BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ワンピース軟鉄鍛造 「X フォージド スター」の持つ王道さと異端ぶり

フェースに反発素材を使用したものや、比重の重いタングステンを内蔵したものなど、複合構造を採用したテクノロジー満載のアイアンが人気を集める中、伝統的な単一構造の軟鉄鍛造でしかなし得ない領域があると、キャロウェイゴルフの新作『X フォージド スターアイアン』は教えてくれる。

シンプルな軟鉄鍛造であって、そうではない

2021年は間違いなくアイアンの〝当たり年〞だ。メーカー各社は多様化するゴルファーニーズに対応すべく、アイアンに複数モデルを展開。打感を向上させる樹脂内蔵の中空構造やタングステンによる重心調整など、複合構造ヘッドのテクノロジーは確実にアイアンを進化させた。軟鉄鍛造単一素材のキャビティアイアンである新作『X フォージド スター アイアン』は、一見そうした流れとは無関係のようで、そうではない。それはクラブテクノロジーの
リーディングカンパニーである「キャロウェイ」の一つの解答なのだ。

2019年の初代から稀有な存在だった「X フォージド スター アイアン」

本作X フォージド スター アイアンは2019年にリリースされた前作同様、軟鉄鍛造S20Cの単一構造だ。これは無垢の一体構造ほど芯を捉えたり、ハズした際の手元に伝わるフィーリングに優れているためだ。感覚への追求は構えた際の顔の良さにも及ぶ。前作ではセミグースだったネック形状をよりストレートに近づけ、ブレード厚も薄くシャープにした小顔ながら、ミリ単位の調整で前作よりヘッドサイズを拡大し安心感もキープ。それでいて、飛距離が求められる現在のトレンドに合わせて、7番で29度のセミストロングロフト設計を前作に続き継承。これはツアーユースのアイアンとしては異例の設定だ。

 

軟鉄鍛造単一素材ならではの打感や操作性にストロングロフトの初速の速さをプラスした前作はエポックだった。 バックフェースの造形や形状のリファインで新作はさらなる高みへ

一般にストロングロフトは、ロフトなりに飛距離が伸びても、番手本来の打ち出し角とバックスピン量の不足を招き、グリーンで止めにくい。これをバックフェースの造形を中心とした低重心化の技術で回避。しかもヘッドの抜けに関わるソール幅の拡大などは行わずにだ。
異素材の使用や外形を変えることなく重心を調整できるのはキャロウェイが培ってきた知見や技術力の賜物といえる。市場では希少な本作の単一構造は古典的なそれとは完全に別物だ。

Point1 美顔なのにやさしい

前作比でブレード長を約1.5㎜、スコアラインをヒール側に約0.5㎜伸ばし、安心感を高める一方、ブレードを薄く、FP値を大きくし、プロや上級者が好む形状に。重心距離も短く球のつかまりも向上。

Point2 ストロングロフトのモダン性能

前作『X フォージド スター』が実証したI#7で29度のセミストロングロフト設計による飛距離の優位性とアイアン本来のグリーンで止まる弾道。新作はその強みを継承した上でブレード厚を薄く、打球面裏への肉厚化など低重心化による高打ち出しに磨きをかけた。

Point3 フィーリングの追求

軟鉄鍛造S20Cの素材のみを使用した単一構造に加え、バックフェースの打球点裏の肉厚を増した設計により、マッスルバックのような打球感、打球音を追求。業界随一と言われるテクノロジーを伝統的なアイアンのフィーリングに投じた成果は古典的なアイアンとは一線を画す。

ラフに強そうな自分好みの小顔1.5番手増す飛距離とつかまりの良さ。

今回本作をテストしたマッスルバック使いのモデル中嶋も「打感や顔はマッスルバックと変わらないレベルなのに、キャリーは1番手以上飛ぶ」と驚きを隠せない。

テスターはインストラクターの肩書も持つモデルの中嶋タカシさん。マイクラブは長年愛用するマッスルバックだ。

「ラウンドの頻度が落ち着いた最近は、もう少し楽なアイアンが欲しいなと思っていました。本作は構えると前作ヘッドに比べてよりシャープな印象。ブレードがうすく、ほぼストレートのネックです。キャロウェイのアイアンというと少しグースのある安心感のあるタイプがイメージですが、これはフェースのヒール側も低めでラフでも抜けが良さそうで好みです。打ってみると球のつかまりがよく感じました。普段のマッスルバックだとリストを使ってしっかりフェースをローテーションさせるのですが、シャットに上げてそのまま下ろす、という今どきのスイングにもマッチしているのだと思います。テストでは7番で15ヤードキャリーが伸びていました。ロフト角がマイクラブの7番と6度違うので当然といえばそうなのですが、スピン量が減って、打ち出しも低くなっているのに、そこまで弾道の最高到達点が変わらない。これならグリーンも狙えそうです。打感も芯を捉えてるればマッスルバックのような感触。芯を外したときに飛びすぎるような感じがないので安心して打てそうです」。

インドアスタジオ「Lounge Range 五反田」で弾道計測「GCクアッド」を使用した本人所有クラブ(#7でロフト35°)とのデータ比較。打ち出しは低く出ても最高到達点は大差なく、キャリーが伸びる性能が実証できた。

 

国内女子ツアーで活躍する西村優菜選手を始め、女子選手がツアー向けのプロトタイプでなく、市販モデルをそのまま今季から実戦投入しているのもその存在価値の何よりの証明だろう。女子選手のヘッドスピードはアマチュアのそれと同等、つまり難しいようで手の届かない存在ではない。他にはない性能が味わえる本作がアイアン豊作の今季の中でいかに魅力的かご理解頂けただろうか。

 

キャロウェイゴルフ   X FORGED STAR IRON 特別コンテンツ

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load