BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

右手の指2本で支えてアイアンを打つ【飛距離アップドリル】

ドラコンプロといえば飛ばしのプロフェッショナルだが、安楽拓也の理論はひと味もふた味も違う。アイアンは飛ばすためのクラブではないが、ドライバーと同じように飛ばす仕組みをおさえて打つことで番手通りの距離が出せるようにることが大切だ。

右手の指2本でクラブを支えた状態で振る

飛ばしのカラクリがわかればドライバーの片手打ちでも飛ばせると語る安楽は、アイアンでも片手打ちの練習は効果的だという。

「フルショットする必要はありません。右手の人指し指と中指の間にクラブを挟んだ状態で振ります。時計を意識して重力を利用して振れれば簡単に打てるはずです」(安楽)

クラブに働く重力を感じてみよう

クラブは少しのきっかけを与えてあげるだけで基本的にはオートマチックに動く。その妨げを自らしているだけということを理解しよう。

クラブに働く重力を感じながらスイングすれば反復性の高いスイングになる。

教えてくれた人:安楽拓也

あんらく・たくや。1970 年生まれ。日本を代表するドラコンプロであり、ツアープロのコーチを務めるなどその指導力は高い評価を得ている。2019年は「第6 回JPDA 全日本決勝大会」でロングドライブシニア部門とアキュラシードライブオープン部門で優勝を飾っている。ゴルフパートナー所属。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load