BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

うまくヘッドが加速しない人は積極的に右足を使おう【飛ばすスイング】

ドラコンプロといえば飛ばしのプロフェッショナルだが、安楽拓也の理論はひと味もふた味も違う。クラブのエネルギーを効率よくボールに伝えるには足を使うことが必要になる。そこで今回は下半身の体重移動について解説していこう。

体重は左にのっても重心は右のまま

歩くようにリズム良く振ることで体重移動は自然に行われる。人間が歩く時に右、左と足を動かしても頭の位置は変わらないが、それと同じでゴルフのスイングでも左に体重が移っても重心は残り続ける。これが軸をブラさずに振れる秘密だ。

重心がしっかり右サイドに残っているから、インパクト以降でヘッドが加速してくれる。

右足を固定すると手打ちになる

よく右足はベタ足が良いといわれる。間違いではないが足首の柔らかさなどが必要だ。うまくヘッドが加速しない人にとっては、右足を固定せずに積極的に使ったほうが良い。右足の動きが止まると上半身の動きが強くなって手先に頼ったスイングになる。

下半身を止めると上半身の動きが強くなってしまう。手打ちになりやすくエネルギーは生まれない
足を使っても上半身と下半身の動きがバラバラだとエネルギーが上手く伝わらないスイングになってしまう

教えてくれた人:安楽拓也

あんらく・たくや。1970 年生まれ。日本を代表するドラコンプロであり、ツアープロのコーチを務めるなどその指導力は高い評価を得ている。2019年は「第6 回JPDA 全日本決勝大会」でロングドライブシニア部門とアキュラシードライブオープン部門で優勝を飾っている。ゴルフパートナー所属。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load