BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

グリップはゆるゆるに握っていてもすっぽ抜けない【飛ばせるスイングはアドレスから】

ドラコンプロといえば飛ばしのプロフェッショナルだが、安楽拓也の理論はひと味もふた味も違う。ゴルフのスイングは自転車に乗るのと同じで、頭で考えながら動かさなくても体が勝手に反応するというのが理想だ。そのためにはスタート地点が重要になる。振れば自然と当たるようになるセットアップについて見直そう。まずはグリップから。

インパクトでは誰でも力が入る

クラブの重さを感じられる程度の強さで握る。クラブを指で支えているくらいで良い

どれくらいの強さでグリプを握っているのかをよく聞かれるという安楽。

「自分の中ではかなりゆるく握っています。これくらいと伝えるとほとんどの人が驚きますが、それでもクラブがすっぽ抜けることはありません。イメージ的には指でクラブを支えているだけの感じ。いかにクラブの重さを感じるかが大切で、ぎゅっと握ってしまうと、その瞬間に前腕などに力が入ってしまいます。それがスムーズな動きを妨げる原因になります」(安楽)

 

教えてくれた人:安楽拓也

あんらくたくや。1970 年生まれ。日本を代表するドラコンプロであり、ツアープロのコーチを務めるなどその指導力は高い評価を得ている。2019年は「第6 回JPDA 全日本決勝大会」でロングドライブシニア部門とアキュラシードライブオープン部門で優勝を飾っている。ゴルフパートナー所属。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load