BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

タメを作ろうとするから力が逃げる!【飛ばせるスイング】

ドラコンプロといえば飛ばしのプロフェッショナルだが、安楽拓也の理論はひと味もふた味も違う。飛ばすためにはタメが必要。ただ、安楽の理論ではタメは作るものではなく勝手にできるものだという。その真意とは?

タメは作るのではなくどうやったらできるかを考える

タメは飛ばすために必ず必要だが、安楽はそれを意識することはほとんどないと話す。

「難しく考えずにやるべき動きができればタメは勝手にできるものなんです。タメを作ろうとするから体が突っ込んだり、腕に力が入ったりする。それだと全くの逆効果になってしまいます。一番必要なのは気持ち良く振ることです」(安楽)

タメを作る意識がなくても、飛ばすために必要な動きができればタメは勝手に作られる

右足に張りがある

力を出すためのスイングとは重心が右に残っていることが条件。タメを作る意識があるとこの体勢が崩れる。

タメを作ろうとすると腕の力を使いがち。腕に力が入ると体の回転が止まり、結果としてタメは作れない。

ボールなんて意識しない

教えてくれた人:安楽拓也

あんらく・たくや。1970 年生まれ。日本を代表するドラコンプロであり、ツアープロのコーチを務めるなどその指導力は高い評価を得ている。2019年は「第6 回JPDA 全日本決勝大会」でロングドライブシニア部門とアキュラシードライブオープン部門で優勝を飾っている。ゴルフパートナー所属。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load