:03-3353-0584)

ナイキ(写真:中)

両腕に着けたり、片腕だけに付けたり、色バリで遊んだりとアレンジしよう。800円+税(ナイキ/問:オッシュマンズ新宿店 TEL:03-3353-0584)

ニューエラ(写真:右)

黒地に金のロゴが高級感漂うリストバンドは片腕用。普段使いでも違和感なし。1,200円+税(ニューエラ

ちょい長がカッコ良い。「ソックス」はミドル丈が気分

くるぶし丈か、それ以下か。短めが基本だったソックス事情に変化の兆し。ショーツの丈感、シューズとの相性をみながら柄を生かしたミドル丈ソックスが今、大人のゴルファーの間で支持率アップ中だ!

(左から)太いラインがスポーティ。2,100円+税(トゥデイズ キックス/アドナスト TEL:03-5456-5821)、上品なアーガイル。1,600円+税(キャロウェイアパレル/キャロウェイアパレル TEL:0120-738-884)、3,400円+税(パンセレラ/真下商事 TEL:03-6412-7081)、美しいプリントだ。6,500円+税(パンセレラ/真下商事 TEL:03-6412-7081)、2,600円+税[3足セット](アローレ/ダイヤモンドヘッド TEL:058-388-8288)、1,500円+税(ペデメイア/セプティズ TEL:03-5481-8651)

編み込みデザインを生かす「メッシュベルト」は“アワセ”が肝要

ベルトホールがなく、好きなサイズで止められるメッシュベルト。大人っぽくこなしたいなら、編み込みのデザインの色を拾ったり、シューズと素材感を揃えるなどアワセで同伴者に差をつけよう。

マーク&ロナ(写真:左)

細く目の詰まったメッシュと斜めに入るトリコロール柄がアクセント。バックルの高級感はさすが。23,000円+税(マーク&ロナ 表参道ヒルズ店 TEL:03-5771-0967)

アンダーソンズ(写真:右)

イタリア・パルマのファクトリーによる上質なレザー製メッシュベルトなら、クラシック系のコーデと相性良し。18,000円+税(エスディーアイ TEL:03-6721-1070)

ランバンスポール(写真:左)

フィット感抜群のメッシュベルト。網目状の細かいメッシュによりベルト自体に伸縮性がある。12,000円+税(デサントジャパン お客様相談室 TEL:0120-46-0310)

マンシングウェア(写真:右)

艶のあるネイビーと、素材感のあるブルーの、素材と色の異なる2色を編み込んだ凝った作り。12,000円+税(デサントジャパン お客様相談室 TEL:0120-46-0310)

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load